クラウドウェイへ WordPress はじめにドメインを接続する - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

クラウドウェイへ WordPress はじめにとドメインを接続する

Last Updated:2022年9月18日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

大規模なサイト運営やスピードが重要な場合は、クラウドウェイズを考慮できる
Cloudwaysから WordPress アプリケーションを選択して WordPressを開始できる
アドミンパネルでドメインをリンクする方法

Amazon AWSやVultrなどから WordPressを運用する場合は、サーバーに関する知識が必要です。 クラウドウェイズでは、AWSなどのサーバーを比較的簡単に運用できます。 この記事では、クラウドウェイとして WordPressを始める方法とドメインをリンクする方法を見てみましょう。

ちなみに、クラウドウェイズは、規模の大きいサイトを運営したい場合や、スピードが重要な場合に考慮することができます。 コストパフォーマンスの良い海外ホスティングが必要な場合は、現在このブログを使用しています ブルーホースもBluehost)まともなオプションかもしれません。 Bluehostはスピードが遅いという評価がありますが、ブログを運営している場合 GeneratePressのような軽いテーマを使用すると、速度が速くなります(参照).

クラウドウェイズへ WordPress 開始する

クラウドウェイズでは、AWS、Vultr、DigitalOcean、Linode、Google Cloud Platformなどのサーバーを選択して、 WordPressを運営することができます。

クラウドウェイズへ WordPress 開始する

クラウドウェイズコスト面では、AWSなどで直接サーバーを作成して利用するよりも高価ですが、サーバー管理に対する負担が少ない方なので、AWSや Vultrでサーバーを運営したいとしても、Linuxサーバーの運用知識が不足して迷うユーザーが利用するのに適しています。 最近では、Amazon AWS/Lite Saleでサーバーを運営してCloudwaysに移行する方が増えている傾向です。

クラウドウェイズに参加すると、3日間無料で利用できます。

クラウドウェイズに参加した場合 サーバー ページから Launch Now(今すぐ開始) ボタンをクリックして開始できます。

クラウドウェイズへ WordPress はじめに - サーバーの作成

初めてサーバーを作成する場合は、3日間無料で利用でき、3日が経過する前にサーバーを削除すると無料の体験期間は終了します。

Select your Application(アプリケーションの選択)をクリックしてアプリケーションを選択します。

クラウドウェイズへ WordPress はじめに - アプリケーションを選択する

WordPress サイトを作成する場合 WordPress Version 6.0, Multisite Version 6.0, Clean (No Cloudways Optimization) Version 6.0을선택하거나 WooCommerceドラゴンイメージ Woocommerce Version 6.5.1 with WordPress Version 6.0を選択することができます。

クラウドウェイズへ WordPress はじめに -  WordPress 選択

WordPress Version 6.0を選択します。 マルチサイトを運営する場合 Multisite Version 6.0を選択します。

Name Your Managed App(管理対象アプリの命名)にアプリの名前を入力して、 Name Your Managed Server (管理対象サーバーの命名)にサーバー名を入力します。

次に、サーバープロバイダを選択します。 現在、DigitalOcean、Vultr、Linode、AWS、Google Cloud Platformから選択でき、ソウルリージョン(データセンター)を提供するプロバイダとしてVultrとAWSがあります。

クラウドウェイズへ WordPress はじめに - サーバーの選択

DigitalOcean、AWS、Vultrなどから直接サーバーを選択して作成するよりも、クラウドウェイズコストがXNUMX倍ほど高い方です。 しかし、クラウドウェイズは必須機能(SSH/SFTP/MySQL/ドメイン生成/SSL証明書のインストールなど)を簡単に利用できるように管理パネルを提供するため、AWSなどで直接サーバーを運営するのに比べてサーバー運営によるストレスが少ない方です。 。

最も安価なオプションとしてVultrを選択できます。

SERVER SIZEでサーバーサイズを選択します。 Vultrの最低価格がサーバーサイズを選択した場合 高周波の場合、最安値は月13ドルで、 スタンダードは月11ドルです。 スピードの点では、High Frequency が高速なので、Standard より High Frequency を選択する方が有利です。

クラウドウェイズへ WordPress はじめに - サーバーサイズの選択

1GBのサイズは、1GBのRAM、32GBのNVMeディスク、1TBの帯域幅(トラフィック)、および1コアプロセッサのサーバー使用を提供します。

다음 所在地でサーバーの場所を選択します。 我が国のユーザーを対象にサイトを運営する場合 アジア太平洋 - ソウルを選択してください。 (VultrとAWSでソウルリージョンを提供し、AWSがVultrよりも高価です。)

クラウドウェイズへ WordPress はじめに - サーバーの場所

Launch Now(今すぐ開始) ボタンをクリックするとサーバーの作成が開始され、サーバーの作成には約13分かかります。

クラウドウェイズへ WordPress はじめに - サーバーの作成中

サーバーの作成が完了すると、サーバーリストに作成したばかりのサーバーが表示されます。

クラウドウェイへ WordPress はじめにとドメインを接続する 7

サーバー名をクリックすると、サーバー管理画面が表示されます。

Sever Management » Master Credentialsでマスター接続情報が表示されます。 この情報を使用してSSH / SFTPに接続できます。 セキュリティのために、特定のIPだけがSSH / SFTPに接続するように設定することをお勧めします。

