ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

インドネシアのハッカーたちはなぜ、韓国のホームページをハッキングするか?

Last Updated:2019年11月24日| 1のコメント

최근 セキュリティニュースに、インドネシアのハッカーが韓国のホームページを集中的にハッキングしているという記事が載っね。

韓国のサイトは、海外のハッカーたちの遊び場になったようで残念ですね。 個人ホームページはそうとしてもアシアナ航空のような有名な企業のホームページもハッカーに踊らされているので...

インドネシアのハッカーグループの国内ホームページハッキングかも
インドネシアのハッカーグループの国内ホームページハッキングかも。 出典:セキュリティニュース

では、なぜ、インドネシア、ハッカーが韓国のサイトのみを狙うでしょうか? 私たちとどのような望ましいがあるそうでしょうか?

その後、インドネシアのハッカーは一体どのような理由韓国のホームページを集中攻撃しているのだろうか? これらのハッカーの攻撃の動きを集中監視しているセキュリティの専門家も「よく分からない。 特別な理由がないようだ」という説明だ。 なお、彼は「現在、インドネシアのハッカーのグループ3社が韓国を攻撃しているが、無作為にハッキング行為を日常的に行う中、韓国のホームページがかかる場合もありますが、別のハッカーのグループは、遠慮なく韓国だけ攻撃している」と憂慮した。

何度攻撃をしてみますか容易なうえ、その攻撃方法をお互いに共有しながら楽しみに、競争ハッキング行為を日常行っているハッカーグループであるためだという。 さらに、特別な政治的メッセージを持つハッカーとは異なり、韓国のホームページを攻撃対象とのに特別な理由がないという話だ。 (記事全文)

結局、おそらく理由もなく、韓国のサイトを集中的に攻撃するというものでね。 数回攻撃してみると簡単て競争的に韓国をターゲットにするとはとんでもないですね。 しかし、誰のせいにハリヨ?自業自得...

古くから退屈すると、セキュリティ事故が発光だけ韓国は、セキュリティの分野においては、小失っも牛舎を改めない国です。 セキュリティに投資する費用が惜しくセキュリティをおろそかにしてから、セキュリティ事故に困惑を支払う事故のニュースをいつまで聞かなければならないのでしょう?

不合理なことは、企業がセキュリティをおろそかにして、個人情報が流出しても補償措置が全くなく、裁判所や国家も企業編だから、このような事故が発生することがないかと考えます。 最近99万人の個人情報流出に水を起こした「ここはどう」を運営するウィズ・イノベーションは、補償の計画がないとめまいね。

「別にボサンチェクを設けていません。」

スマートフォンでモーテルのような宿泊施設を検索し予約できるようにするサービス「ここどう」を運営するウィズイノベーションの役員は、顧客の個人情報や宿泊施設の予約内容の流出被害者への補償の計画を問う質問にこのように答えた。 彼は「その中に、企業が顧客の個人情報を流出させた事件の被害者補償過程を見てみたところ、企業が先にボサンチェクを出したことがなかった」と語った。 (ハンギョレ2017年5月4日の記事)

WordPress セキュリティのヒント

WordPressの場合、セキュリティの脆弱性である記事がたまに出てくるんです、 WordPress 自体は絶対セキュリティ脆弱性はありません。 継続的な更新プログラム、セキュリティプラグインのインストール、バックアップなどの基本的なヒントだけ守っても、マルウェアやハッキングなどの事故を相当部分防ぐことができます。

一度悪性コードに感染すると、後日、また感染する可能性も高いので、あらかじめセキュリティプラグインをインストールするなどの措置をとるといいようです。 そしていくつかのサイトは、2年以上 WordPressを更新していない場合もみました。 ハッキングをされなかったのが不思議なくらいといったところでしょうか。 長い間、更新を怠った場合にも、ハッキングやマルウェアにさらされるのは簡単です。

有無無病

あらかじめ準備することが重要です。 一度マルウェアに感染すると、Google検索でブロックされてChromeで安全でないサイトという警告が表示され、トラフィックの大部分を失うことになります。 有名セキュリティベンダーであるWordfenseによると、ハッキング被害に遭ったサイトの45%が検索トラフィックの影響を受けて9%は75%以上、検索トラフィックが減少するとします。


1のコメント

コメント

  1. インドネシアのハッキンググループは数年前から北朝鮮のハッキンググループからの技術伝授を受けてきて言うのハッキングコミュニティの定説です。 使用しているマルウェアがほとんどすべて北朝鮮捻挫(feel)がされます。

    そして、ハッカーというよりも、お金を目的としハッキングをする犯罪集団です。

    韓国企業の取り組みの方法もたくさんの問題があります。 申告するとニュースの距離になるか心配怖く申告もしなくて、ハッカーが要求する金額を伝えてくれるように事件を拡散しています。

    また、私が以前から感じてきかける、インドネシア側の開発者が、全体的に技術の実力がかなりお勧めです。 この間、インドネシアスタートアップランチングしたニュースを接したところ、ウェブホスティングがなくてもLAMP / LEMP stackを5分でインストールすることができ、非常に見通しが良く見えるソリューションを発表しましたよ。

    私も後で機会があれば、この会社のサービスを利用してみるつもりを持っています。 率直に言って WordPressよ1分インストールが、LAMP / LEMPスタックを構築するのが時間が非常にかかり、ゴール痛いことでしょう。

    Amazon、Digitalocean、こんな会社と直接競合ではなく、このような会社が提供するサービスが必要なくするdisruptive technology(より優れたサービス)を開発し穴。

    使い方が非常に簡単で、全く良いサービスというが、問題はまだ信頼性がたまりがいないという...コスト策定も高くしていたために、実弾が十分でないすぐにお金を稼がなければハニー理解するが、その部分は残念です。 ㅠㅠㅠㅠ

    米国スタートアップが、このようなサービスを立ち上げた場合、大きなニュースになって実弾をスァジュル投資家も多く集まりのはずなのに、(それでサービスの提供も非常に手頃な価格で提供することができはずだ)だけがスタートアップの国籍が、インドネシアという理由だけで、現在まで外面れる様子です。

    応答
WordPress Naver カフェを訪れる

ありがとうございます!