ChromeでERR_CONNECTION_RESETエラーを解決する

4

昨日した海外ウェブホスティングサーバーに WordPressをインストールして人気 Newspaper/マガジンテーマである Newspaperをインストールするためにテーマファイルをアップロードしたら、多少不慣れな "ERR_CONNECTION_RESET"というエラーが発生しました。

最初は、このエラーは、WebホスティングサーバーのPHPの設定が低くそうしていくつかの設定を確認して、もう一度試してみると、同じエラーが発生しますね。

Google検索をしてみるとErr_Connection_Refused、Err_Name_Not_Resolved、Err_SSL_Protocol_Error、Your Connection Is Not PrivateなどのエラーがChromeで発生することがあることを知りました。 私は "How to fix err connection reset google chrome ERR_CONNECTION_RESET Steps to repair chrome solved」という下のYouTubeのビデオを見てそのまま真似したら、問題が解決されました。

方法は非常に簡単です。 まず、Windowsの左下にあるウィンドウのアイコンをクリックして、cmdで検索した後、cmd.exeにマウスを当て右ボタンをクリックして「管理者として実行」をクリックします。

管理者権限でcmdを実行

コマンドプロンプト画面が表示されたら、次のように入力して、エンターを押します。

NETSH WINSOCK RESET

今、Windowsを再起動すると、「ERR_CONNECTION_RESET "エラーが発生しません。

ちなみにホスティング語を学ぶために海外レビューサイトにアクセスして、そのレビューサイトで相談をしてくれる人との会話をしばらく分けました。 Hostingerがどんなところなのかと聞いてみるとユーザーレビューがあまりなくてよく分からないとですね。

ホスティング語の商品を見てみると、コストが比較的低いですね。 そして一ヶ月間無料で使用も可能な商品もあるようです。 (ぜひ、韓国のダトホム感が...)一ヶ月間無料で使ってみたい方は、 ホスティング語に加入して体験してみても悪くはないようです。 しかし、利用するためには、最終的にドメインを申請する必要があります。

ちなみにダトホムの場合は、ドメインのみダトホムで登録すると、無制限の無料ホスティングを提供していますが、無料ホスティングというのが仕様が制限されたものであり、いくつかの問題が発生します。 だから相談をしてみると、高価な有料ホスティングを勧めることになります。

ホスティング語の場合、有料の商品が手頃な価格の方だが、最初にどこに登録するかどうかを慎重に判断することが重要なようです。 (一度登録すると、以前には、容易ではないことがあります。)

ちなみに個人的には、 Cafe24, Bluehost、iPageなどを使用しています。 Bluehostの場合、韓国でも比較的よく知られていますが、低コスト(共有ホスティング)は、やや不安定になることができますので、あまりお勧めしません。 個人的には Bluehost VPSプランを利用しているために、それなりに安定しているようだ(現在のブログが Bluehost VPSで運営されています)。 低コストを必要に応じて Ipageをも大丈夫そうです。
歌声雨優れ海外ホスティング

メモ:

*いくつかの文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。この投稿はGTranslateを使用して翻訳されています。

関連記事

コメント4件
  1. サナ

    要求されたタスクを実行するには、特権の昇格(管理者権限で実行)が必要です。 というフレーズが浮かぶ〓〓はどうすればいい

    1. Word

      おそらく管理者権限で実行すると、このような問題が表示されないようです。

      管理者権限で実行

  2. ㅑイェーイ!

    本当にありがとうございます!!!!!!!!!!!!!!

    1. Word

      ブログを訪問していただきありがとうございます^^