休眠口座を確認して口座を解約して、残高を移転する方法

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

長期間取引のない口座は取引停止口座に編入されて取引をすることができなくなります。 取引停止の口座に入金をしようとする取引停止口座というメッセージが表示され、入金をすることができなくなります。

長期間取引のない休眠口座がある場合取引中止口座に編入される前に、ご入金もしくは出金して活動性口座に切り替えることができます。 また、不活性口座を解約して、残高を移行することもできます。 新規に通帳を開設するには、厳しい手続きを経なければならため、口座を解約する代わりに口座を維持することを考慮することができます。

次の要件に該当する口座は取引停止口座に編入されます。

  1. 預金残高が1万円未満であり、1年以上入出金取引のない口座
  2. 預金残高が1万ウォン以上5万ウォン未満であり、2年以上入出金取引のない口座
  3. 預金残高が5万ウォン以上10万ウォン未満であり、3年以上入出金取引のない口座
  4. 預金残高が10万ウォン以上であり、4年以上入出金取引のない口座

最近、韓国シティ銀行から長期取引のない口座について2019年1月1日から取引停止の口座に別途管理する予定というメールを受け取った。

長い時間前に韓国シティ銀行で口座を開設したが、最近では、取引はほとんどありませんでした。

取引停止口座に編入された口座は、営業店を訪問またはインターネット/モバイルバンキングを使用して口座を解約して残高を見つける行くことができ、残高が50万ウォン以下の取引停止口座は口座統合管理システム(www.accountinfo.or.kr)を通じて口座解約が可能です。

口座統合管理システムのサイトを訪問し、不活性口座を確認して、必要に応じ口座を解約することができます。

不活性口座を確認して口座を解約して残高前に

まず、口座統合管理システムのサイト(www.accountinfo.or.kr)を訪問します。

不活性口座を検索

メニューの中から「口座統合照会(銀行)」または「口座統合検索(貯蓄銀行、相互銀行、郵便局)」をクリックします。

不活性口座を確認する

個人情報の収集および利用に同意画面が表示されます。

休眠口座を確認する

ログイン画面が表示されたら公認認証書にサインインすることができます。

眠っている口座を確認する

本人確認のための携帯電話認証が必要です。

休眠口座リストを確認する

本人認証が完了すると、銀行別口座の履歴が表示されます。 各銀行ごとに活動口座と不活性口座に区分して表示されます。

詳細照会を希望する場合は、右端の「照会」をクリックします。

休眠口座を確認する

開設日と最終の入出金日、そして残高が表示されます。 シティバンク口座を2014年12月30日に最後に使用したものと出ますね。 したがって、今年末までに入金または出金をしなければ取引停止口座に編入されることになります。

銀行を訪問せずに、この画面で口座を解約して、残高を他のアカウントに転送することができます。 残高を移行するには、右端の「申し込み"をクリックするします。

口座解約や残高前

上記のような画面が表示されたら残高を移転する対象を選択します。 「次のステップに移動」をクリックします。

不活性口座解約や残高前

残高前となる処理が完了した後は、キャンセルができませんので、本当に口座を解約するかどうか、もう一度検討するようにします。

おわりに

口座を開設して長期間使用しない場合は、取引を停止口座に編入されて取引することができなくなります。 取引停止口座を活性口座に切り替えるには、必要な書類を取りまとめて、銀行を訪問しなければならない煩わしさがあります。 したがって、事前に確認して口座が取引停止がされないようにするのがよいようです。



コメントを残す