ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Google Chromeは、HTTPサイトについて「注意要する」警告フレーズを表示

Last Updated:2022年5月20日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
Google Chromeは、HTTPサイトについて「注意要する」警告フレーズを表示2

これまでGoogleでは、7月に公開されるChrome 68から、すべてのHTTPサイトに対して「安全でない」警告を表示すると発表したことがあります。

Googleの予告通り、Chrome 68が公式リリースされ、HTTPでロードされているすべてのサイトに対してChromeブラウザで「注意要する'警告フレーズを表示しています。 本来は「安全ではない」と表示されていますが、フレーズが長すぎると判断したのかGoogleで翻訳を「注意要艦」に変更しましたね。 (Chromeのバージョンを見ると、現在68.0.3340.75(公式ビルド)ですね。)

Google Chromeは、HTTPサイトについて「注意要する」警告フレーズを表示

我が国政府機関の一つである国土交通部サイトを接続してみると「注意要艦」が表示されますね。

クロム要注意警告フレーズ

では、「主な要旨」とはどういう意味でしょうか。 アイコンをクリックすると、「このサイトには安全な接続(HTTPS)が使用されていません」という説明が表示されます。

Google Chromeの注意要する警告フレーズを表示

SSL証明書をインストールしてHTTPSにロードされるサイトには、「セキュリティ接続」というフレーズが表示されます。

Google Chromeのセキュリティ接続フレーズ表示

ロックアイコンをクリックすると、「このサイトは安全な接続(HTTPS)が使用されています」という説明が表示されます。

Chromeアドレスウィンドウに「安全」と「安全でない」と表示されている場合は、Chromeアドレスウィンドウに chrome:// settings / helpを入力してエンターを押すと、現在のクロムのバージョンをチェックして、自動的に最新バージョンに更新します。

Googleのクロムの更新

グーグルによると、Androidとウィンドウの両方でクロムトラフィックの68%以上がHTTPSを介してロードされていて、100のサイトの81個のサイトがHTTPSが適用されているそうです。

このブログは利用されている BluehostSiteGround 同じ海外ホスティングでは、Let's Encrypt / Comodo SSL証明書を無料で提供しています。 国内ホスティングの場合、一部の企業がSSL証明書を無料で提供することもありますが、 Cafe24をはじめとするほとんどのメーカーでは、有料で販売しています。

SSL証明書をインストールしていないサイトには「注意」という警告文が表示されるため、SEOに不利な場合があります。 重要なサイトの場合は、SSL証明書のインストールを検討してください。

よくご存知だと思い、個人情報を処理するショッピングモールでは、セキュリティサーバの構築が必要です。 セキュリティサーバー構築義務に違反した場合には、事前措置後過怠料を賦課していた従来の方式では苦情が発生した場合、予告なしに最高3000万ウォンの過怠金を賦課するように情報通信網法が改正されたね。 よく知らないセキュリティサーバを構築していなかった場合、費用がいくらかからず Bluehostナ SiteGround などの海外ホスティングでは、無料でインストールが可能なので、事前に準備しても安全でしょう。

WordPressでは、次のような段階でのSSL証明書をインストールすることができます。

  1. SSL証明書の発給を受けてインストールします。
  2. そのドメインのすべてのhttpアドレスをhttpsに変更します(例えば、http://www.example.comをhttps://www.example.comに一括変更)。
  3. すべてのhttpトラフィックをhttpsトラフィックにリダイレクトされます。

httpトラフィックをhttpsトラフィックにリダイレクトさせるには、.htaccessファイルに次のコードを追加すると、簡単です。

RewriteEngine On RewriteCond %{HTTPS} off RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]

または、.htaccessファイルを編集することが面倒な場合、プラグインを使用することもできます。 本当にシンプルなSSL, Force HTTPS(SSL Redirect&Fix Insecure Content) などのプラグインがあります。 しかし、このような単純な機能のためにプラグインをインストールして使用することは望ましくないと思われる。

この記事を書いて3年ほど経ちました。 Googleで検索してみると、ほとんどのサイトがhttpsにロードされています。 無料でSSLセキュリティサーバー証明書を提供するホスティングも多いので、なるべくSSL証明書を提供する会社を選択してください。

メモ:



2のコメント

コメント

  1. 公共機関こそセキュリティ証明書をインストールする必要がないかんですが。
    数日前に寀ーもssl適用すると告知が上がってきたね。

    応答
    • はい。 公共機関からのSSLをインストールして模範を示さなければする言葉です。
      大統領府のホームページを訪問するので、最初のページは「注意要」と表示され、文在寅(ムン・ジェイン)大統領紹介リンクを押すとSSLを適用したが、正しく適用できず、「i」の記号が表示されますね。

      寀ーは8月末に一括適用する公知の浮かび上がっね。

      応答