今年10月からHTTP経由でフォームを入力する場合、Googleからの警告を表示する予定

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

2014年にGoogleがSSLを使用しているウェブサイトの検索ランキングでアドバンテージを与えると発表するなど、Googleは、SSL証明書の適用を促進する積極的な歩みをしてきました。

最近では、SSLを使用しているサイトに補償をしてくれるポリシーでSSLを使用していないウェブサイトに不利益を与える方針に変わりそうです。

セキュリティ企業 Sucuriで、最近公開された "Google Warnings For Form Input Over HTTP Coming in October"で、このような内容を扱っています。

[この記事は、2017年9月に作成され、2020年6月24日に最終更新されました]

今年10月からHTTP経由でフォームを入力する場合、Googleからの警告を表示する予定

この記事を作成した後、多くの変化がありました。 カフェ24など国内のウェブホスティング会社は、SSL証明書を有料で販売しているが ブルーホスト、サイトグラウンド など海外のホスティングでは、無料でSSL証明書を提供しています。 寀ーなどでもSSL証明書を適用しており、セキュリティサーバーを介してロードされるサイトは、以前よりも大きく増加したことがあります。 また、Googleで上位ページに検索されている多くの文章がHttpsにロードされています。

今一ヶ月後にクロムバージョン62がリリースされる予定だが、種類を問わず、テキスト入力欄があるウェブサイトで、「安全でない(Not Secure)」という警告がアドレスバーに表示されないようにするには、SSL証明書が必要であるとします。

テキスト入力には、コンタクトフォームだけでなく、検索フォーム、ログインパネルなども含まれているようです。

このブログの場合Let's Encryptを適用したが正常に適用されていないことのサイトが遅くなり削除されました。 Bluehost 共有ホスティングでは、無料でLet's Encrypt SSL証明書を提供していますが、 Bluehost VPSはありません。 おそらく有料SSL証明書を販売するためのヒントやトリックです。

今日も確認してみる Bluehost VPSでも無料のSSL証明書を発行してくれますね。 しばらく前に有料のSSL証明書を購入したがキャンセルした...笑

ブルーホストのSSL証明書

Sitegroundは私a2ホスティングなどの海外ホスティングも無料でLet's Encrypt SSL証明書を提供しています。

カフェ24の場合は、標準のポート443を提供していなくて不便が多かったが今カフェ24で販売する有料のセキュリティサーバー(SSL)証明書を購入すると、標準のポートが提供されているようです。

カフェ24セキュリティサーバSSL証明書販売

外部証明書を追加する場合にも、標準のポートが適用されるかについては、カフェ24に確認する必要があります。

Firefoxの統計によると、現在、ほぼ60%程度のWebページが安全なサーバーを介してロードされているそうです。 今後GoogleがSSLを適用していないサイトに不利益を与える方針に旋回する場合、これらの数字はさらに増加すると予想されます。

SSLセキュアサーバシェア
FireFoxの統計

参考



11のコメント

  1. こんにちは。 昨日ワード様文よりは質問があって、今日入ってきた不思議な巨大発見しました。(私コムマンカントしれませんが別にどこスルゴトがなく、この文が関連記事なので、まずここに残します。笑)元のエクスプローラで、クロム、ページを起動した時は異なる見えるのがそうです。 極端に通常書く今httpsからか動作がよくないされているが、新しい21日文が見えて読んたい。押されがない。 だからクロームで入ったらクロムの上部の日付は9月5日見せ21日文は見えません。笑質問をしようとしたのは、必ずhttpsに変更すべきかですが。私たちは、フォームの入力私がオプギドが安全に見えないのはまた、別のか?と思うもして、仮想サーバーを使っていることだし、証明書を別途購入してインストールする必要がする私には容易ではない分野でもあり、ふ

    応答
    • こんにちは?

      キャッシュを一度削除してみていただけますか?

      今このブログがキャッシュの問題のために、最新の記事が見えない方がいらっしゃってた。
      以前に訪れたことがある場合は、おそらくキャッシュのためにいくつかの問題があるようです。

      他の方のブログでもHttpでhttpsに変わった後、しばらくの間、証明書の問題のために、サイトにアクセスできなかったことがあるが、おそらくそのようなものと同様の問題がないかと考えたりもしますね。

      応答
      • ああ言ったように、キャッシュを削除したところ、Chromeで適切に見えますねㅠ。ㅠありがとうございます。 よりhttpsに変更するのが怖いました私たちの元のページでもフォームのページのみかけたが...うーん..悩みがね。

      • 、SSLが大勢いるようです。

        ブラウザのキャッシュのため若干の問題が発生する可能性が、時間が経てば解決されています。

        新しい訪問者には全く影響がないことです。

  2. 最近SSLのおかげでwarning or krが力を書き残しのですふふふ
    ISPからパケット単位でブロックすることもできるという国がマムマン食べれば、中国のようにすることもできそうだが、まだそこまではしなくて言うのは少し疑問でもあっています。 笑

    応答
    • SSLを適用したサイトが60%近くなることは少し驚きました。

      3年前か、GoogleでSSLを適用すると、Googleのランキングでアドバンテージを与えるとしたときStartCom証明書を無料で発行してインストールしたが、削除したことがあります。

      後で知ってStartComがイスラエル企業であるが、中国企業(ウォーサイン)に密かに買収されたが、今では、証明書の業界で退出位置に置かれていると、しばらく前の記事が生まれたのです。 正常な企業も中国企業に買収されると、おかしくなることがあります。

      応答
  3. 私もホストで提供される無料のSSLを使用しています。 某ちょっと遅くとはいえ、それでも前そのままポデにインストールしましたㅠㅠㅋ

    応答
      • ああいいえSSLを通せば遅くなるとした言葉がでした^^無料と有料の違いはないだろ思う

      • Bluehost 従業員にこの問題を連絡したことがあります。 以前にLet's Encryptを無理にインストールしたサイトの速度がたくさん鈍化んですよ。

        Bluehost スタッフが言うことは、SSL証明書を正しく適用すると、速度がそれほど遅くなるそうです。

        正しく適用すると、速度が少し遅くなるかもしれないが大きく低下しませんです。