ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Cafe24から WordPress サイトの速度が遅い場合

Last Updated:2022年3月20日| 5のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

はじめ

最近、クライアントのサイトに特定の機能を追加する作業をしたことがありました。 ところが、そのサイトはレボリューションスライドをはじめ、多くの映像で構成されており、サイトの速度が遅すぎました。 使用している Cafe24 商品は14Gハード容量無制限のトラフィック従量制(ウェブ500G /月には、ストリーミング10G /日、CDN 10G /日)で構成された「10Gジャイアントプラス」でした。

PHP 7.0に変更した後の速度の改善

WP Rocketというキャッシュのプラグインを適用したが、サイトの読み込み速度があまりに遅く使用が難しいほどでした(正確に覚えてないのに15秒前後だったようです)。 クライアントは、他の国内のウェブホスティング会社や Bluehost, SiteGround などの海外のウェブホスティング会社に移すかどうか悩んでPHPのバージョンをPHP7にアップグレードすることを決めました。 Cafe24では、PHP 7に変えることができる変更のオプションを提供しています。

参考までに WPロケットは有料キャッシュプラグインとしてW3 TotalやWP Super Cacheなどの無料のプラグインより良い効果を得ることができます。 しかし、Webホスティングが良くない場合には、期待した速度の向上効果が得られないことがあります。

Cafe24データ/ DBを7日前まで復元が可能なので問題になっても、簡単に戻すことができます。 (この復元機能は非常に便利ですが、データが一定の大きさ以上の大きくなる復元機能が正しく動作しません。)ので、PHP 5.5からPHP 7.0に変更した結果は、速度が大幅に速くなったことを確認することができました。 変更直後に読み込み速度が 5.93秒が出てきて、まだ不満ながら、最初よりもはるかに速くなりました。 サイト自体が最適化がないされて速度が出ていない。 後に 不要なプラグインを削除するなどの措置を踏んでだけテストをしてみると読み込み速度が 4.52秒1秒より向上なりましたね。 アップデート:今日も確認してみるの速度が 8.33秒で、以前のレベルに戻りましたね。 これサイトの最適化の問題なのかPHP 7を適用する場合、最初は速くなったが再び以前の状態に戻ってそうなのかはよく分かりません。

話題になっているPHP 7を適用してみると(ケースごとに異なることがあるだろうが)サイトの速度に肯定的な影響を及ぼしていることを確認することができました。 テーマ自体があまりにも最適化がでてPHP 7を適用した後でも、遅いのは残念でした。 (複数のサイトで、このようなテストをしてみると、どの程度の速度向上が行われるかどうかについての統計が出てくるようです。)

テストに使用されたサイトに  WP Rocketプラグインこれがインストールされていますが、このプラグインを別のキャッシュプラグインに置き換えると、1秒ほど遅くなりました。 個人のブログは、1秒差があれば星のものではないかもしれませんが、会社サイトの場合、1-2秒差が大きな差を作るようです。 ちなみにWP Rocketが素晴らしいキャッシュプラグインですが、Nginxではちょっとした問題があるそうですね。 この記事を参考にしてください。

メモ: テストに使用されたテーマは、 Ronnebyというテーマで、 スライダー革命が含まれており、 視覚的な作曲家が使用されました。 フロントページがワンページで構成されていました。 ワンページはローディングに長い時間がかかり、SEOの最適化にも困難があるそうです(参考)。


Cafe24からPHP 7.0に変更する

次のような過程を経て Cafe24からPHP 7にPHPのバージョンを変更することができます。 続行する前に、まずデータとDBをバックアップを受けるようにします。 予期しない問題が発生することがありますので、PHPのバージョンを変更する前に、慎重に判断してください。

  1. Cafe24にログインした後に "私のサービスの管理"をクリックします。
  2. 左から「変更申請"を選択します。Cafe 24 Request
  3. PHPのバージョンに変更から PHP 7.0を選択します。
    Change to PHP 7.0 in Cafe24
  4. データとDB、電子メールなどはすべて削除されると、回復不可能なので、重要なデータは、バックアップ後に申請するように案内が表示されます。 そして 「保有ドメイン」を再接続必要があります。 データとDBのバックアップを作成した後に "変更"をクリックします。
    Cafe24 PHP 7 upgrade confirmation
  5. "既存のアカウントのデータと DB、電子メールなどはすべて削除されると、回復は不可能です」という警告がポップアップウィンドウに表示されます。 "」をクリックすると、PHP 7.0への変更が行われます。30分になると表示され、変更が行われている間、サイトにアクセスすると、 禁断のというメッセージが表示されます。禁断の

