ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

全世界的な恐慌が来るという憂鬱な展望が提起されていますね

Last Updated:2022年3月20日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

世界経済危機

世界経済学者が最近、世界的に吹いている保護貿易主義と孤立主義風に懸念の声を上げながら、各国のさらう保護貿易主義が1930年代の世界を大恐慌の沼に追いやった米国「スムート - ホーリー関税法(Smoot- Hawley Tariff Bill)*」の悪夢を浮かび上がらせているとの指摘も出ていますね。

特に、米国の大統領選候補が保護主義の声を高めており、特にトランプは、既存締結された貿易協定に覆すという主張まで公然としているのが実情です。

そして株式をする方なら、以下の文も注目されるが、することがあります。

  • 全世界的なパニックが来ている

私は株式を全くしていません。 IMF事態以後に株式熱風が吹いて株式に金持ちになった人も多かったでした。 第周りにも知っている方が株式に金持ちになって、脂肪を維持音まで聞い最終的に戻ったカモクね。

当時信頼できる情報としながらどこどこの会社に投資する株式が多く上がるという話を聞いて、生前の最初と最後に株式をしたことがあります。 最初は少し上昇したが、少し過ぎから落ちたのです。 続きを損なうが、後で少し反発したとき損をして販売した。 その時感じたのは、「株式市場は、誰でもすることがないんだな」ということです。 在庫が上がれば気分が良いが落ちる感じがあまり好きではないなって...とにかく私とは合わなくて、株式は一切触れていない。


スムート - ホーリー関税(Smoot-Hawley Tariff Act;スムート - ハーレー関税法) - 米国が自国の不況を打開するために、1930年に制定した関税法では、関税法の制定後、世界恐慌が拡大した。 1929年10月24日のニューヨーク株式市場大暴落に端を発した不況に世界各国の生産は激減して失業は急増した。 このように内需基盤が崩壊すると、米国や欧州の企業は輸入規制に目をドルリョトゴ、各国業界と議会は輸入制限のために高い関税を結ぶように政府に圧力をかけた。 これらの最初の措置として、米国では、スムートとホーリー議員が主導して「スムート - ホーリー関税法」を制定、関税率を大幅に引き上げになる。 米国のこのような措置に刺激された英国とフランスなどの欧州諸国も続々競争的に輸入関税を高めた。 1930年に可決されたスムート - ホーリー関税法は、関税率を100年以内に最高値の59%に引き上げて、世界中の保護貿易主義の連鎖効果を起こし、1929~1932年の国際貿易が63%も減少することになった。



コメントを残す

コメント