ネームチップ(Namecheap)ドメイン機関移転割引イベント

我が国でも比較的よく知られている海外ドメイン登録業者であるネームチップ(Namecheap)でドメイン機関移転費用を割引するイベントを行っていますね。

ネームチップの場合、登録の最初の年に費用が安い方でドメインプライバシー(ドメイン登録者の個人情報を隠して個人情報を保護する機能)を無料で提供します。

ドメイン登録料を節約するには、ドメイン登録期間が期限切れになる前に安価な場所に機関を転送することも1つの方法です。

ちなみに、国内の一部のドメイン登録会社では、DNSレコードを追加する際に制約がある場合があります。対照的に、海外の大規模ドメイン機関は通常、DNSレコードの設定に制限はありません。以下の「国内ドメイン登録会社でDNSレコードを設定する際の制約事項」を参照してください。

ネームチップ(Namecheap)ドメイン機関移転割引イベント

ネームチップ(Namecheap)ドメイン機関移転割引イベント

期間限定で、.comドメインを8.28ドルでネームチップに代理することができます。機関が移転すると、ドメイン登録期間が1年延長され、ドメイン登録業者が変わります。

Domains » Domain Transfer メニューからドメイン移行を申請できます。

ネームチップドメイン機関移転

ドメインを機関移転したい場合は、現在ドメインが登録されている会社(ガビア、 Cafe24 など)から 認証コードを受け取り、ドメイン移行申請書ページに入力する必要があります。

割引を受けるには、ネームチップで機関移転を申請したときのプロモコード TLD24TSFEBを入力してください。

国内ドメイン登録会社でDNSレコードを設定する際の制約事項

国内ドメイン登録会社では DNSレコードを追加する際の制約があるかもしれません。例えば、 Cafe24では、同じホストに対してIPアドレスを2つ以上入力することはできず、ただXNUMXつだけ入力が可能です。

アドビのポートフォリオ(Adobeポートフォリオ)でサイトを作成してドメインを接続する場合は、同じホストに2つのIPアドレスを追加する必要があります。 Cafe24に問い合わせてみると、1つがAレコード設定のみ可能だという回答を受けました。

Cafe24 ドメイン冗長IP設定不可

ネームチップでは、同じホストに対して複数のAレコード設定が可能だという。

ネームチップ同一ホストに対して冗長IPアドレス設定可能

私は国内ドメインの一部をViawebという会社で登録して利用しています。このビジネスでは、セキュリティ上の問題により、一部のDNSレコードの入力が制限されます。

クラウドウェイズでElastic Emailアドオンを有効にして、電子メール送信機能を使用できます。 Elastic Eメールアドオンを有効にするには、いくつかのDNSレコードを設定する必要があります。ただし、いくつかのDNSレコードを追加できないため、ドメイン登録者に連絡してください。

国内ドメイン登録会社のDNSレコード制限

Viaweb側から直接対処しましたが、まだ1つまたは2つのDNSレコードを設定できませんでした。

海外の大規模ドメイン登録会社では通常、このような問題は発生しないようです。この WordPress ブログがホストされているサーバーでElastic Emailアドオンを有効にし、DNSレコードもエラーなしで追加しました。

クラウドウェイ Elastic Email アドオンドメインレコード

SPF、DKIM、Tracking、MX、DMARC レコードをすべて正常に追加する必要があり、確実に電子メールを送信できます。一部のレコードが追加されていなくても機能することはできますが、確実に電子メール送信機能が機能するためにすべてを追加することが望ましいようです。

Elastic Email アドオンの場合、1000 通で月 0.1 ドルと非常に安いので、クラウドウェイズを使用する場合は、このアドオンを有効にしてください。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。