アマゾンAWS無料使用範囲無料制限超過により料金が発生する場合の対応方法

2

アマゾンAWSに登録すると、AWS無料使用範囲が自動的に有効にされ、1年の間持続します。 AWS無料使用範囲が有効になっている間に、複数のAWSサービスを無料で使用を試みることができる機会があります。

しかし、すべてのAWSサービスがAWS無料使用範囲の適用を受けることはありませんので注意する必要があります。 そしてAWS無料使用範囲は、登録後12ヶ月後に終了される製品があり、終了していない製品が含まれています。 詳細については、Amazonのドキュメント "AWS無料使用範囲とは何であり、どのように使うのですか?」を参照してみてください。

有料の商品を誤って構成して使用するか、12月終了後適切インスタンスを終了していなくて料金を請求される場合がたびたび発生します。 またはEC2インスタンスのフリー層制限(free tier limits of EC2 instances)を超過しては料金がかかりもあります。

料金がかかりたら、まずアマゾンの状況を説明して払い戻しを要求すると、払い戻しをしてくれる場合があります。

From the case notes、I understand that you exceeded the free tier limits of EC2 instances for the past month of September and thus you would like to get a refund for the generated charge。

Please do not worry about this anymore、I am here to definitely resolve this for you!

At this moment I have good news for you、and it is that I have processed a billing adjustment for the invoice in question and it should be refunded back to you with the next 3 - 5 business days、this as a one-time exception。
//ソース: Naver 知識iN

上記の文は、どのような方がEC2インスタンスフリー層の制限超過したため料金が課されてアマゾンサポートセンターに連絡して、受信した返信の一部です。

ユーザーの不注意により、料金が課された場合、 1回に限り、例外的に 払い戻しをしてくれているようです。 しかし、今後に再び超えると、そのときには、コストを支払わなければならないとします。

したがって AWS無料使用範囲を使用している過程で、誤って料金がかかりたら、まずサポートセンターに連絡して状況を説明して払い戻しをしてくれることができるかお問い合わせといいようです。

安価にAWSを利用してみたい場合AWS Lightsailを考慮することができます。 過去8月に料金が引き下げされ、最低月に3.5ドルから利用できます。

アマゾンライトセール

私はこのブログに海外ホスティングの一つである Bluehost VPSを使用していますよ。 AWSライトセール商品に比べて似たようなリソースに比べコストが2倍程度です。 Linuxサーバの知識があれば、AWSライトセール商品を利用してコストを削減することができます。

Bluehost VPSはcPanelと顧客サポートが提供されるため、問題発生時に支援を要請することができます。 私はLinuxサーバーの知識が制限があるため、料金が少し高くても、現在のサービスを継続利用することです。 サーバーを管理するのに投入する時間と、問題発生時のストレスなどを考慮すると、現在のサービスが私適合するという考えがしますね。 (実際にはサーバーの知識がなくてアマゾンAWSや Vultr のようなサービスを利用している途中の問題により、ストレスを受ける方をしばしば目撃します。 サーバーを構成してテストすることがあれば、私はVultrでサーバーを作成、テストを行った後、サーバーを削除する方法を利用しています。)

メモ:

2のコメント

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください