BluehostでPHPのバージョンとPHPの設定値を変更する(新しいcPanelインターフェース)

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

最近 ブルーホストにお問い合わせしてみると、最新バージョンのPHPを提供するための作業をしているという回答をしました。 昨日新たにブルーホストに登録した方のワードプレス前のお手伝いながらPHPのバージョンが7.2に設定されているという事実を知りました。 そして、SSL証明書を個別にインストールしなくても、基本的に適用されていますね。

ブルーホストに登録する場合は、まずPHP環境設定値を変更しヘジュオヤ ワードプレスを運営するために困難がないことです(下の「PHP設定値を変更する」参照)。 そしてPHP 7.2バージョンでエラーが発生した場合、以下の説明に基づいてPHPのバージョンを変更することができます。

参考までに、従来cPanelのユーザーの場合、7.0まで適用可能であったが、今 Bluehost 共有ホスティングとVPSの両方PHP 7.3までサポートします。 既存のcPanelユーザーも、新しいcPanelインターフェースに変更されました。 既存のcPanelのユーザーは "BluehostでPHPのバージョンを変更する」を参照してみてください。

[この記事は2020年4月27日に最終更新されました。 ]

ブルーホストでは、PHPのバージョンを変更する(Bluehost 共有ホスティング)

ブルーホストに登録すると、ワードプレスが自動的にインストールされます。 そしてPHP 7.3が基本適用されています。 PHP 7.3でサイトに問題が発生しない場合、そのまま使用ください。 もしPHPのバージョンのために問題が発生した場合のバージョンのPHPを変更するようにします。

Bluehostにログインした後、左側のパネルで、 高度なをクリックします。 次に、検索ボックスに「php」を入力します。

Bluehost 1 compressor  - ブルーホストでは、PHPのバージョンとPHPの設定値を変更する(新しいcPanelインターフェース)

その後、上記のような画面が表示されます。 MultiPHPマネージャをクリックします。

MultiPHP Manager compressor  - ブルーホストでは、PHPのバージョンとPHPの設定値を変更する(新しいcPanelインターフェース)

ドメインを選択した後 PHP Version(PHPバージョン) 横のドロップダウンメニューをクリックしてPHPのバージョンを選択します。 現在、次のバージョンがサポートされます。

  • PHP 7.0
  • PHP 7.1
  • PHP 7.2
  • PHP 7.3

適用をクリックすると、指定されたPHPのバージョンが適用されます。

PHPの環境設定値を変更する

ブルーホストに登録すると、まずPHP環境設定値を増加させる。 そうでなければ、ワードプレスのテーマやプラグインをインストールするときに、エラーが発生するなどの問題が発生する可能性があります。

ブルーホストにログインした後、左側のパネルで 高度なをクリックし、検索ボックスに「php」を入力します。

bluehost 2 compressor  - ブルーホストでは、PHPのバージョンとPHPの設定値を変更する(新しいcPanelインターフェース)

MultiPHP INI Editor ツールをクリックします。

ブルーホストでは、PHPの環境設定値を変更する

Configure PHP INI basic settings(PHP INI設定の構成) 下のドロップダウンメニューからドメインを選択します。

海外ホスティングブルーホストPHPの設定値

PHPの環境設定値を適切に変更して保存するようにします。 私は上記の図のように設定して使用しています。

上の図のように設定すると、通常、問題がないでしょう。 問題が発生した場合、適切に値を調整するようにします。

上記のように設定値を調整した後、FTPに接続してwp-config.phpファイルを開き、/ * That's all、stop editing! Happy publishing。 * /行のすぐ上に次の行を追加するようにします。 (既にある場合は、値を調整してくれます。)

define('WP_MEMORY_LIMIT', '512M');

