大きなMySQLデータベースのバックアップファイルをインポートする方法

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

MySQLのバックアップファイルをインポートするとき、phpMyAdminのツールをたくさん使用します。 しかし、phpMyAdminを使用してインポート(Import)することができる、DBファイルのサイズは制限されています。 インポート可能なDBファイルのサイズは、Webホスティング会社ごとに少しずつ違いがあります。

国内のウェブホスティング会社であるカフェ24の場合、2018年の終わりに、セキュリティ上の理由からphpMyAdminサービスを終了しました。 必要に応じてphpMyAdminツールをインストールしてDBにアクセスすることができます。 (どのような理由なのか分からないカフェ24で提示する方法に応じて、インストールファイルをアップロードした後、phpMyAdminツールにアクセスしようとしたら、白い画面だけが表示さね)カフェ24では、phpMyAdminサービスを終了する前にDBを21MBサイズまでインポートが可能しました。

海外のウェブホスティング会社である ブルーホスト(Bluehost)の場合は、共有ホスティングアカウントを見てみると512MBまでアップロードが可能で、このブログが利用されているVPSの場合105MBまでアップロード可能なことが示さね。

海外のWebホスティングブルーホスト Bluehost phpMyAdminデータベースのインポート

しかし、実際には、このサイズまでアップロードが可能かどうか分かりません。 おそらく途中で タイムアウト(Timeout)エラーが発生して、アップロードに失敗することがあるでしょう。

DBファイルが大きすぎてphpMyAdminを介してアップロードすることが難しい場合は、次のような方法でインポートが可能です。

ウェブホスティング会社に依頼

まず、考えてみることができるように、Webホスティング会社に依頼することです。 ほとんどのウェブホスティング会社では、これらの顧客の要求に応じてくれることです。

しかし、この方法を利用する場合は、Webホスティング会社からの要求を処理するために少し時間がかかる場合があります。 そしてDBインポート後DBが正常にインポートされたことを確認することが重要です。 数年前に大規模なデータベースファイルをFTPでアップロードした後、Webホスティング会社に連絡して、DBインポートを要求したが、担当者がインポートした後に見てみるとDBが一部しかインポートされ堪え難い経験をしたことがあります。

SSH経由でDBインポート

利用しているWebホスティングで SSH接続を許可する場合は、この方法を利用すれば、迅速かつ確実に、DBファイルをインポートすることができます.

次のコマンドを使用してMySQLデータベースファイルをインポートすることができます。

mysql -p -u user_name database_name < file.sql 

user_name、database_name、file.sqlはDBユーザー名、DB名は、実際のDBファイル名に置き換えてください。

データベースをエクスポート(Export)したい場合は、次のコマンドを使用することができます。

mysqldump -p -u user_name database_name > dbname.sql

同様にuser_name、database_name、dbname.sqlはDBユーザー名、DB名、実際のDBファイル名に変更してください。

DBファイルを分割する

SSH接続が許可されていない場合、DBファイルを小さなファイルに分割することを考慮してみることができます。 Googleを検索してみると、DBファイルを分割するツールを見つけることができます。

MySQLデータベースファイルの分割プログラム

たとえば、SQL DUMP SPLITTRというウィンドウのMySQL&PostgreSQL Dump Splitterツールを使用してみることができます。 このツールは、無インストーラで別々のインストールプロセスなしにすぐに実行が可能です。

  • https://sqldumpsplitter.net/

このプログラムに分割したDBが正しくインポートされない場合、Googleを検索して、他のツールを探して試してみてください。

手動でのワードプレスのサイト前に

複写機 同じプラグインを使用すると、簡単にワードプレスのサイトを移転することができます。

しかし、DBファイルが大きすぎるか、サーバー環境に応じて、プラグインを使用したワードプレスのサイトの移行操作が失敗することがあります。 そのような場合、手動で、以前の作業をする必要があります。 手動で移行するプロセスは、以下の画像を参考にしてみてください。 DBが大きすぎる場合は、まず上記の方法に基づいてDBを小さなファイルに分けた後、前のプロセスを開始します。

サイトを手動で移転した後、URL(例えば、画像のURLなど)を変更する場合は、次の記事で紹介するプラグインを使用して一括してURLを変更することができます。

注:



コメントを残す