ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Bluehost와 SiteGroundSSL証明書エラーが発生した場合

Last Updated:2021年10月3日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

Bluehost, SiteGround、FastComet、GreenGeeksなど 海外ホスティングでは無料のSSL証明書をインストールするオプションを提供しています。 Bluehost などのSSL証明書エラーが発生した場合、ライブチャットを介して接触すると支援を受けることができます。

Bluehost와 SiteGroundSSL証明書エラーが発生した場合

この記事を作成した後、多くの変化がありました。 今ではほとんどの海外ホスティングでは、cPanel内で簡単にSSL証明書をインストールするオプションを提供しています。

Bluehostでは、ドメイン接続後、一定時間が経過すると、自動的にSSLセキュリティサーバー証明書がインストールされます。

もし BluehostSSL証明書のエラーが発生した場合、1)ドメインのネームサーバを変更してから48時間程度進行していることを確認し、2)ネームサーバを変更した後、48時間以上経過したら、ライブチャットを介して接触すると助けを得ることができます。

ドメインを変更した直後には、ネームサーバの情報が伝達されなくて、SSL証明書がインストールされていません。 1〜2日ほど経つと正常にインストールされます。

SiteGroundは Site Tools> Securityから直接SSL証明書をインストールすることができます。 同様に、ドメインのネームサーバーの変更直後には、セキュリティサーバー証明書がインストールされていないことです。 DNS情報を変更した後、1〜2日程度経過してもエラーが発生すると、ライブチャットで連絡して助けを得ることができます。

参考までに SiteGroundは、韓国をはじめ、ほとんどのアジア諸国での新規顧客を受けていません。 既存の顧客は、継続して使用が可能です。

SiteGroundナ Bluehostからインストールした証明書が正しく更新されていなくてSSL証明書エラーが発生する場合が非常にまれですが表示されることがあります。

SSLセキュリティサーバー証明書の問題

昨日 Bluehostでホストされているドメインで「接続が非公開に設定されていません」というメッセージがクロムに​​表示されて Bluehost ライブチャットで連絡したら相談スタッフが手動でSSL証明書を再インストールしました。 これから証明書が自動的に更新されるか聞いてみるといってね。 (Bluehost 共有ホスティングの5つのドメインを接続して使用しているが、最初のこのような問題に気づいた。)

昨年 SiteGroundに接続されたドメインでも同様の問題が現れてライブチャットで連絡したらエージェントはすぐ解決しました。

メモ:



コメントを残す

コメント