ブルーホストでFTP接続方法がわからない場合は、次の映像を参考にして、新しいFTPアカウントを作成することができます。

ブルーのVPSのホストでは、PHPのバージョンを変更する

Bluehost VPSを利用している場合、現在の最新バージョンであるPHP 7.3と7.4を利用することができます。 PHP 7.4を選択することができない場合は、WHMに接続してcPanel&WHMバージョンを最新バージョンにアップデートすると、EasyApache4では、PHP 7.4を選択することができます。

おわりに

PHP 5の寿命満了(EOL)は2019年1月1日であり、PHP 7.0のEOLは2018年12月4です。 したがってPHP 7.1以上を使用することが、セキュリティ上、そしてパフォーマンスが望ましい。 可能な場合は、最新のバージョンを使用することが望ましい。

ブルーホスト 共有ホスティング(Bluehost Shared Hosting)からPHP 7.3まで今サポートするので、当分の間、PHPのバージョンにアップグレード気にせずに使用することができるようになります。 PHP 7.3のセキュリティサポート(Security Support)は、2021年12月6日までであり、PHP 7.2は2020年11月30日、PHP 7.1は2019年12月1日までです。 ちなみに他の海外のホスティングである サイトグラウンド(SiteGround)でもPHP 7.3までサポートします。

現在サポートが提供されているPHPのバージョン

注:



24のコメント

  1. こんにちは。
    今phpを変更するように WordPressで案内が出てきて変更しようとしたがwordニムコたところ、私に出てくるのとちょっと違う質問ハリョグヨ。
    私 Bluehost サイトで高度を押すと、 cPanelサイトに進みましたよ。
    ログインするように出てきてた。 なぜそのようなでしょうか? Bluehost 登録する際に付加的に決済するようにしたものを一つしなかった。 もしかしたらそれは、問題になるのでしょうか? なぜ cPanelのログイン画面に進みか分からないですね。;;

    応答
    • こんにちは、wildflower様。

      コメントを残していただきありがとうございます。

      Bluehost ホームページでログインした後、[Advanced]タブをクリックすると、cPanelが表示されるのは確かだが、ログ画面は出ません。

      このような現象を見たことがあるが、この場合、ライブチャットで連絡して症状を説明すると、問題を解決してくれることです。

      https://avada.tistory.com/771

      場合によっては、cPanelに接続できる一時的なURLを提供することも、ライブチャット一線エージェントは解決できない場合、サーバー管理者(Admin)に問題を渡すことができます。 その後、問題を解決するために少し時間がかかることがありますが、問題を解決してくれることです。

      利用商品は、共有ホスティング商品がですか? もし分からないブラウザを変えても、一度試してみてください。

      応答
      • 教えシンデで他のブラウザを利用してみたところ、すぐになりますね。 ところでftpを設定するようにましたが、それを必ずしなければ作動する良いですか?
        私のラップトップが、MacBookとサイバー徳をインストールしようと見たらアプリが3万ウォンもしましたよ。 これからずっと使うかどうか分からなくて気軽に決済することは。躊躇ね。 必ず設定する必要がありますか?

      • FTPを使用する負担を感じた場合cPanelで提供されているファイルマネージャ(File Manager)ツールを使用することができます。
        うまく活用すれば、効率的にファイル管理が可能になります。

        https://avada.tistory.com/1571

        FTPに必ず接続する必要がない状況では、無料のFTPクライアントを利用することができます。 Mac用ファイルBugzillaのクライアントプログラムもありますので、ダウンロードしてインストールしてください。

        https://filezilla-project.org/download.php?platform=osx

  2. こんにちは!
    上記教えた通りphp versionを変更しようとする次のようなメッセージが出て

    This domain inherits its PHP version "PHP 7.2(ea-php72)" from:System Default

    [適用]ボタンが押さ脂質んㅠㅠ
    こういう時はどうしなければならんでしょう?

