ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

暑さを吹き飛ばしてくれる超現実主義の写真作品

Last Updated:2020年11月15日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

スウェーデンシュールレアリズムの写真家エリック・ヨハンソン(Erik Johansson)の作品です。 楽しく不思議な絵が多いです。

差し迫った
差し迫った

「Imminent "(一発触発の、緊迫した)」というタイトルの作品です。説明には、「心配しないで。 すべてが大丈夫だよ(Do not worry、it'll all be fine)」とされていますね。

緊迫した様子と穏やかな風景を対比させたのが印象的ですね。

 

ドント·ルック·バック
ドント·ルック·バック

「Do not Look Back」(振り返って見ていない)というタイトルの作品で「Standing still is going backwards(所定の位置に停止はバック行く)」と呼ばれる説明が付いています。

 

建築家
建築家

幾何学を利用した作品で錯視現象を吹き起こす面白い映像ですね。

 

Cutting Dawn
Cutting Dawn

「Cutting Dawn」という興味深いタイトルの作品です。 その大きいはさみで夜明け(Dawn)を切ろうとするかします。

 

影響
影響

ガラスの破片や湖を合成して作成された面白い作品です。 Behind the Scenes映像を通じてこの作品を作成するためにどのように多くの努力を傾けたのか確認することができます。

写真の操作はいっても、Photoshop(?)を扱う腕前が凄いですね。 突然代筆化事件で物議をかもした方が考えね。 その方が、この映像を見てた作品を作るためにどのように多くの努力が必要なのか気づいたらいいですね。

 

上陸
上陸

土地の一方の端が切れていく姿を点滅は、アイデアに込めた作品です。 この作品もBehind the Scene映像が公開されていますね。

Deep Cut
Deep Cut

2009年度作品。 また、はさみが登場ですね。

作家ホームページにアクセスすると他にも様々な作品を鑑賞することができます。



コメントを残す

コメント