[Googleのウェブマスターツール]検索の認知度向上

Last Updated:2016年12月19日| | 2のコメント

[Googleのウェブマスターツール]検索の認知度向上4

最近、新しいサイトをGoogleウェブマスターツールに追加します。検索の認知度向上「に関するメールがGoogleから送信されることがわかりました。

[Googleのウェブマスターツール]検索の認知度向上5

以前はこのようなメッセージを見た記憶がありませんが、多分別の関心を傾けていないので知らず過ぎるかもしれません。 内容を少し詳しく見てみると、「www」バージョンと「wwwがない」バージョンの両方を追加し、これらの中から好むバージョンを選択するように言います。 そして、対象国も選択するよう案内しています。 対象国はすでに選択をしていますが、「www」バージョンと「wwwがない」バージョンの両方を追加するのは初めてのことなので、そのまま従ってみました。

ちなみに、このブログはブラウザ検索ボックスにURLを入力するとhttp://www.example.com/のように無条件にwwwが付くようになっています。 そのため、「www」バージョンのみがGoogleウェブマスターツールに登録されています。 「www」バージョンのみが登録されており、「wwwなし」バージョンが登録されていない状態で優先バージョンを選択した場合:

好みのドメインを設定するには、http://example.com/ドメイン所有するかどうかを確認する必要があります。 http://example.com/ドメインを確認してください。

上記のようなエラーメッセージが表示されます。

[Googleのウェブマスターツール]検索の認知度向上6(上図のように右上の歯車形状のアイコンを押しサイトの設定「を押すと」好ましいドメイン「を設定するオプションがあります。)

このようなエラーが表示された場合は、まず「プロパティの追加「を通じてwwwのないバージョン」(またはその逆)を追加した後 好ましいドメインを設定します。

そしてhttpsプロトコルを使用する場合は変形バージョンも一緒に追加して、進行すると思われる。

このブログは、最近多く使われている WordPressを使用して作られた。 WordPressの強みの一つは、SEOを挙げることができます。 しかし、 WordPressがSEOに強いとして、無条件に、Googleに検索されません。 SEOは、最終的に書くと関連があるので、良い文を着実に作成すると、Googleのに自然検索になります(WordPressとSEO を参照)。

そして、上記の内容を含め、Googleが推奨する措置も取らば助けになると思われる。

SEOプラグインをインストールして、Googleウェブマスターツールと Naver ウェブマスターツールに登録したが、上位に検索されない訴える方がたまにおられます。 文を作成したとすぐに検索がされることがありません。 上位に検索されるためには、ユーザーが希望する有用な文を定期的に作成し、どのくらいの時間が必要です。 (競争が激しくないか特異な分野の文章はすぐ検索になるだろう競争の激しいキーワードの場合、上位に検索されるようにするには、より多くの時間と労力が必要です。)

メモ:


2のコメント

コメント

  1. 私はこれを見てひょっとして、Googleのウェブログし Naver アナルリスターを見て、Googleのウェブのログメタタグを抜いて食べますね。
    その中に、Googleメタタグを外したまま、Google、追跡コードのみ入れていたようです。ㅜㅜ

    私のサイトを登録する際にwwwを抜いて登録をするんですよ。
    まだメルが届いていないが来れば、一度設定を見なければならないようだたい。!

    応答
    • サイトを新しく登録する場合にのみ、「検索認知度の向上」に関する電子メールが送信されます。 したがって、すでに登録されているサイトの場合は、直接wwwバージョンまたはwwwのないバージョンを一緒に登録してくれて良いようです。

      応答