Naver サーチアドバイザーサイト構造のトラブルシューティング - WordPress 情報パッケージ
인기 WordPress テーマブルフセール 詳細

Naver サーチアドバイザーサイト構造のトラブルシューティング

Last Updated:2022年9月7日| 4のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

過去数年間 Naver サーチアドバイザーに登録したすべて WordPress そして、組織のサイトでHTML構造のエントリに対して「サイト内のHTMLの構造の改善が必要です」または「サイトの構造をうまく表現できるようにHTMLタグを確認してください」というエラーが表示されました。

Naver サーチアドバイザーサイトの構造の問題

WordPress テーマを変更したり、SEOプラグインをインストールしてアクションを実行しても、この問題は解決されませんでした。 ティーストーリーでも同様にスキンを変更するなどの措置を取ったが効果がなかった。

Naver サーチアドバイザーサイト構造のトラブルシューティング

Naver サーチアドバイザーの サイトの最適化 セクションで サイトの構造HTML構造 アイテムはあきらめていました。

実際、この項目がXでマークされていても Naver 露出には何の問題もないようです。 ですから、この問題をお問い合わせいただく方がいらっしゃると重要ではない問題みたいなので気にしなくていいと思うと答えました。

それでもこの問題が気になる場合は、Googleで行動を取ることができます。 私は Naver ウェブマスターツールからこのサイトを削除した後、再登録してみました。

Naver ウェブマスターツールサイトの削除

サイトを再登録した後、サイトマップとRSSフィードを再送信しました。 極薬処方と言えますが。 この方法が効果があったかどうかはわかりませんが、現在HTML構造の項目に✔ステータスが表示され、診断結果に「正しい形式のHTMLタグを使用しています「と表示されています。

Naver サーチアドバイザーサイト構造のトラブルシューティング

リンク管理Webページの生産 アイテムはほぼすべてのサイトで「サイト内リンクの構造改善が必要"と"正常に収集、検索露出しにくいウェブページが存在します「警告が表示されますね。時間になると、この問題も一度チェックしてみてください。

この WordPress サイトを Naver サーチアドバイザから削除してから再登録して一日ほど待つと、長い間解決できなかったHTML構造の問題が解決されました。 面白いのは、別の措置を取らなくても 同じ Naver アカウントに登録されている他のサイトもほとんどHTML構造の問題が解決されたとマークされています。

偶然の一致かもしれませんが、すべてのサイトでHTML構造の問題が解決されて嬉しいですね。 (たぶんHTML構造を正しく認識するように Naver サーチアドバイザーの機能が改善された可能性があります。)

ちなみに、次のようなrobotsメタタグを追加しても効果があるかもしれません。

<meta name="robots" content="ALL"/>
<meta name="robots" content="index,follow"/>

<meta name="NaverBot" content="All"/>
<meta name="NaverBot" content="index,follow"/>
<mata name="Yeti" content="All"/>
<meta name="Yeti" content="index,follow"/>

Yoast SEO、Rank Mathなど WordPress SEOプラグインを使用する場合メタタグが追加された可能性があります。 そのような場合は、この項目以外の残りのメタタグのみを追加してテストできます。

WPコード(旧Insert Headers and Footers)プラグインをインストールしてヘッダセクションに上記のメタタグを追加すると便利です。

GeneratePress テーマを使用する場合は、テーマが提供するフックを使用してタグを簡単に追加できます。 」GeneratePress テーマフックを使用する」を参照してみてください。

しかし、上記のrobotsメタタグを追加していないサイトでもHTML構造の問題が解決されたと見れば、上記のタグを追加しても問題が解決しない可能性があります。

最後に、

長い間苦しんでいた(?)HTML構造の問題が解決され、苦しんでいる人が抜けた感じですね。 これらの措置 Naver 流入に影響を及ぼすかどうかを監視してみようと思います。

Naver サーチアドバイザーで「サイト構造」の問題が解決しない場合は、極薬処方で上記の措置を試してみることができるようです。

参照



4のコメント

コメント

    • Naverは復不服のようです。 私は再登録後にサイト構造の問題を解決しましたが、OG TitleとOG Descriptionを認識できないという問題があり、サイトを削除して再登録を要求しました。 SEOに関していくつか変更しましたが、 Naverでどう反応するかわかりません。

      応答
      • 問題解決しても他の問題が出続けますね…
        ところでこれがあまりにも削除を再登録するのもまったく良くはないようです。

        私はブログが4月まで支持不振して5月から突然数値が数倍に上がって今まで維持中ですが、サーチアドバイザー内の統計もその時期から突然上がりました。 それでも、これは間違って触れました、 Naverに浮かんだり、それではどんな不安感があります。 WordPress生まれつき Naverに検索がうまくいったほうではないからジェットパックなどでブログ流入見たときにグーグルとおおよそ似て出てきたいと思ったら、一旦ナップしておくのが最善ではないかと思います。 ああ、もちろんㄹㅇ構造を修正して再び出るなら、その時はもっといいようですが…

      • はい、同感です。 Googleでも Naverとてもよく流入すればあえて触れる必要がないようです。

        英語のことわざに 故障していない場合は直さないでください(If it ain't broke, don't fix it)という表現があります。
        問題のない状況で間違って触れると、きれいに傷をつけることができます。

カフェで WordPress 情報を共有できます。

ありがとうございます!