海外ホスティング Bluehostで2段階認証でアカウントを保護する

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

私はセキュリティのために ブルーホスト、サイトグラウンド などの重要なWebホスティングアカウントに2段階認証を適用しています。 2段階認証を適用すると、ログインするために一歩をさらに経、セキュリティが強化されることがあります。

ブルーホストから2段階認証を設定する

Bluehostでは、次のような方法で2段階認証を設定することができます。

旧インタフェースではcPanelにログインした後 account> passwordsをクリックします。

海外ホスティングブルーホスト

その後、パスワードを管理する画面が表示されます。

新しいインターフェイスでは、ブルーホストにログインした後、右上のアカウントアイコン(人の形のアイコン)をクリックして、 セキュリティを選択します。

ブルーホストから2段階認証を設定して、セキュリティを強化する

一番下に two factor authentication(2段階認証) セクションがあります。

ブルーホスト2段階認証

GoogleのプレイやApple App StoreでGoogle Authenticatorアプリをダウンロードしてインストールします。 Androidスマートフォンの場合PlayストアからGoogle OTPを検索してインストールします。

Google OTPアプリを開いて、赤+アイコンをクリックして、バーコードスキャンを選択して、バーコードをスキャンすると Bluehost アイテムが追加されます。 その後、Google OTPに表示されている6桁の数字をバーコードの下のテキストボックスに入力した後、 verify tokenをクリックします。

ちなみにメールで2段階認証を設定するには、上の画面で Do not have a smartphone? Click here(スマートフォンはありますか?こちらをクリックしてください)をクリックすると、電子メールを利用した2段階認証を設定することができます。

これ2段階認証が設定されます。 今cPanelにログインすると、ユーザ名とパスワードを入力した後、GoogleのOTPアプリに表示されるワンタイムパスワードを入力する必要がログインが可能となります。

ブルーホスト2段階認証

通常の場合、パスワードを複雑に設定するなど、基本的なヒントを守る星問題がないが、コンピュータがマルウェアに感染しているなど、予期せぬ問題にハッキングを受ける場合床がないことはありません。

2段階認証を設定しておけば、ログインするたびスマートフォンでOTPアプリを開いて、番号を確認した後入力する必要が、一方では、ハッキングなどから安全であると考えに少し安心しますね。

サイトグラウンドの2段階認証

SiteGroundでも同様の方法で2段階認証を設定することができます。 サイトグラウンドは、スマートフォンを紛失したり、問題が発生してOTPアプリにアクセスすることができない場合に備えて、backup codeを作成するオプションも提供しています。

Sitegroundは ユーザーの速度と安定性、そして快適性に対する満足度が比較的高いほうであるようです。 実際、数分からサイトグラウンドが速く支援も良い方だという話を聞きました。

サイトグラウンドは安定したサービスとスピード、そして迅速なサポートが強みです。 低コストでまともなWebホスティングサービスを利用したい場合 Bluehost 共有ホスティングを考慮してみることができます。 特に このリンクをクリックして、 Bluehost 共有ホスティングに登録すると1ドルが割引された月に2.95ドルから利用が可能です。

ちなみにこの記事のリンクをクリックして、Webホスティングに加入すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私は Bluehost VPS、共有ホスティング、SitegroundなどいくつかのWebホスティング会社のホストされるサイトを長年行っ直接運営したり、管理しながら感じた点を可能な限り率直に知らせるために努力しています。 Bluehostの詳細については、次の記事を参考にしてください。

サポート(Support)を利用してみると、Sitegroundが確実に迅速に対応してくれて便利であることを感じることができます。 Bluehost 共有ホスティングの場合、利用者が多いからか、たまにライブチャットに接続するために10〜20分待たされることもあります。 ただし、 Bluehost VPSの場合には、すぐに接続がされます。 (すべてが支払うお金だけのサービスを受けることがあります。歌声比を計算すれば Bluehostが確かに良い方だが、利便性は、サイトのグラウンドより落ちる感があります。)

言語障壁のために使用が消極的ジンダミョン 古代ディを考慮してみることができます。 世界最大規模を誇るGoDaddyは珍しく、海外ホスティング中のサイトをローカライズして、韓国でも簡単に利用できるように配慮しており、サポートも韓国語で提供します。 個人的には、古代のディを1ヵ月ほど使用してみた、低コストの商品なのでそうかcPanelが提供されなくて使用がちょっと不便だという感じがしました。

注:



コメントを残す