初心者のブロガーにとってクラウドウェイズはまともな選択でしょうか?

ここ数ヶ月間、YouTubeの映像を通じてクラウドウェイズに加入している方が増えています。 クラウドウェイズは、直接物理サーバーを運営せずに、代わりにAWS、Vultr、DigitalOcean、Linode、Googleクラウドプラットフォームなどのプロバイダーのサーバーを選択して、サーバーを簡単に管理できるインターフェースとサポートサービスを提供します。

ブロガーにとってクラウドウェイズ(Cloudways)はまともな選択でしょうか?
クラウドウェイズのホームページ。

初心者のブロガーにとってクラウドウェイズはまともな選択でしょうか?

クラウドウェイズは次のユーザーに適しています。

  1. Vultr、Amazon AWSなどのサーバーを使用したいのですが、Linuxサーバーの管理に関する知識がない場合
  2. サーバー管理者なしでVultr、AWSなどのサーバーを運営したい企業や個人。
  3. サイト規模が大きい場合。 クラウドウェイズは、訪問数/トラフィックの増加に応じて柔軟に対応できます。
  4. ショッピングモール、人川サイト、重要な企業サイトなど、速度が重要なサイト。
  5. 複数のサイトをXNUMXつのサーバーで簡単に運営したい場合(収益型ブログを含む)
  6. さまざまなサーバーリージョン(データセンターエリア)を使用したい場合

クラウドウェイズは、次の場合には適していない可能性があります。

  1. 訪問者とトラフィックの少ないブログを運営するとき
  2. 初めてブログを開始して運営するサイト数が1~2個と少ない場合。
  3. 安価なWebホスティングをご希望の場合

初めてブログを始める初心者のブロガーの場合は、クラウドウェイズが適切かどうかを判断すると良いと思います。

クラウドウェイズは、サーバーを簡単に操作できるインターフェースとカスタマーサポート(ライブチャット)を提供します。 大規模なサイトをサーバー管理者なしで運営したい企業や個人に最適です。

訪問者があまりないブログを運営している場合、 FastComet, Bluehostのような安価な共有ホスティングもXNUMXつのオプションとして考慮することができます。 今後訪問者が増加する場合は、クラウドウェイズなどで移転を検討してみることができます。

このブログは、 Bluehostでホスティングする 最近クラウドウェイズに移行しました。 速度が遅くても構わない場合は Bluehostなどの共有ホスティングを選択できます。 Bluehost加速度が遅いと評価されることもあるが、 GeneratePressのような軽いテーマを使用してキャッシュプラグインをインストールして設定すると、速度が大丈夫になることがあります(参照).

WordPress 加入型対。 WordPress 置型

参考までに WordPressは WordPressドットコム(WordPress。com)で購読して使用する購読型とWebホスティング商品を購入する WordPress サイトを運営する設置型があります。

加入型には無料プランと有料プランがあります。 加入型は制約が多い方で、自由にカスタマイズしたい場合には適していません。 サブスクリプション型の場合、ビジネス上のプランではsftp接続が許可され、phpMyAdminツールも提供され、インストール型とほぼ似ていますが、カスタムを多くする必要がある場合には制約がある場合があります。

ティストリーナ Naver ブログのように無料でブログを運営したい場合は、加入型に加入して無料プランを使用することも可能です。 この場合、サイトの住所は 例。wordpress.COMになります。 ティーストーリーの場合、個人ドメインを無料で使用できますが、 WordPressドットコムでは、個人ドメインをリンクするには有料プランに切り替える必要があり、 AdSense 広告を掲載するには、ビジネス上のプランを使用する必要があります。

通常 WordPressと言えばウェブホスティングに加入して運営する設置型を指します。 シンプルにブログを運営したい場合は制約がありますが、加入型も考慮してみることができます。

加入型 WordPressと置型 WordPressの詳細については、次の記事を参照してください。

チャットGPTなどのAIを活用した自動投稿に関する個人的な考え

ちなみに最近になってチャットGPTなどAIを利用して自動投稿を試みる方が増えているようです。 画像まで自動生成して自動的に文を作成して発行する WordPress用プラグイン/プログラムが販売されています。

このような自動投稿技術を利用して画像まで自動生成する場合は、短時間で多くのコンテンツが生成されるため、ディスクスペースがすぐに使い果たされることがあり、場合によってはボットなどの頻繁な訪問でトラフィックも大幅に増加することがあります。 この場合、クラウドウェイズはトラフィックに応じて柔軟にサーバーサイズを増やすことができるため、まともなオプションかもしれません。

しかし、Googleは自動投稿について モニタリングを強化しており、このように AdSense 承認を受けても広告の掲載が停止されるケースも表示されているため、AIを使用した自動生成ポストの利用は個人的にはお勧めできません。

チャットGPTで作成したブログをたまに触れます。 文章を読んでみるともっともらしく見えますが、詳しく読んでみると、味方がないことがほとんどで、訪問者に新しい価値を提供するようには思えません。 検討せずにただ発行した文章を見ると、言葉にならない文章が多く、同じか似たような表現が繰り返されることもあります。 また、半末と敬語体が混在する場合もあります。

  1. チャットGPTで生成された文はほとんど似たような形式で通常容易に区別が可能である。
  2. 多くの情報を提供しているようだが、詳しく読んでみると、アルマンが(核心)がない。
  3. 読者に価値のあるコンテンツを提供しない。
  4. 碑文が多い(翻訳闘を含む)。
  5. 同じ文章や同様の表現が繰り返される場合がある。
  6. 誤った情報を含めることができます。
  7. Googleなどの検索エンジンでスパムに分類される可能性がますます高まっている。

もちろん、AIを使用した自動投稿では、一部のユーザーは高い収益を得ることができますが、ほとんどの人はプラグイン/プログラムとWebホスティングのコストを引き出すのには容易ではありません。

最後に、

최근 WordPress ホスティングでクラウドウェイズがYouTubeの推薦を受けていますが、Cloudwaysは規模の大きいサイトや、速度が重要なサイトを運営したり、複数のサイトをXNUMXつのサーバーで運営したい場合に適しています。 さまざまな状況を考慮して、クラウドウェイが適切な選択であるかどうかを慎重に検討してください。

高速なクラウドウェイズ

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

2のコメント

  1. クラウドウェイズでサーバーを小さく買ってみようと思います。 ターゲットホームページ利用者の国籍によってサーバーの位置を違うようにするのが有利だと言いました。 私は韓国のユーザーのために海外のユーザーのために別々にXNUMXつを運営しようとしていますが、このような場合、他の国にそれぞれ異なるサーバーを置くにはアカウントをXNUMXつ作成する必要があります。

    1. はい。 そうですね。 サーバーの場所が異なるため、リージョンごとに別々のサーバーを作成する必要があります。

      参考までに以下 Naver カフェの投稿に含まれているリンクをクリックしてクラウドウェイズに参加すると、割引を受けることができ、このブログと Naver カフェの運営をサポートすることができます。

      https://cafe.naver.com/wphomepage/30596

      Naver カフェに加入して WordPressWebホスティングについて質問があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます