グーグル・アナリティクスで特定の国別の統計を除外する方法

Last Updated:2023年07月17日| 2のコメント

グーグルアナリティックスト(Google Analytics)は、さまざまな接続者の統計情報を提供し、SEOの戦略に適用することができるようにする強力なツールです。 しかし、場合によってはReferrer Spamというスパムコンテンツのための統計が不正確になることができます。

Referrer Spam(リファラスパム)とは、ユニークなタイプのスパムコンテンツへウェブ解析ダッシュボードを介して見ることができるもので、通常のウェブサイトの管理者のみに見えます。 偽のトラフィックの紹介(Referral)、検索用語または直接の方法(Direct Visit) の形で表示されます。

リファラスパム

例えば、上記の図では、偽のトラフィックの紹介の形で表示されるリファラスパムを示しています。 末尾の割合は直帰率により、 site-auditor.onlineで流入されるトラフィックは、サイトを訪問するとすぐ離脱するので、全体の統計情報に悪影響を及ぼしています。

このようなリファラースパムをブロックする方法はいくつかあります(参照)。 私は特に XYZ ドメイン名で訪問したページのリストに表示されるスパムが流入しました。 またリファラースパムをブロックする方法を使用しても、毎日のドメイン名を変えながら表示されることがありますか?

特異なのは、このようなスパムリファラがすべてロシアで流入されることでした。 だから最初からロシアで流入されるトラフィックの情報を、Googleアナリティクスから除外することにしました。

グーグル・アナリティクスで特定の国の接続情報を除外する方法。

特定の国の接続情報を最初から除外するには、次のような方法を使用します。

グーグル・アナリティクスにログインした後 レポート タブをクリックします。 統計上部にみると、 「+セグメント」というメニューがあります。

セグメントを追加

「+セグメント」をクリックし、表示される画面で、 「新しいセグメント」をクリックします。

新しいセグメント

表示される画面の一番下 「場所」 セクションで 「国」、「次を含まない:」を順に選択し、目的の国を検索して選択するようにします。

特定の国の接続統計除外する

저장を押すようにします。 今指定した国の接続統計情報が表示されません。

この方法を使用して、特定の国の統計を除外したり、特定の国の統計だけを確認することができます。

メモ:


2のコメント

コメント

  1. 私はほぼ95%が大韓民国から来ることガトドラグヨ
    その他の残りの部分は、米国、このような側くるあえてこのようなものなくてもなるようです.. !!

    応答