チャットGPTを開発したOpenAI、破産の可能性を提起

チャットGPTを発売し、扇風的な人気を集めているOpenAIが膨大な運営費やユーザーベースの減少などの悪材のため、来年末に破産する可能性があるという懸念が出ています。

アナリティクスインディアマガジン(アナリティクスインディアマガジン)は去る10日付の記事で「オープンAIが2024年末に破産するかもしれない」という展望を出した。 世界的なセンセーションを起こしたOpenAIに何が起きているのでしょうか?

チャットGPTを開発したOpenAI、破産の可能性を提起

チャットGPTを使用していますか? 私はChatGPTの有料版であるChatGPT Plusが韓国にリリースされるとすぐにサインアップして使用しています。

チャットGPTの無料版も十分便利なようです。 このため、あえて有料版に加入するユーザーが大きく増えないのではないかと思います。

チャットGPTを運営しているOpenAIは、様々な否定的な見通しのため未来が不透明に見えます。

アナリティクス・インディアマガジンでは、次の理由で来年末破産の可能性について言及していますね。

  1. オープンAIは自社の主要AIサービスであるチャットGPT運営に一日約70万ドル(原画で約9億4000万ウォン)の莫大な費用を支出しているが、これに相当する売上を達成できず、赤字の沼に陥っています。 。
  2. 顕著なユーザーベースの減少
  3. 人工知能(AI)リスクと政府の倫理に関する規制の動き
  4. 最近目立っている高い従業員減少率

OpenAIは、GPT-3.5、GPT-4などの最新バージョンのGPTを売上に接続しようとしましたが、ほとんど成功していません。

無料版も十分に素晴らしいので、有料版へのコンバージョン率が満足できないようです。 個人的には、トライアル期間中にテストすることを許可し、トライアル期間が過ぎたら有料版を使用するように誘導することも一つの方法ではないかと考えられます。

第二に言及されたユーザーベースの減少は、一部の企業では、従業員がチャットGPTの使用を制限することが原因と分析されているようです。

チャットGPTを開発したOpenAI、破産の可能性を提起
OpenAIユーザーが急激に減少しています。 (出典:アナリティクスインディアマガジン)

グラフを見ると、2023年5月に頂点をとり、6月から減少傾向に戻りました。 6月にユーザーベース(API使用を除く)が1億7,000万人に減少すると、学生の休暇のためユーザーが減ったという主張がありましたが、7末には前月比12%減少した1億5,000万人を記録したことが分かりました。

AI市場の競争がさらに激しくなり、オープンAIの損失は時間が経つにつれて雪だるまのように増え、ユーザーは減少し、訴訟が増えるなど悪材がOpenAIの未来を暗くしているようです。

最後に、

チャットGPTの登場により、AI時代が本格的に始まったといえます。 しかし、OpenAIがチャットGPTサービスを適切な収益に結びつけず、ユーザーが減るなど悪材のために大規模な投資を再度受け取らなければ、未来が不透明な状況に直面したようです。

個人的にはチャットGPTをうまく活用すれば(有料版の場合)十分な値引きをするようです。 一方ではチャットGPTのようなサービスを利用すると、より多くのエネルギーを消費しながら地球温暖化にも悪影響を及ぼすとは思えません。 (実はそう考えると、エアコン、冷蔵庫、コンピュータ、インターネットなどをすべて使用してはいけませんが、それでは現代社会で生活自体ができないようです。)

参考としてChat GPT有料版を使用する場合、個人には追加税(VAT)が課金されます。 付加税免除を受けたい場合は、事業者登録証など必要な文書を提供すれば免除を受けることができるそうです。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

4のコメント

  1. 今ブログ翻訳するとき非常によく書いている方なので、どうしてもめちゃくちゃ欲しいですね。 それでも長い間運営してください。

    番外でチャットGPT有料版は私も考えはしましたが、主にどんな時に使用しますか?

    1. 無料版で翻訳要請をしたり、校正要請をしたりすると、たまに物議を醸す分野(宗教など)に対して翻訳・校正要請を拒否することもあります。 しかし、有料版ではそのような現象なしに内容に関係なく翻訳をしてくれるようです。

      私はJavaScriptコードの改善にもよく使われる方です。 JavaScriptはずっと前に少し勉強したことがありますが、きちんと学んだことはなく、グーグルして貼り付けて利用したり、少し修正して応用する程度でした。 チャットGPTを使用すると、私が望む機能のコードを作成するのに役立ちます。 もちろん、エラーが時々あり、コードが正しく動作しない場合もありますが、方向をつかむのに役立つようです。

      1. チャットGPTでコードを作ると言われましたが(何か簡単なサイトも作ってくれると...)どのようにすればいいのか分からないんですよㅎㅎ

      2. コーディングは分かるほど活用ができるようです。 コーディングについてたくさん知ればそれに合わせて活用でき、コーディングについて知らないと活用が容易ではないでしょう。
        チャットGPTが提示するコードにエラーがある可能性があります。

        コーディングについてよくわからない場合は、チャットGPTをコーディングを学ぶ目的にも活用できます。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます