海外ホスティング SiteGroundで無料Let's EncryptワイルドカードSSL証明書を提供

24

海外ホスティングの一つである SiteGroundで今すぐ無料Let's EncryptワイルドカードSSL証明書を利用することができます。

ワイルドカードSSLは、デフォルトのドメインとすべてのサブドメイン(例:store.domain.com)のトラフィックを暗号化するのに対し、標準のSSLは、単一のドメインにのみインストール可能です。 ワイルドカードSSLは、サブドメインを運営するサイトに特に便利です。

参考までに Bluehost、Sitegroundなど海外ホスティングでは、無料でSSL証明書を提供していますが、国内のホスティングである Cafe24の場合は、セキュリティサーバSSL証明書を有料で提供しています。

Cafe24 セキュリティサーバー証明書

ワイルドカードSSL証明書の場合、年間462,000ウォンで販売されます。

SitegroundでワイルドカードSSL証明書のインストール/アップグレード

新たに追加するドメインに、ワイルドカードSSLをインストールするか、既存のドメインに対してワイルドカードSSLを適用するようにアップグレードすることができます。

cPanelにログインした後、 Security> Let's Encryptをクリックします。

無料ワイルドカードSSL証明書

その後、ドメインのリストと一緒に無料のワイルドカードLet's Encrypt証明書をインストールまたはアップグレードするためのオプションが提供されます。

海外ホスティング SiteGround 無料ワイルドカードSSL証明書をインストール

下の部分に Install new Let's Encrypt Certficate[新規の標準またはワイルドカードSSLをインストールすることができます。

ワイルドカードSSL証明書をインストールするには、 Let's Encrypt SSL Typeから Let's Encrypt Wildcard SSLを選択し、 インストールをクリックします。

※サブドメインのメインドメインのドキュメントフォルダがメインドメインのフォルダと異なる場合は、 "海外ホスティング SiteGroundワイルドカードSSL証明書のインストールの問題」を参考にしてみてください。

既存のドメインにインストールしたSSL証明書をワイルドカードSSL証明書にアップグレードするには、ドメインのリストから "Get Wildcard"をクリックするします。

ワイルドカードSSL証明書

"Get Wildcard」をクリックすると、上記のようなウィンドウが表示されます。 Confirm(確認)をクリックすると、ワイルドカード証明書のインストール手順が開始されます。

前サブドメインがない状態で試してみるとエラーが発生しますね。 もしサブドメインがある状態では、ワイルドカード証明書をインストールする過程でエラーが発生した場合、ライブチャットでお問い合わせ、問題を解決してくれることです。

ワイルドカード証明書のインストールエラー

追加:ワイルドカードSSL証明書のインストールにエラーが発生した場合:

サブドメインのドキュメントルート(フォルダ)がメインドメインのフォルダと異なる場合、WildCard SSLをサブドメインに個別にインストールする必要があります。 cPanel - > SSL / TLS manager - > Manage Sites - > <問題のサブドメイン> - > Autofill - > Installをクリックして、簡単に取り付けが可能です。

When the document root(the folder)of a subdomain is different from the folder of the main domain、the WildCard SSL has to be installed on said subdomain separately。 This is easily done via cPanel - > SSL / TLS manager - > Manage Sites - > <the subdomain in question> - > Autofill - > Install。

SSL証明書をキャンセルしたい場合 アクション 下のドロップダウンメニューをクリックして、 キャンセルをクリックします。

SSL証明書取り消し

HTTPS Settingsをクリックすると、 HTTPS Enforce, External Links Rewrites などのオプションを設定することができます。

無料Let&#39;s Encryptセキュリティサーバー証明書の設定

昨年 Let's Encryptで2018年1月にワイルドカード証明書を提供する予定と発表したことがあるが、今ではLet's Encryptで無料のワイルドカード証明書を提供しているようです。

SiteGroundは速度もいいし、安定なので、個人的に好む。 そして、使用も便利な新機能(PHP 7.2適用され、ワイルドカードSSL証明書など)を迅速に導入しています。