    応答
    • おそらく、そのドメインにのみ変更しようとすると、この問題が表示されたようですね。

      メッセージの内容は、「このドメインは、PHPのバージョン「PHP 7.2」をシステムのデフォルト(System Deafult)から継承している」です。

      ドメイン全体のPHPのバージョンを変更し見て、うまくできないと、 Bluehostライブチャットで連絡して、ドメインのPHPのバージョンを7.3に変更してくれ要請してください。

      ライブチャットでサポートリクエストの方法は、次の記事を参照してください。

      https://avada.tistory.com/771

      応答
      • 昨日膜 Bluehost 申請したフラワー不安定だったのか。今日も、ドメインチェックしてみると適用されます〜^^迅速な回答感謝していあたり

      • 問題が発生していないとしたら幸いですね。活気に満ちた一日を過ごす。

  3. こんにちは Bluehost ユーザーです第サイトハングルがすべて壊れます。 11月にエブトこのヒョンガンが現れサービスに問い合わせたところ解決がないドゥェネヨ一度見てもらえますか?
    http://detkr.com/ 입니다。

    応答
    • こんにちは、David Shin様。

      WordPress 사이트ではないですね。 おそらくcharset設定の問題ではないかと考えますね。 現在charsetがeuc-krに設定されています。 charsetをutf-8に設定しても、同じ問題が発生しますか?

      次の記事を参照してみていただけますか?

      https://ofcourse.kr/html-course/%EC%9D%B8%EC%BD%94%EB%94%A9

      最新のIDE(統合開発環境)を使用した場合は、基本的にエンコード方式は、UTF-8に設定されていることです。
      しかし、Windowsオペレーティングシステムは、デフォルトのエンコーディング値にはまだeuc-kr方式を使用するので、このページがUTF-8方式でエンコードされたこと通知します。

      応答
  4. こんにちはだけおささげ人です! 気になること、もう一つ出来ました!

    「ドメインを選択した後PHP Version(PHPバージョン)の横にあるドロップダウンメニューをクリックしてPHPのバージョンを選択します。 現在、次のバージョンがサポートされ、
    私cPANELに行けばPHPのバージョンが「inherit」されている言葉が出てくるよ。 もしかしたら、なぜバージョンをアップグレードし損う知ることができますか?

    応答
    • 説明だけでは正確な状況を把握することができない点ご了承ください。

      現在PHP 7.3に設定されていますか? 次に、そのまま使用すると、なりそうです。

      よくないと、ライブチャットで連絡してPHPのバージョンを7.3に変更くれと変更してくれることです。

      Bluehostでライブチャットの方法は、次の記事を参照してみてください:

      https://avada.tistory.com/771

      応答
  5. こんにちはPHPアップグレードしようとし、この文を見てタラヘみました〜

    「上記のように設定値を調整した後、FTPに接続してwp-config.phpファイルを開き、/ * That's all、stop editing! Happy publishing。 * /行のすぐ上に次の行を追加するようにします。」
    上記フレーズでファイルを開くとハショトヌンデヨ。 私のすべての過程に従うとwp-config.phpをクリックしてみると、ファイルが開かれるのではなく、ファイルがどこかに送信れると表示されます! どのように解決することがいいのか知ることができますか?

    応答
    • こんにちは、心フォーム様。

      FTPに接続した後で、そのファイルを右クリックし、「表示/編集」をクリックしてください(ファイルBugzillaの基準)。

      次の記事を参照しボセヨ:
      https://avada.tistory.com/836

      応答
  6. ftpサーバに接続するのまでは成功したが
    wp-config.phpを見つけをできないつもりの
    検索方法を教えて間違いでしょうか?
    ありがとうございます。

    応答
    • こんにちは、キム・ジョンヒョン様。

      FTPに正しく接続した場合は/ public_htmlフォルダに移動すると、wp-config.phpファイルがあるでしょう。

      https://www.screencast.com/t/QdvrKzfsC2W

      もし他のフォルダに WordPressをインストールしたか、複数のドメインを接続して Bluehostを利用している場合/ public_html /フォルダの下に移動し、そのフォルダを探して再度アクセスしてください。

