モバイル版を追加した後 Naver/ GoogleのSEOの問題が発生した場合

Last Updated:2023年07月16日| | コメントを残す

デスクトップサイトとモバイルサイトを個別に作成する場合にSEO設定を適切にしないと、検索エンジンからの重複したコンテンツとして認識してSEOの問題が発生する可能性があります。

たとえば、PC用とモバイル用のバージョンを別々に製作する場合は、PCユーザーにはwww.example.comサイトを表示して、モバイルユーザーには、これに相当するm.example.comサイトが表示されるようにすることができます。

モバイル版を追加した後 Naver/ GoogleのSEOの問題が発生した場合、2
同じコンテンツ別途URLです。 図出典:Google。

一つのページに複数のURLがある場合、重複URLの問題が発生します。 コンテンツの重複の問題を回避するためには、Canonical URLを設定ヘジュオヤます。 ここについて、Googleドキュメントでは、次のように説明しています。

複数のURLでアクセスできるページがXNUMXつある場合、または同じコンテンツを持つ異なるページ(モバイル版やデスクトップ版などのページ)がある場合、Googleはこれらのページを同じページの重複バージョンと見なします。 Google では、URL の XNUMX つを標準バージョンとして選択してクロールします。 (「重複URL統合")

その後、同じコンテンツでデスクトップバージョンとモバイル版を別々に作成した場合には、どうでしょうかここに、Googleは、次のように説明しています。

  • rel="canonical" および rel="alternate" 要素としてタグを付けて、XNUMX つの URL 間の関係を通知します。
  • ユーザーエージェント文字列を検出し、適切にリダイレクトします。

たとえば、デスクトップのページ(http://www.example.com/page-1)は、次の追加します。

<link rel="alternate" media="only screen and (max-width: 640px)"
href="http://m.example.com/page-1">

そして、モバイルページ(http://m.example.com/page-1)の必須サイトの設定を次のように構成することです。

<link rel="canonical" href="http://www.example.com/page-1">

モバイル URL でデスクトップ ページを指す rel="canonical" タグは必須입니다。

詳しい設定方法は、次のGoogleの記事を参照してください。 その後、どのように設定する必要があるか感がキャッチされています。

ちなみに、ティーストーリーブログを見ると、PCバージョンとモバイルバージョンの両方に同じrel = "canonical"タグが挿入されています。

<link rel="canonical" href="https://your_id.tistory.com/123" />

Googleで提示する方法で変更するSEOが改善されないかと思いますね。

最近出てくるほとんどの WordPress テーマは反応型に出てくるので、あえてモバイル版とデスクトップ版を別々に作成する必要はありません。 あえてPC版とモバイル版を分離して作成する場合Canonical URLを正しく設定する必要が検索エンジンの露出に問題が発生しないことです。

実際に既存の非反応型サイトにモバイル版を追加した後、Canonicalの設定を正しくしていなくて Naverで順位が押される問題が発生する可能性があります。

二週間前までには、何の問題もなく、噴出、モバイルページを追加した後、連動した後から、ある瞬間のウェブサイト1位で押されて出てきてそれもメイン画面ではなく、公知? 同じページがウェブサイトに公開になってきます。 (ホームページメーカーは、モバイルページ製作したものとは関係がないとね。)

そうするうちに、今、まったく、そのウェブサイト自体もランクがその下側に出てくることでされてしまいましたね。(出典: Naver 知識)

メモ:


コメントを残す

コメント