安価にまともな海外ホスティングを利用しようとする場合には、 Bluehost 共有ホスティングもいい選択です。 参考までに このリンクをクリックして、 Bluehostに登録すると1ドルが割引された月に2.95ドルからサービスを利用することができます。 この記事のリンクをクリックして、Webホスティングに加入すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのために、特定のサービスをお勧めしません。 直接サービスを利用してみて感じたことを教えてしようと努力しているのでニーズに合ったサービスを選択してください。

メモ:

24のコメント

  1. 初めて WordPress installするときhttpsでなけれhttpには? httpにし、 WordPress 多カルリミョン、次にlets SSL登録して再httpsで必要ですか? 回答お願いいたします。

    • WordPress インストールする前に、Let's Encrypt SSLをドメインにインストールすることも大丈夫のようです。

      SSLをインストールする前に、もし WordPressをインストールする場合httpに選択する必要が問題が発生しないようです。
      後にアドレス設定からhttpsに変更します。

    • 参考までに、ドメインのネームサーバを SiteGroundに変更した場合、ネームサーバの情報が完全に変更されるまで24時間で48時間程度かかります。
      ホスティングに加入し、新たドメインを登録した場合には、すぐに使用が可能です。

  2. こんにちは。

    ワイルドカードを適用すると、
    サブドメインも別にSSLをインストールしてくれるドゥェヌンゴジョ?

    サイトにいつも助けをたくさんいただきありがとうございます。

    • 私は見てみると、個々のサブドメインに対してLet's Encrypt SSL証明書(おそらくワイルドではないらし)をインストールした状態ですね。

      ワイルドカード証明書をメインドメインにインストールした場合、サブドメインでは、個別にインストールする必要がないこともあります。 まず、サブドメインのインストールせず、テストしてみてください。 よくないと、サブドメインに対してSSLを設置ご覧になり、それでも問題を起こせばライブチャットでサポートを要請試みることができるでしょう。

      • はい、一度は言ってくださったとおり、個別にインストールを進めていない。
        今ホームページを入ってみると、SSLが適用されていないですね。

        ところで、私はサブドメインの基本的な概念はまだつかない何なのかよく分からないが
        C Panelでサブドメインだけを追加して、他の設定のような発信する必要がありますか?

        いつも親切な回答ありがとうございます。

      • こんにちは?

        サブドメインを追加した後cPanel> Let's Encryptでサブドメインに対してSSL証明書をインストールすることができます。

        次に、サブドメインについて WordPressをインストールすると、されています。

      • こんにちは。

        今日も良い一日です。

        おっしゃられたようによく適用した。
        https://로 ロードはよく呼ばれるロックが緑色に点灯しないのに
        問題はないのですか?

      • たとえば、abc.example.comがサイトのアドレスであれば、このサイトにあるabc.example.com URLはすべて https://...で起動するように変えてべきです。 いくつかのURLに http://...があれば緑のロックが表示されず、iシンボルが表示されます。

      • 異常なほど私が間違っててるんだろ。
        正しくなるの一つですね。

        あなたのURLを http://를 https://로 変えてくれるしようとします。
        前回の投稿でジョクウシンプラグインを利用して変更しようとしする

        管理者としてログインしようと見れば、サブ - >メインにログインがされ
        このようにログインなるの正常なんですか?

        正常であれば、 - >ここでどのようにサブドメインのurlを修正することができますか?
        メインは https://로 多設定がされています。

        ひょっと確認する上で、有用とならないわからない
        メイン https://www.mippeunnote.com/
        サブ https://blog.mippeunnote.com/ 입니다。

        WordPressブログを見て開始みるうところなかなか簡単にことがないですね。

        ありがとうございます。

      • もしかしたら、マルチサイトで構成されたんですか?

        テーマオプションでロゴファイルなどのリンクも一度ご確認ください。

      • はありません複数のサイトで構成していない。
        もし可能であればユーロでアドバイスとか受けることができますか?

