【海外ホスティング] Bluehostで無料共有SSL証明書を使用する

2

はじめ

韓国に比較的よく知られている 海外ホスティング Bluehost(Bluehost)で外部SSL証明書を使用するには、外部のSSL証明書の発給を受けて、共有ホスティングプラン(Shared Hosting)である場合 Bluehostに連絡して、インストールを要求するとされ、VPS以上プランでは、cpanelから直接インストールが可能です。

そして "Bluehostで無料SSLを適用する方法"文でBlueshost VPS以上で無料SSLのLet's Encryptをインストールする方法が説明されています。また、 WordPress Hostingプランでは、基本的に無料でSSLを使用することができます。

Bluehostでは、すべての WordPress ダウンロードで無料のSSL証明書を提供してPHP 7を構成することができます。 Bluehostでは、次のような方法でFree Shared SSL Certificate(無料共有SSL証明書)を適用することができると説明しています。

2017年6月追加:

Bluehostで、すべての WordPress 設置について無料のSSL証明書を使用できるように変わったします。 チェックしてみると Bluehost 共有ホスティングでは、無料のSSLを使用するオプションがありますがVPSではそんなオプションがないですね。 (2017_0905_更新: Bluehost VPSでも無料のSSL提供するように変更されました。)


cPanelに接続して アドオンに移動し、 SSL証明書 アイコンをクリックすると、SSLを設定/インストールできる画面に移動します。 無料ホスティングの場合、上記のようWordPerss Free SSLを利用できるように案内しています。

詳細については、「Bluehost 共有ホスティング/ VPSで無料のセキュリティサーバー(SSL)証明書を適用する"文を参照してみてください。

SSHに接続が可能な商品を使用している場合(例えば、VPS)SSHに接続して、次のコマンドを実行して、Let's EncryptをcPanelに追加することができるとします。

/scripts/install_lets_encrypt_autossl_provider

詳細については、機会がされたときにまとめてみましょう。

参考までに Bluehostの共有ホスティングは、空間/トラフィックを無制限(商品により)提供が共有ホスティングの性質上、多くのユーザーがスペースとトラフィックを共有するため、特定のユーザーが過度に多くのトラフィックを使用する場合は、時々不安になることもあります。

信頼性の高いサービスのために Bluehost VPS 以上の商品(現在、このブログの適用)を利用したり、 Sitegroundはの共有ホスティングも考慮してみるべきものです。 Sitegroundの場合、トラフィックの空間が、商品によって差分適用され速度もいい安定したようです。 SSLも簡単に適用が可能です(参照).

Free Shared SSL Certificateを使用する方法

追加: 前述したようすべての WordPress インストール(VPSを除く)で無料Comodo SSL証明書を使用できるように Bluehostのポリシーが変更されました。 この記事を参照してみてください。

共有SSL Certificateを使用するには、ハイパーリンクを更新して、次のような基本的なURLを使用する必要があります:

https://box###.BlueHost.com/~username

上記の例では、 box ### 部分をユーザーアカウントのサーバーに変えるようにします。 サーバー Box Numberがない場合はFilesに移動して、File Managerを選択します。 アドレスバーに表示されたアドレスの最初の部分がBox Numberです。

また、 "ユーザ名"を8桁 cPanel usernameに置き換える必要があります。 この情報は、 Bluehost cpanelに接続したときの左側に記載されています。

Bluehost 無料SSLハイパーリンクを変更
ハイパーリンクを変更

参考に共有SSL証明書には、データ制限があります。 無料 secure.BlueHost.com SSLプロキシを使用している他のユーザーが利用できないように 100kbより大きなすべての挿入データ(イメージ、オーディオクリップなど)は切り捨てられます。 これは、個々のファイルに適用される制限であり、全体のページサイズの制限がありません。 このため、サイト(特に大きな画像を使用しているサイト)の要素がすべて読み込まれないことがあります。

Shared Certificateを使用する場合、部分的にロードされる問題が発生した場合、次の方法を試してみてください。

  • サイトのイメージ数を減らします。
  • サイトの画像のサイズを変更します。
  • 画像を.pngや.gifのように、圧縮率が良い形式に変更します。
  • 要素(elements)が100kb制限を超えていないことを確認します。

注意:上記の措置にも問題が解決しない場合、SSL証明書を購入したり、アカウントを専用のIPアドレスが割り当てられているアカウント(プラン)にアップグレードする必要があります。

※この記事に含まれているリンクをクリックして、ホスティングサービスに登録すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのためだけに特定のサービスをお勧めしません。 現在 SiteGround와 Bluehost などいくつかの海外のホスティングを利用しており、実際の利用しながら感じた点と使用法を共有するために努力しています。 Bluehostは ここで詳細を確認することができます。

特に このリンクをクリックして、 Bluehost(Bluehost)に加入すると1ドルが割引された月に2.95ドルからサービスを利用することができます。 歌声非良い(安いながら比較的まともな)ウェブホスティングを利用する場合に考慮してみることができます。

参照

2のコメント

  1. 今年初めに Bluehostで、すべての WordPress 設置について無料Let's Encryptを提供すると発表しました。 (お問い合わせしてみるとVPSは除外され、必要に応じて手動でインストールしてLive Chatを介して要求すると適用してくれるします。)

    直接適用する方法は、別の記事で取り上げました。 次の記事を参照してみてください:

    http://www.thewordcracker.com/miscellaneous/bluehost-%EA%B3%B5%EC%9C%A0%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85%EC%97%90%EC%84%9C-%EB%AC%B4%EB%A3%8C-lets-encrypt-ssl-%EC%A0%81%EC%9A%A9%ED%95%98%EA%B8%B0/

  2. 再び確認した結果 Bluehost VPSの場合Let's Encrypt(無料SSL)が含まれておらず WordPress バージョンには含まれていそうです。

    低コストな共有ホスティングとVPSと同様のレベルである WordPress プランでは、提供しながら、VPSは提供しないこと惜しいですね。 (手動でインストールして要求すると、されるのが... 3ヶ月ごとに更新する際にも要求する必要がすることですね。)

    SSLが必要な場合Siteground( https://www.siteground.com/index.htm?afcode=d4303e04841b9efd7f535c15b7dff3ad )を使用すると、好きやすいようです。
    それともVultr、Digital Ocean( http://www.thewordcracker.com/intermediate/%EB%94%94%EC%A7%80%ED%84%B8-%EC%98%A4%EC%85%98digital-ocean%EC%97%90-%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4%EB%A5%BC-%EC%89%BD%EA%B2%8C-%EC%84%A4%EC%B9%98%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%A9%EB%B2%95/ )、LinodeのようなVPSサービスを使用して直接Let's Encrypt証明書をインストールする方法もあります。(笑)

    http://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EB%A6%AC%EB%88%85%EC%8A%A4-ubuntu-16-0416-10%EC%97%90%EC%84%9C-lets-encrypt-%EC%84%A4%EC%A0%95%ED%95%98%EA%B8%B0nginx-%ED%99%98%EA%B2%BD/

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください