Bluehost VPSをアップグレードしました

Last Updated:2023年07月31日| , コメントを残す

このブログは8年前から海外WebホスティングのXNUMXつです Bluehostを利用しています。 これまでVPS Standardを利用してきましたが、昨日VPS Enhancedにプランをアップグレードしました。

Bluehost VPSのアップグレード

今月初め、サーバーの過負荷により1時間ほどサイトがダウンしたことがあります。 当時 Bluehostに連絡すると、メモリ不足によるサーバー過負荷の問題があったとお知らせしました。 幸いなことに、サーバーをリブートしていくつかの対策を講じると、サイトは正常化されました。

経験的に、次のような状況でサイトが突然遅くなったりダウンしたりするようです。

  • 訪問者数が増えると
  • 不適切 WordPress プラグインまたはコードによる問題
  • WP Cronジョブなどによる要求数の増加によるCPU過負荷

他にもマルウェアに感染するとサイトが非常に遅くなったり、接続不可能な状態になることもあります。

訪問者数が増えると、サイトの最適化を通じてある程度まで対応が可能です。

誤ったプラグインやコードを追加しても、無限ループに陥ってサイトがクラッシュする可能性があります。 そのような場合は、問題のあるプラグインを削除したりコードを削除したりすると問題が解決します。

クラウドウェイズ 同じ場合、サーバーの障害が発生した場合に問い合わせると、より具体的に何か問題があったことがわかります。

Bluehostは、正確な原因を教えてくれる場合は珍しく、しっかりと言う傾向があるようです。

たとえば、Cloudwaysの担当者は、何らかの問題によってCPUの過負荷が発生したことを知らせながら、ユーザーが実行できるアクションを案内します。 それに反して」Bluehost 担当者はメモリが不足してサイトが遅くなった。 私が措置を取ったので、これはうまくいく」または「専門家に連絡してサイトの最適化をしたり、CDNを利用せよ」このようなものです。

最近、サーバーは少し過負荷状態で動作しているようです。 Bluehost VPS StandardからVPS Enhancedにアップグレードしました。

Bluehost VPSをアップグレードしました

さらに増設したCPU、RAM、ディスクもそのまま維持される風にコストが従来よりXNUMX倍近く増加しました。

これまでのディスク容量不足が懸念され、イメージのアップロードを最小限に抑えていましたが、今はイメージを気軽にアップロードできるようです。

Bluehost ディスク管理ページ
ディスク管理ページ。

ちなみにVPSを利用する場合に画像ファイルがいくらもない状態で、突然ディスク容量が足りなくなる場合は、エラーログサイズを確認してください。

来年の更新時に追加増設されたCPUとRAMは削除することを検討するつもりです。 最高のシナリオは訪問者の数が増え続け続けるのではないかと思われますが、その可能性は大きくないようです。

最後に、

昨年まではVPS Enhancedにアップグレードしたいとしたら Bluehost 担当者は不可能でありながらVPS Enhancedとして新たに加入し、既存の商品(VPS Standard)をキャンセルして払い戻しを受ける方法で案内しました。 この場合、サーバーが変わるため、サイトをすべて移行する必要がある面倒な作業があります。

昨日は期待せずにVPS Enhancedにアップグレードが可能かどうか尋ねてみると、アップグレードが可能だと案内してくれました。 サーバーIPがそのまま残り、デフォルトのディスクサイズが60GBに増加しました。 そして帯域幅(トラフィック)も従来より2倍になったので、当分の間訪問者が増えても問題なくサイト運営が可能になりそうです。

ちなみにライブチャットによるカスタマーサポートは クラウドウェイズが速くてプロフェッショナルだという感じを受けました。 Bluehostの場合、あるエージェントがおそらく複数の顧客と同時に相談を進行するように見えますが、これによりスピードが遅い方で専門性も少し落ちないと思います。 もちろん、サーバーに関する知識が多いエージェントもありますが、そうでないエージェントもいるという印象を受けました。

参照


コメントを残す

コメント