        基本的な知識がなくてすることは多く大変ですね。回答お待ちしております。

      • こんにちは?

        サービスお問い合わせページからお問い合わせを送ってもらえますか?
        https://www.thewordcracker.com/forum/support-system

        具体的に知りたい内容を記入してください検討後にご連絡をいたします。

  3. siteground gowbigサービスを使用中なのにリミットがかかるようでオプグルを調べてみるとすごく高く策定んですよ。
    最初に起動するときプロモーションに登録するから安くしたことがあった。

    サービスオプグルは部分は全く予想できなかった状況だとふふふ
    真困り果てになりましたよ。

    海外サーバーを選択する際、このような部分も重要なことに気づきました。

    • GrowBig場合月に25000 visits(訪問もしくはセッション)まで処理することができます。
      一日平均800-900セッションまで余裕があるでしょう。
      訪問者が増えれば、実際に良い現象です。(笑)

      私は最初にStartUpを登録したが、現在GrowBigにアップグレードした状態です。 アップグレードしながら、コストが少し上昇したが、それほど大きな負担ではありませんでした。 StartUpとGrowBig間のコスト差がそれほど大きくありません。

      GrowBigとGoGeek間のコスト差がかなりされます。 そしてプロモーション期間時に登録した場合は、その格差がさらに増えると思われる。

      前に、最初に登録したときに1年にしたが、3年にしたら、少し後悔しています。 更新するときには、コストが初めて参加するよりも、もう少し高くなります。 期間が満了すると、 Bluehost( https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/introducing-bluehost/ )に移転するかも考慮中です。

      • はいそうです。 新たに登録するのがより良いだろガトドラグヨ。
        コストは上昇したが、Googleの広告収入は、大きな変化がないですね(笑)

        私も後には3年にしなければならなりません。
        siteground満足します。(笑)

      • Adi Jang様のサイトはアディダスだけを扱っていて、訪問者が制限的なものです。 もっと様々なテーマを扱った場合、訪問者がより増えないかと思われます。

        期間を3年にすればよいが大金が一度に入ってためらわれるのは仕方のないことです。

    • ちなみにGoGeekにアップグレードするよりも、期間がほぼ終了する時点で別のアカウントに新たに加入することが、コストの面でより安価なようです。 (別のアカウントでサインアップするときには、家族の中で一人の名前で登録すると、問題がないでしょう。)

  4. すべてのプランについて無料ワイルドカードSSL証明書を利用できるかどうか SiteGround( https://www.thewordcracker.com/go/siteground )にお問い合わせしてみると次のような回答をくれますね。

    wildcard let's encrypt SSL is available on all plans - except dedicated with root access

    すべてのプランでは、ワイルドカードLet's Encrypt SSLが提供されるとします。 ただし、共有ホスティングでは、rootアクセスは提供されません。

    • こんにちは?

      すでに3月の最後の日ですね????

      利便性と性能、そして信頼性の面で SiteGround( https://www.thewordcracker.com/go/siteground )がまともなようです。

      楽しい週末を。

  5. メールが手に入れた面倒なので適当に見て、広告だと思ったワード様のブログを見ると、インストールするべきだと思い、インストールが完了しました。
    そして気になるだろ一つだけ質問ますよ...
    私の管理するAサイトは、特定のコンピュータでのみ接続ができない場合は、今日発生したんです...
    そのコンピュータから別のサイトには、よく開かAサイトのみアクセスがならなかったのに何の問題である確率が高いでしょうか? Google検索してみると、悪意のあるコードが植えられて、特定のサイトへのアクセス不可である可能性もあるのにもし経験がございましかと思ってお聞きします。

    • こんにちは。

      - セキュリティプラグインでブロック
      - サーバー・レベルで特定のipブロック
      - そのコンピュータの問題
      ...

      さまざまな可能性を念頭に置いて確認見ればいいようです。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください