クラウドウェイズ(Cloudways)と Bluehost VPS:PHP 8.2バージョンのサポートを追加

Last Updated:2024年01月05日| , | コメントを残す

最新のPHPバージョンはPHP 8.2として2022年12月8日に公開されました。 現在、セキュリティ更新プログラムがサポートされているPHPバージョンは8.0、8.1、および8.2です。 可能な限りPHP 8.0以降を使用することがセキュリティ上望ましいです。 海外ウェブホスティングサービス「クラウドウェイズ」と Bluehost VPSは最近PHP 8.2のサポートを追加しました。

クラウドウェイズ(Cloudways)と Bluehost VPS:PHP 8.2バージョンのサポートを追加

クラウドウェイでのPHP 8.2バージョンのサポート

しばらく前まで 曇りではPHP 8.1までサポートされていましたが、昨日見てみると、PHP 8.2を選択できるようにアップグレードされたことを確認しました。

このため、PHPのバージョンが7.4にリセットされた可能性があります。 WordPress 内で ツール » サイトの健康に移動してPHPのバージョンをチェックしてください。 PHPバージョンが7.4にリセットされている場合は、PHP 8.1またはPHP 8.2を変更することが望ましいです。

PHP版はクラウドウェイズのホームページにログインし、 Server Management(サーバー管理) ページの Settings & Packages » Packagesで変更することができます。

クラウドウェイズ(Cloudways)と Bluehost VPS:PHP 8.2バージョンのサポートを追加

現在選択可能なPHPバージョンはPHP 7.4、8.0、8.1、8.2です。

いくつかの WordPress テーマやプラグインはPHP 8.2では動作しない可能性があります。 私はPHP 8.2に変更してみましたが、幸いエラーが発生していませんでした。 人気のテーマとプラグインはほとんどPHP 8.2で問題を引き起こさないようです。

クラウドウェイズを使用すると、Amazon AWSまたはVultrサーバーを簡単に管理できます。スピードが重要なサイトやモールなどのサイトを運営する場合、複数のサイトを運営したい場合は、Cloudwaysはまともなオプションかもしれません。

📍 クラウドウェイズの加入方法(+ Cloudwaysプロモコード、割引クーポンコード)

Bluehost VPSでPHP 8.2を適用する

Bluehost VPSでも最近、PHP 8.2のサポートが追加されました。 PHP 8.2を適用するには、まずWHMに接続して EasyApache4を検索して、EasyApache4で Currently Installed Packages(現在インストール済みパッケージ)Customize(ユーザー定義)をクリックして不要なPHPバージョンを削除し、PHP 8.2バージョンを追加できます。

Bluehost VPS PHPのバージョンを変更する

現在、PHP 5.4、5.5、5.6、7.0、7.1、7.2、7.3、7.4、8.0、8.1、8.2のバージョンから選択したPHPバージョンを選択してインストールできます。

クラウドウェイズ(Cloudways)と Bluehost VPS:PHP 8.2バージョンのサポートを追加

私はPHP 8.0を削除し、PHP 8.2を新しく追加しました。

PHP 8.2を追加した後、WHMで PHPを検索して MultiPHP INI Editorを選択して移動し、 Configure basic settings of a PHP version ドロップダウンから ea-php82を選択し、PHPメモリ制限などのサイズを設定してください。

WHMでPHP設定を調整する

このブログにPHP 8.2を適用してみました。 幸いなことに、テーマとプラグインの競合なしにうまく機能しています。 ほとんどの人気テーマやプラグインは、最新のPHPバージョンで問題を引き起こさないようです。 ただし、長い間更新ができないプラグインやテーマは問題が発生する可能性があるため、PHP 8.2バージョンを適用した後に問題になった場合は、PHPバージョンを8.1に下げて適用してください。

新しいPHPバージョンを適用した後は、FTPに接続してルートフォルダにerror_logファイルが生成されるかチェックし、過度にerror_logファイルが大きくなるとPHPバージョンを既存のバージョンに戻し、error_logファイルを削除してください。

参考までに Bluehostに連絡して問い合わせてみると、共有ホスティングの場合、現在PHP 8.1まで選択可能で、PHP 8.2はまだ使用できないそうです。 すぐに共有ホスティングでもPHP 8.2が適用されないかと思います。 ブログを運営するときは、共有ホスティングを利用しても GeneratePressのような軽いテーマを使うと速度がまともに出てくるので、ブログを運営したいなら共有ホスティングが安いオプションになることがあります。

参照


コメントを残す

コメント