[海外のウェブホスティング]古代ディでphpの設定を変更する

古代ディブルーホストと一緒に韓国のユーザーによく知られているWebホスティングサービスプロバイダの一つです。 個人的には ブルーホストIpageをを主に使用しているが、周辺に古代ディを使用する方がいらっしゃって最近になってよく遭遇しました。

前へ古代ディの最安値型サービスである「実利型」でFTP情報を確認する方法と、全体的な感じの概要を論じました。 この記事では、前回の記事で、しばらく言及したPHPの設定の変更について説明します。

GoDaddyからPHP情報を見てみると設定値が、全体的に低く、最近出てくるいくつかのワードプレスのテーマやプラグインを操作するには不向きできます。

PHPの設定値 - 古代ディ

上記の表に初期設定値を示します。 インターネットを介して検索してみるとGoDaddyのPHPの設定値を高める方法として多くの方法が見つかりました。 仮に max_execution_timeにを変更する方法として、次のような方法が提示されています。

  1. .user.ini ファイルを作成し max_execution_timeに= 180 行を追加します。
  2. stackoverflowのでは、.htaccessファイルに次のコードを入れる方法が記載されています。
    <IfModule mod_php5.c>
    php_value max_execution_time 5000
    </IfModule>
  3. 別の記事では、 php.iniの ファイルにコードを入れる方法を提示しています。

おそらくプランに応じて、いくつかの方法がないかと考えますね。

私は上記の方法を適用したが、異常に設定値が適用されていない。 そうするうちに、次の日に見ると設定が適用されていました。 php.iniファイルを作成し、次のようなコードを入れる方法が、正常に動作しました。

file_uploads = On
post_max_size = 120M
upload_max_filesize = 120M
max_execution_time = 300

上記のようなコードを php.iniの ファイルに挿入し、php infoを確認してみるすぐに設定値が変更されなかったが、一日の後確認してみるの設定値が以下のように変更されました。

古代ディでは、PHPの設定値を変更する

古代ディを使用している場合、上記のいくつかの方法を試してみすぐ適用されない場合、少し時間が経過した後確認してみるの設定が適用されるようです。 それでもうまくいかないと、古代ディサポートセンターに連絡して案内を受けることができます。

注:


コメントを残す