      FTPを使用したことがない、次の文で基本的な使い方を確認してください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/using-ftp-to-work-with-wordpress/

      応答
  7. 先生ありがとうございました! 解決されてㅜㅜ
    FTPサーバーに上がっている第ホームページのデータ?のようなものですか。 何かも知らずのおかげで解決しました。 警告ウィンドウ消えましたね。 ハングルの唯一の投稿だったがポスティングなかったらオチャトだろうね本当にありがとうございます。

    応答
    • 解決されてよかったですね。

      ご不明な点があれば、いつでも関連記事や何文にコメントをつけていただければわかる範囲でお知らせしようとします。

      楽しい週末と休日送ってください。

      応答
  8. こんにちは〜 WooCommerce プラグインのインストール後、Memory Limitが40MBになっているが128Mに増やすとメッセージが浮かんでは投稿を見つけ来ました。
    上記示された通りにすればなるように見える問題は Bluehost ページのAdvancedをクリックすると、cPanelというサイトに接続され、ログインをするように出ますねㅜㅜ Bluehost IDを入力してみたが、接続されず、グーグルに検索してみるとホームページが出はするここ会員登録を必ずしなければならAdvanced項目を閲覧することができるでしょうか?
    あるいは他の方法で、メモリを増やすことはできないんですよね。私コンピュータ知らずだコーディングやサーバーなどの関連知識がなくて質問が粗末点ご了承お願いいたします。

    応答
    • こんにちは、今ブレス様。

      Bluehost Webホスティング共有ホスティング商品を利用していますか?

      そのような場合 Bluehost 사이트にログインした後Advancedアイテムを使用することができます。

      Bluehostライブチャットで連絡して、この問題を連絡すれば解決してくれるようです。

      https://avada.tistory.com/771

      応答
      • 申し訳ありません、今振り返ってみると、私はそもそも Bluehost サイトにログインしていない状態でアクセスしたところ、cPanelのログインウィンドウがトトドンと思います。
        上知らせてくださったMultiPHP INI Editorに入って来たんです。 memory_limit:256M / post_max_size:260M / upload_max_filesize:256Mなどどこを見ても40MBに設定されたところはないのに、なぜ WooCommerceに警告が浮いたでしょうか? WooCommerceで今40MBになっているので128MBに変更することを警告が表示されます。
        回答ありがとうございます。

      • 上記の文に記載されているように、wp-config.phpファイルに行かを追加してください。

        上記のように設定値を調整した後、FTPに接続してwp-config.phpファイルを開き、/ * That's all、stop editing! Happy publishing。 * /行のすぐ上に次の行を追加するようにします。 (既にある場合は、値を調整してくれます。)

        ( 'WP_MEMORY_LIMIT'、 '512M')を定義します。

        256MBになっている場合はdefine( 'WP_MEMORY_LIMIT'、 '256M'); を追加してください。

      • まず、もう一度回答本当にありがとうございます!

        上に乗せてくれたYouTubeの映像に出てきたようにFTP接続のためにアカウントを作成しんです。 第MacBookのにFilezillaのインストールができなくてCyber​​duckというプログラムで接続を試みたが

        ディレクトリのリストを得てくる失敗しました。 550 Can not change directory to /:Permission denied。 Webホスティングサービスプロバイダに連絡して支援を得る。

        このような警告が浮遊ねㅜㅜserver、username、パスワード正しいことを確認したんです。 インターネット上の検索をみても解決方法を見つけるのは難しいと仮定かかわらず、また、お伺いしました。ありがとうございます!

      • 接続しました!
        FTP accountを既に作成されている他のものを見て入力カット。 新たに加入したアカウントに接続しました。 コメントの修正、削除が別になくて再度コメントを残しますㅜㅜありがとうございます!