ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

牧師まで参加したクィア文化祭

Last Updated:2021年6月26日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

最近、私たちの社会と世界が回るのを見ると深く憂慮だという考えを持たないことがありません。

"100歳時代に一人と続く生きたいですか」という記事では、タイトル通り、80歳、90歳までの人間の寿命が増えるに応じて、人と百年してとしていることについて再考しなければならない時だという内容を盛り込んでいます。

また、タイトルから刺激的な "なぜ女性の胸は隠しだか」という記事では、女性の胸の露出に対する偏見を破り胸に自由を与えようという声がますます高まっているというニュースを伝えています。

距離に女性が胸を出して、すべて通う想像。 それ正常な社会ですか? 子供とどのように距離を歩くことができますか?

数日前、日本で結婚生活をしながら、配偶者が他の異性と付き合うことを可能にする奇妙な考えを持った人が増えているという記事も見たことがあります。 犬豚、他のことが何なのか分かりません。

このような社会を見ると、世の終わりという表現がわけもなくてものではないと思います。

昨日は大韓仏教曹渓宗の僧侶たちと進歩的な性向のプロテスタント牧師が性少数者の文化祭であるクィア文化祭(Korea Queer Culture Festival、KQCF)に参加したそうですね。

性少数者の権益向上のため、聖書を新しい視点で解釈する力を注いてきた「ソムドルヒャンリン教会」のイム見よ牧師は「「ユダヤ人やギリシャ人も、奴隷も自由人も男も女も何の差別がありません。キリスト・イエスの中で、あなたは、すべての一つの体を遂げたのです」(ガラ3,26-28)というガラリャて言葉から分かるように、聖書でも差別を禁じるフレーズが数え切れないほど多い」としながら性少数者を差別しないことを訴えた。 (記事原文)

あんな人が牧師とインストールなんて情けないという気がします。

どこ "進歩"という言葉をつけるのも問題です。 同性愛など寛大と進歩になるでしょうか?

同性愛が法的基準でみると、罪はないが、同性愛が果たして正当な行為であるかは考えるべきでしょう。 誰もが良心を持っています。 私たちは、盗難や強盗をしないということを良心的に知っています。 次に、同性愛はどうですか? 同性愛について良心には気兼ねがない場合、そのままとなります。 その結果について、最終的に本人が責任を負うものでね。

私たちの社会に同性愛者あふれたらどうでしょうか? 社会が適切に維持できますか?

このように男性も 道理通り女性の書き込みを捨て互いに向けて淫欲が火イルドゥトハメ 男が男に加えて恥ずかしいを行い、ジャフイのことごとく誤っに相当報いを彼自身に受けのである(ローマ1:27)

この時代が、すぐにソドムとゴモラよりきびしい時代であれば時代まであまりありませんようです。

ソドムとゴモラとその近隣の町も私達と同じように 姦淫を行い 他の色に沿って進み、永遠の火の刑罰を受けてミラーされのである(ユダ1:7)



コメントを残す

コメント