クラウドウェイへ WordPress はじめにとドメインを接続する 8

作成したばかり WordPressの詳細情報を確認するには、メインメニューから 使用ガイドをクリックします。 これにより、アプリケーションのリストが表示されます。 作成したばかり WordPress アプリケーションをクリックします。

クラウドウェイへ WordPress はじめにとドメインを接続する 9

Application Management (アプリケーション管理) » Access Details (アクセス詳細)から WordPress ログイン情報などを確認できます。

クラウドウェイへ WordPress はじめにとドメインを接続する 10
  1. アプリケーションURL: WordPress サイトのアドレスが表示されます。 リンクをクリックすると WordPress サイトに移動します。
  2. 管理パネル: WordPress 管理者ページのパスと管理者ID /パスワードを確認してコピーできます。
  3. MySQL Access: DBに接続できます。 phpMyAdminに似ていますが、インターフェースと機能は少し異なります。

WordPress サイトに管理者としてログインすると、次のような画面が表示されます。

クラウドウェイへ WordPress はじめにとドメインを接続する 11

今 WordPressを設定して飾ることができます。 たとえば、韓国語サイトを運営している場合は、まずサイト言語を韓国語に変更し、テーマとプラグインをインストールできます。

WordPress アプリケーションを選択してサーバーを作成すると、Akismet Anti-Spam、Bot Protection、Breezeなどのプラグインが自動的にインストールされます。

クラウドウェイへ WordPress はじめにとドメインを接続する 12

クラウドウェイズにインストールされている WordPressにドメインを接続する

クラウドウェイズでサーバーを作成すると、アプリケーションにcloudways.comドメインの一時アドレスが割り当てられます。 ドメインをリンクすると、cloudways.com の一時アドレスが指定したドメインアドレスに自動的に変更されます。

Application Management (アプリケーション管理) » Domain Management (ドメイン管理)からドメインを追加できます。

クラウドウェイズにインストールされている WordPressにドメインを接続する

Primary Domain(プライマリドメイン) フィールドにドメイン名(例:example.com)を入力し、 Save Changes(変更の保存) ボタンをクリックします。

次に、ドメインのDNS情報を設定する必要があります。 ドメインにIPアドレスを割り当てることで、ドメインをクラウドウェイズに接続できます。 認定IPアドレスは サーバー ページで確認するか、 Application » Access Details » Application Credentialsで確認が可能です。

クラウドウェイズにインストールされている WordPressにドメインを接続する - 認定IPアドレス

たとえば、次のようにwwwと@ホストにAレコードを指定できます。 あるいは、@ホストにAレコードを指定し、wwwにCNAMEを指定することもできます。

クラウドウェイズドメインDNSレコードを設定する

ドメインを接続してドメインDNSレコードを追加した場合は、SSL証明書のインストールが可能です。 ドメインのDNS情報を変更すると、情報の伝播に3〜4時間かかることがあり、場合によっては最大48時間かかることがあります。 Aレコードを指定した場合、通常はXNUMX時間以内に接続されます。

したがって、ドメインDNS情報を設定してから3〜4時間待ってからSSL証明書をインストールしてください。

セキュリティサーバー証明書をインストールすると Application » SSL Certificateに移動します。

クラウドウェイズSSLセキュリティサーバー証明書のインストール

暗号化しよう(無料SSL証明書)を選択し、 Email Address(メールアドレス)にメールアドレスを入力してください。

Domain Name(ドメイン名)に対応するドメイン名を入力して、 Install Certificate(証明書のインストール) ボタンをクリックして証明書のインストールを試みます。 別のドメインを追加したい場合 Add Domain(ドメインの追加)をクリックします。

暗号化しよう 証明書は3ヶ月ごとに更新する必要がありますが、SSL証明書は自動的に更新されるように設定されます。

クラウドウェイズSSL証明書のインストール

クラウドウェイズでPHPバージョンを変更/ PHPサーバー設定を変更する

現在クラウドウェイで WordPress アプリケーションをインストールすると、デフォルトでPHP 7.4バージョンが適用されます。 (今後はデフォルトのPHPバージョンを上方修正するものと思われます。)

Cloudwaysでは(2022年9月現在)、次のPHPバージョンがサポートされています。

  • PHP 7.4
  • PHP 8.0
  • PHP 8.1

PHPバージョンの変更方法は、クラウドウェイズ(Cloudways)PHPのバージョンを変更する方法"を参照してください。

また、メモリサイズ制限(Memory Limit)など一部のPHP ini設定値も管理パネルで変更が可能です。 詳しくは、「海外ホスティングクラウドウェイズサーバー設定値の変更方法」を参照してみてください。

最後に、

以上、海外クラウドホスティングサービスプロバイダー クラウドウェイズから WordPressをインストールしてドメインを接続する方法を見てみました。

訪問者数が急速に増加する大規模サイトを運営する場合、クラウドウェイズを利用すれば訪問者数の増加に柔軟に対応できるはずです。

クラウドウェイズは、コストはAWS、Vultrなどで直接サーバーを作成して運営するのに比べて高価ですが、サーバー管理の負担をある程度少なくできるという利点があります。

ブログを始めると安く始められる Bluehost などのコストパフォーマンスに優れた安価な海外ホスティングを考えてみましょう。 収益型ブログを運営する場合は、WordPress 収益型ブログを作成」を参照してみてください。

参照



コメントを残す

コメント