少し待てばPHP 7.0への変更が完了します。 は、phpinfo()を介して見てみると次のようにPHPのバージョンが変更されたことを確認することができます。

Changed to PHP version 7.0.0p1

PHPのバージョンが7.0.0p1に表示されます。 変更が完了した後は、バックアップされたデータとDBを使用して復元して、ドメインも再接続するようにします。 ちなみにPHP 7.0で WordPressを回す場合、予期せぬ問題が発生する可能性があります。 この場合には、再度変更申請を介して、以前のバージョンのPHPに戻すとなりそうです。

※2018年12月27日追加:現在 WordPress 推奨PHPのバージョンは7.2です。 そして、最近リリースされた WordPress 5は、PHP 7.3がサポートされます。 海外ホスティングの一つである SiteGroundからPHP 7.3を利用することができます。



5のコメント

コメント

  1. Cafe24でPHP 7を適用してみると、.htaccessファイルに問題がありますね。 第アカウントのみそうなのか分からない.htaccessファイルがなくて新たに.htaccessファイルを作成し、コードを入れたら適用されます。 しかし、 WordPressで固有のアドレスを更新したら、.htaccessファイルが消える問題が発生しますね。

    この問題を.htaccessに関する文を作成した海外ブロガーに連絡してみると、本来は必要があり、通常のだとね。

    実際に、現在このブログは運営されている Bluehost(www.thewordcracker.com/go/bluehost/ )でPHP 7.0を適用してみると、.htaccessが正常に動作することを確認できました。

    Cafe24の他のアカウントでもPHP 7に、この問題が発生した場合 Cafe24 担当者にお問い合わせしてみることと思われる。

    応答
  2. ページの読み込み速度の最適化が優先的に適用される部分は、モバイルビューです。 特にショッピングモールのような場合に売上の50%以上がモバイル機器を介して発生するため、携帯電話ベースのでドキュメントが遅くロードであれば、PCビューで読み込み速度が速いと関係なく、売上に大きな打撃を受けます。

    현재 WordPressのテーマは、反応型一辺倒と(市販されているテーマの場合)これが一番大きな問題です。

    市販されている反応型のテーマを使用して成功したショッピングモールを運営している、国内のサイトが単一のものでもないという事実は、示唆するところが大きい。

    応答
    • ラスベガスで熱心に家族と楽しい時間を過ごしておられる時間だそうコメントを載せてましたね(笑)

      無料キャッシュプラグインの場合、デスクトップにのみ適用されますが、有料のキャッシュプラグインを見ると、モバイルキャッシュをサポートする出ているのがありますね。
      http://www.wpfastestcache.com/

      WP Rocketや、このようなプラグインを使用すると、それさえも少し速度が良くなるでしょうか?

      応答
      • 場合によって速度が多く速くすることができます。 特に文書にphpコードが多く含まれているほどそうです。

        だからcacheプラグインの使用よりも根本的な解決策は、ドキュメントを簡単にpublishしてくれることができるテーマ制作/使用です。 (笑)

      • 今日ガビ・運営しているサイトが速度が遅すぎると Bluehost VPSでテストしてくれることができるかを要求受け、テストを行いました。
        ガビ・では、キャッシュプラグインもよくインストールがないされて(おそらく.htaccessファイルを上書きしないように権限を設定か表示します。要求する権限を解くこともだが...)JetPackを回しからサイトがほとんどダウンレベルになってて正しく使用できずあったとします。 テーマが重くそうしたが、 Bluehostテストだから読み込み速度が2.5招待(キャッシュインストール時に1秒内外)が出ますね。 (ガビ・ではほとんど8秒で10秒出てきたんですよ。)

        これを見るとテーマも重要だが、サーバーをどのサーバーを使用するが、本当に重要なことです。

        追加:テーマを見てみると何のフレームワーク(ZOOM Framework ???)を使用しますね。 おそらくガビ・サーバーが、そのフレームワークを適切に対処していモトヘトジないかと考えますね。