FastComet(FastComet):phpMyAdmin、HeidiSQLを使用してDBに接続する方法

Last Updated:2024年04月15日| , | 2のコメント

海外ホスティングの1つであるファストコメット(FastComet)では、cPanelからphpMyAdminに接続できます。また、外注業者の作業者など外部人がDBに接続する必要がある場合、HeidiSQLを介してDBに接続することも可能です。

この記事では、ファーストコメットでphpMyAdminとHeidiSQLに接続する方法について説明します。また、 WordPress 設定ファイルでデータベース情報を確認し、phpMyAdminとHediSQLからDBをエクスポートする方法も説明します。

コスパの良いウェブホスティング会社が欲しいなら FastCometのような海外ホスティングを考えることができます。 FastCometは Bluehostと同様のレベルの企業であり、東京サーバーの位置を提供することでスピードの観点から Bluehostより良い評価を受けています。速度が重要な場合、このブログは現在利用中です クラウドウェイズそれはまともな選択かもしれません。この記事のリンクをクリックしてWebホスティングに参加する場合は、このブログと Naver カフェ 操作に役立つことができます。😄

ファーストコメット(FastComet):phpMyAdminを使用してDBに接続する方法

FastCometはcPanelを提供するので、cPanelはphpMyAdminクライアントツールを使用してデータベース(DB)に接続します。

ファーストコメットにログインして、現在利用中の商品(Active Products)リストのcPanelアイコンをクリックして cPanelに接続することができます。

ファストコメットcPanel接続

cPanelのにアクセスするには、アカウントのパスワードを入力する必要があります。 cPanelにログインすると、トップ検索ボックスから phpMyAdminので検索して phpMyAdminの ツールを選択します。

phpMyAdminツールにアクセスする

phpMyAdminのにアクセスしたら、アクセスしたいサイトのDB名を左のDBリストから選択します。

ファーストコメットphpMyAdmin接続完了

DB情報を確認する

ディビが複数ある場合、そのサイトのDB名は FTP経由でサーバーに接続する WordPressがインストールされているディレクトリにある WP-config.phpを ファイルで確認することができます。

WordPress DB情報を確認する

HeidiSQLを使用してFastComet DBに接続する方法

上記の方法でphpMyAdminを接続するには、cPanelに接続する必要があります。外部の人がDBに接続する必要がある状況でファストコメットのcPanel接続情報を提供することが消えた場合は、HeidiSQL MySQLクライアントツールを使用してデータベースに接続するための情報を提供できます。

また、HeidiSQLを使用すればファストコメットホームページにログインすることなくすぐにディビに接続でき、大容量DBファイルをインポートすることも可能です。

HeidiSQLツールを介してDivyにリモートアクセスできるようにするには、まず相手のIPアドレスを登録する必要があります。 DBに接続する必要がある相手のIPアドレスを要求し、cPanelの リモートMySQL ページにIPアドレスを登録します。

cPanelにログインして、 リモートを検索して Remote MySQL®を選択します。

cPanelからリモートMySQLツールにアクセスする

Remote MySQLページが表示されたら Add Access Host(アクセスホストの追加) セクションの ライブ、セミライブ、オンデマンドビデオ フィールドにIPアドレスを入力し、 ホストを追加 ボタンをクリックしてホストを追加します。

リモートアクセスホストの登録

認定IPアドレスは NaverまたはGoogleで「自分のIPアドレス」を検索して確認できます。または、このブログの「私のIPアドレス「ページでも確認できます。

これで、HeidiSQLをダウンロードしてファストコメットDBにリモート接続できます。

HeidiSQL設定

HeidiSQL(ハイディSQL、ヘイディSQL)を実行し、上記のように設定するだけです。

  1. ホスト名/ IP:サーバーのIPアドレス
  2. ユーザー:DBユーザー名
  3. パスワード:DBパスワード

ポートは3306のままにしてください。

サーバーのIPアドレスはファーストコメットにログインし、アクティブな商品の 詳細を見る ボタンをクリックして確認できます。

ファーストコメットサーバーのIPアドレスを確認する

DBユーザー名とDBパスワードは WP-config.phpを ファイルで確認できます(上記の「DB情報の確認」セクションを参照)。

HeidiSQLで情報を正しく入力したら、 オープン ボタンをクリックしてDBにアクセスできます。

HeidiSQL接続完了

DB操作時の注意

phpMyAdminやHeidiSQLのようなツールを使ってデータベースに接続し、ディビ関連の作業をする場合は、まずDBバックアップをするのが安全です。 DB操作は元に戻せず、問題が発生した場合はサイトにアクセスできない可能性があります。

DBバックアップはUpdraftPlusプラグインを使用すると便利です。

phpMyAdmin/HeidiSQLからDBをバックアップする

また、phpMyAdminやHeidiSQLから直接DBをエクスポート(Export)してバックアップすることも可能です。たとえば、HeidiSQLを使用している場合 ツール » データベースをSQLにエクスポートする メニュー(英語版の場合 Tools » Export database as SQL メニュー)を使用してDBをバックアップできます。

ファーストコメット(FastComet):phpMyAdmin、HeidiSQLを使用してDBに接続する方法3

phpMyAdminツールでは、[エクスポート]タブでDBファイルをバックアップできます。

ファーストコメット(FastComet):phpMyAdmin、HeidiSQLを使用してDBに接続する方法4

サイトを復元する

DBワークフローでエラーが発生した場合は、サイトを復元できます。 UpdraftPlusを使用してDBをバックアップした場合は、簡単にDebianのみを復元できます。

DBバックアップがない場合 FastCometに連絡して、昨日のバックアップにサイトを元に戻すことができます。この場合、バックアップの日付以降に作業した内容はすべて消えます。

Cafe24クラウドウェイズでも自動バックアップ/復元サービスを提供します。 Cafe24は去る7日、 クラウドウェイズは、バックアップ設定に応じて最大1ヶ月以内の期間にサイトをロールバックできます。

参照


2のコメント

コメント

    • Bluehostとファーストコメットは同様のレベルのホスティング会社です。最近はファーストコメットユーザーが我が国で多く増えたようです。 Bluehostはアメリカのサーバーだけですが、ファーストコメットには東京サーバーがあり、韓国では速度が Bluehostより速い方です。そして経験上、顧客支援も対応が早い方です。 Bluehostは昨年末にWebホスティングマネージャパネルのインターフェイスを変更しました。このため、むしろ使用する方が不便になりました。個人的には ファーストコメットこれはより安く、速度も速いようです。

      応答
割引ニュース
DiviレイアウトAI発売記念割引!
AIで画像、テキスト、コーディング、フルページレイアウトを生成可能
ベストセラー WordPress テーマDivi
0
仕事
0
시간
0
0
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy