自由に利用できる無料の画像をダウンロードする - Wikimedia Commons - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

自由に利用できる無料の画像をダウンロードする - Wikimedia Commons

Last Updated:2021年8月30日| 4のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

最近では、著作権の心配なく使用することができる無料の画像をダウンロードすることができる場所が以前に比べて非常に多くなったようです。 しかし、通常の利用ところだけ利用するようになるようです。

自由に利用できる無料の画像をダウンロードする - Wikimedia Commons

私は通常、 Pixabay(ピクサーベイ)を利用しているが、現在109万枚を超える画像が提供されています。 Pixabayは特に "クリエイティブ・コモンズCC0で公開されます。 商業目的のためにも許可を要求したり、芸術家に信用を与えることなく、安全に使用することができる」と明示されているので、著作権心配せずに自由に使用が可能です。

無料画像ダウンロードサイトPixabayピクサーベイ

Pixabayの画像を検索してみる シャッターストック 画像が上に露出されるが、Shutterstock画像が関連性や品質の面で適切な画像を提示することです。 しかし、ブログにあえて有料画像を使用する必要まではないので、図にトクイルだけでしょう。(笑)

Unsplash, ピクセルもたまに利用しているが、頻繁に利用はしないようになりますね。

意外 Wikimedia Commonsサイトでまともな画像を探す場合が多いです。 Wikimedia Commonsには自由に使える4,100万を超えるメディアファイルがあります。

しかし、注意すべき点は、すべてのメディアファイルが条件なし再利用可能なのはありません。 一部のファイルは、原著作者の名前を表示しなければならなどの制限が従うことができます。

オープンコンテンツのライセンスにされたコンテンツは、著作権者とは別の連絡なしに利用することができます。 しかし、いくつかのライセンスは原著作者の名前を表示するように要求します、そして、

- どのようなライセンスは、資料を活用する際(ライセンス条項について明らかにしたり、リンクすることにより、)特定のライセンスが明確に表示されることを要求します、そして
- どのようなライセンスは、あなたが著作物を変更すると、あなたの修正内容が同一に自由に利用許諾されることを要求します。

パブリックドメイン下にあるコンテンツは、コンテンツを活用するところの管轄の法律に基づいて帰属に関する厳格な規定がない場合があります。 ただしソースを明確に明らかにするために、著作者を表示することをお勧めします。

出典:Wikimedia Commons

Wikimedia Commonsメディアを利用する際に、通常のソースのみ投自由使用が可能ですが、特定の制限が課された画像もありますので、ライセンスを確認した後に使用することが望ましいことがそうです。

自由に利用できる無料の画像をダウンロードする -  Wikimedia Commons
By Tarawneh(Own work)[CC BY-SA 3.0(http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)]、via Wikimedia Commons

CCLを適用する方法は、 CCKoreaサイトを参照してみることができます。

個人的には、有名な絵画やギリシャ/ローマ神話の中のシーンは、聖書の中のシーンなどの画像を検索するときWikimedia Commonsが有用と思われる。

メモ:



4のコメント

コメント

    • Believe it or not、about 99%of all Creative Commons CC-BY licensed images are not attributed correctly、which is why we decided to have all contents here on Pixabay released under CC0。 With CC0、no copyrights apply and the contents may be used freely without giving credits or asking for permission。 This makes our images safe to use for virtually any application。 In contrast to that、the majority of "free" images out there are released under a Creative Commons attribution license、which do require proper credits when using or sharing that image。

      どのようなクレジットや許可も必要とせず、自由に適用が可能なCC0が適用されます。 CC0下でソースを表示する義務がないですね。

      応答