動画にテキスト/字幕を簡単に追加することができるプログラム

Last Updated:2023年07月17日| , 3のコメント

数日間の動画を簡単に字幕を追加するためのプログラムを見つけるためにいくつかのビデオ編集プログラムをテストした。

ただ字幕やテキストを追加することは非常に難しいが、背景色を一緒に追加することが難関でした。

専門的な有料動画編集プログラムを使用すると、比較的容易に可能であるが、可能な限り、無料または安価な動画に所望の効果を与えながら、テキストを追加することができるプログラムが必要でした。

※専門的な動画編集プログラムを必要に応じて、パワーディレクター15を使用してみることができます。 新しいバージョンが出てきてバージョン15を無料でダウンロードしてインストールすることができます。

簡単に動画を編集することができる有料プログラムをご希望の場合Camtasiaを考慮してみることができます。 Camtasiaは、有名な画面キャプチャプログラムであるスネグイット(Snagit)を作ったメーカーで作成した画面の録画や動画編集プログラムです。

※YouTubeチャンネルを運営したり起動したい場合、むやみ開始するよりも、YouTube SEOを研究してアクセスすると、よりYouTubeが上位にランクされる可能性が高くなるでしょう。

次のポッドエンコーダ

次のポッドエンコーダは、数年前に使用してみたので、再インストールしてテストしてみました。 参考までに、以下のポッドエンコーダは、現在中止されて正式にダウンロードすることができません。 Googleを検索してみるとダウンロードすることができるブログを見つけることができます(ウイルスに注意してください^^)。

次のポッドのコードは、字幕ファイルを結合したり、テキストを追加する機能も提供するなど、比較的まともなプログラムですが、中止されて惜しいですね。

プログラムが長くなってそうなのか正常に動作しない場合もあり、字幕の位置を自由に調整できないなどの制約があります。 そして、背景色を指定することができません。

ムービーメーカー(Windows Movie Maker)

Windows Movie Makerの場合は、MSからのサポートを中止し、それ以上配布されていないし、次のリンクからダウンロードすることができます。

インストールして実行すると、Trial Versionとして実行されます。 すべての機能を使用するには、29ドル程度の費用を負担します。 ちなみにインストールフォルダにある実行ファイルのショートカットを作成実行すると、登録する画面が表示されません(参照).

ムービーメーカーは、簡単にテキストを塗るには非常に良いプログラムで動画に簡単にテキストを追加する機能が必要な場合、ムービーメーカーをお勧めします。

テキストの位置を勝手に調整が可能で、様々な効果を与えることができます。 そして動画ファイルを編集した後にエンコードをすると動画のサイズが小さくなります。 (ただし、同一時点にXNUMXつの字幕のみ追加することができ、背景色を指定することができません。)

ライトワークス

Lightworksは、専門的な動画編集プログラムで有料と無料版があります。 無料版でも十分に専門的に編集が可能と思われる。

テキストを追加することはそれほど難しくありません。 しかし、特定の効果を与えるに時間を投資して適切に学ばなければならないようです。 (他の専門的な動画編集ツールも同じだと思います。)

上記のYouTubeのビデオのように様々な効果を与えることができます。 しかし、すぐにあのように作ることは容易ではなく、少しの学習プロセスが必要になると思われます。

無料ながらも強力な機能を提供するための良いプログラムですが、すぐに活用するには容易ではないようです。

使い方の様々な動画があるので、挑戦が好きなら一度試してみてもいいようです。

事実、プログラムをダウンロードして実行したら、YouTubeのビデオに出てくる画面と違って、少し迷いました。 知ってみると設定でFixedが設定されていてそのようなことがね。 Flexibleに変更ユーチューブチュートリアルビデオに出てくる画面と同様になります。

おそらく多くの初心者ユーザーがインストール後にメニューを選択できるツールバーが見えなくメンブンイきたようです。 だから、上記のような動画もありますね。

Lightworksは https://www.lwks.com/からダウンロードが可能です。

VSDCフリービデオエディタ

VSDC Video Editorは有料版(Pro)と無料版(Free)で提供され、無料版でもかなり多くの編集作業を行うことができます。

動画にテキスト/字幕を簡単に追加することができるプログラム2

図のように層に図形、テキストなどを追加することができ、編集が簡単に編です。

編集を完成した後ExportしようとしたらPro版で提供される機能が含まれているというメッセージが表示さね。 無料版で動画を作ったとするユーザーがいること見てExportするフォーマットを別の方法でくれれば、最終ビデオを作成することができそうです。

有料で購入する場合、21.99ドルであり、Googleで割引クーポンを検索して適用することができます。

VSDC Video Editorは簡単にテキストを追加することができる動画編集プログラムのいずれかになります。

ピナクルスタジオ

Pinnacle Studioは、XNUMXつのバージョンがあります。

  • Pinnacle Studio 20.5 - 59.95ドル
  • Pinnacle Studio 20.5 Plus - 99.95ドル
  • Pinnacle Studio 20.5 Ultimate - 129.95ドル

価格は頻繁に変わるようです。 Googleで検索してクーポンを受けて適用すると、少し安く購入することができて、アマゾンでの以前のバージョンを最新のバージョンよりも多く安価に販売します。

テキストに事前提供されるMotion効果を利用するためには、PlusやUltimateが必要です。

ちなみにPinnacle Studioは図体が非常に大規模なプログラムです。

テストした複数の動画編集プログラムの中で、比較的容易にテキストを追加して、背景色(背景画像)を指定することができました。

Pinnacle Studioの詳細については、次のサイトを参照してください。

30日以内に返金が可能です。 払い戻しをするには、ライブチャットを介し要求する払い戻しの要求をすることができるリンクを提供しています。

動画編集を専門とする場合ピナクルスタジオより、Adobe Premiere Proとアフターエフェクトを考慮する方が良いようです。

最後に、

専門的な動画編集をしたい場合は、Adobe Premiere Proのような専門家のツールを使用する必要がしますが、単純なテキストの追加などの機能は、ムービーメーカー、VSDC Video Editorのような無料のツールも十分に良い効果を得ることができるようになります。

そして、もう少し洗練された機能が必要な場合にもかかわらず、有料であるがPinnacle Studioのようなプログラムも考慮してみることができます。


3のコメント

コメント

  1. 私は2011年から現在まで着実に字幕制作を行ってきています。
    別の星字幕プログラムを使い果たしてきた今では3つのプログラムとして定着しました。
    タイムコードを撮ること、見方をすれば翻訳ほど面倒な作業だけど、これも慣れジニ高速撮る方です。 1時間の動画であれば2〜3時間でタイムコードだ撮るようですね。 私はタイムコード撮る用途にAegisubを書き込みます。
    タイムコードを撮って翻訳した資料を移動すると、完成したsrtまたはassesファイルができますが、解像度によって処理方法が異なります。 4Kの場合はAfter Effect用に変換後にAdobe Media Encoderとして適用。 それ以下の画質の場合は、ただ次のポッドエンコーダを使用します。 もちろん画質は犬ですが…ㅠㅠ

    応答
    • Googleで「字幕プログラム」で検索してみると、Aegisubは前面には検索できず、後ろに検索されますねㅎㅎ

      Aegisubプログラムをダウンロードしてテストしてみるね。

      応答