ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

海外ホスティング Bluehost VPSのスペースが不足する場合

Last Updated:2022年2月13日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

以下の内容は2017年に作成されました。 当時のディスク容量不足のため、30GBのディスクを追加しました。 今日(2021年12月31日)突然、画像がアップロードされない現象が発生し、ディスク容量をチェックしてみると、少し残っていないことがわかりました。

問題の原因はerror_logファイルでした。 このファイルはほとんどのディスク容量を占有していました。 2017年当時も実際にはスペースがたくさんありましたが、エラーログファイルのためスペースが足りなくなったのです。

このため、何年も費やす必要がなくなる費用が毎月費やされました。

もしかしたら WordPress サイトに画像ファイルがあまりありませんが、ディスク容量が足りなくなった場合は、まず error_log のようなファイルのため、空き容量が足りないことを確認してください。 (異常に大きなファイルがあるかどうかをチェックしてみると良いようです。)私の場合は、このファイルのサイズが23GBにもなりました。 このファイルはまず削除され、新たに作成されました。 定期的に見てこのファイルを削除するつもりです。 (アップデート:error_logが生成されないように無効にしました。)

以下は、既存のものです。 実際の画像ファイルなどが多くてディスク容量が足りなくなる場合をご参照ください。

[この記事は2021年12月31日に最終更新されました。 ]

海外ホスティング Bluehost VPSのスペースが不足する場合

現在、このブログは Bluehost VPS Standardプランを使用しています。 Standardプランはスペースが30GBでそれほどゆったりほうがありません。

数日前に、サイトが突然、減速ついにダウンになる現象が発生しました。 Bluehost 担当者と話をしてみると、Webディスク容量が不足して発生する現象とね。 だからストレージを追加したら、問題が解決されました。

長期的には、ストレージを追加する必要がするが、今考えてみるとすぐにディスクを追加するよりも、他の方法を使用して、不要なスペースを削除すると、すぐにスペースを追加する必要はないと思いました。

Bluehost VPS上のディスク領域の確認は、cPanelに接続して hosting> performanceをクリックして、左の disk management(ディスクの管理)を選択して確認することができます。

次のXNUMXつの方法を使用してディスク領域を節約することができるようになります。

まず、不必要なバックアップを無効にすることです。 hosting> performance> disk management(ディスクの管理)でDailyバックアップのみ有効にして、残りは無効にします。 ( "Bluehostで日(Daily)、週間(Weekly)バックアップファイルをダウンロード"参照)

Bluehostでバックアップの設定
Bluehost(Bluehost)でバックアップの設定

上の図でWeeklyバックアップが無効(Disabled)になっています。 この場合、sftpに接続してWeeklyフォルダの下にあるいくつかのファイルを削除すると、350MBの容量を追加で確保することができます。

第二は、ゴミ箱(trash)を空になります。 Bluehost VPSでごみ箱を空にするSSHで接続して、次のコマンドを実行します。

rm -rf /home/$cPaneluser/.trash/*

加えて、不必要にバックアップされたファイルがディスクに残ることがあります。 そのようなファイルもすべて削除するようにします。

そして新しいStorageを追加する場合 / home / $ cPaneluser新しいドライブにマウントすることが望ましいとします。 私はpublic_htmlフォルダをマウントして ファイルマネージャーからファイルが削除されない問題が発生して再 / home / $ cPaneluserにマウントを変更したが、これにより、いくつかの問題が発生して苦労をしました。

韓国によく知られている海外のホスティングである Bluehostの場合、共有ホスティングは安いが、少し不安な面があって、最初に安定するまで少し苦労することがあるようです。 安定した高速な共有ホスティングをご希望の場合には、 Sitegroundがまともなようで、VPSの場合、このブログが使用されている Bluehost VPSは歌声以外の面では悪くない選択です。

VPSを安価に利用したい場合には、Vultrような仮想サーバーホスティング(VPS)サービスを利用してみることができます。 しかし、 VultrまたはDigital Oceanの場合は、直接サーバーを構成し、すべてを管理する必要があるため、初心者にとっては負担になることがあります。

Bluehost VPSは、管理型であるため、問題が発生した場合、ライブチャットを介してサポートを要求すると、ほとんどの問題は簡単に解決できます。 特にVPSや専用ホスティングの場合高速接続がされます。 かつては少し待っている場合があったが、最近では、Live Chatを申請すればすぐに対応してくれますね。 (ライブチャット申請をする際にVPSを選択してくれればされます。)(笑)

昨日は新たに追加されたドライブのマウントの問題のために、サイトに403エラーが発生しました。 このため、複数回のライブチャットを申請しなければしました。 最初は問題が単純なと思った、後でスタッフが専門家と一緒に検討思うよ権限(Permission)に問題があったとし解決しました。

メモ:



コメントを残す

コメント