GNUBOARD サイト移行方法(移行手順の概要)

WordPress サイトの場合は、プラグインを使用して簡単に移行できます。 サイト規模が大きい場合、プラグインを使用するとエラーが発生したり、マルチサイトの場合はDBとデータをダウンロードして手動で移行できます。

GNUBOARD サイトはDBとデータをダウンロードして他のサーバーに移行できます。 まれですが、 GNUBOARD サイト移転をご希望の方がいらっしゃって数回移転を行ってみました。 コースは WordPressを手動で移行するのと大きく変わらないようです。

📍 クラウドウェイズの加入方法(+ Cloudwaysプロモコード、割引クーポンコード)

GNUBOARD サイト移行方法

GNUBOARD サイトを別のサーバーに移行する場合は、次の手順に進むことができます。

  1. DBをバックアップします。 (phpMyAdminなどを利用したり、SSHからエクスポートすることができます。)
  2. FTP/SFTPに接続してデータをダウンロードします。
  3. 移行したいサイトにFTP / SFTPを介してデータをアップロードします。
  4. 移行したいサイトへのDBアップロード(phpMyAdminなどを利用したり、SSHからインポート可能)
  5. /data/dbconfig.php ファイルでデータベース接続情報を変更します。
  6. /dataフォルダの権限を707に変更します(サブフォルダを含む)
  7. エラー発生時にグーグルしてエラー対応😁😁

参考までに GNUBOARD/ゼロボード/XE掲示板 WordPressに移行することが可能です。

GNUBOARD DBファイルのバックアップ(エクスポート)

データベースはさまざまな方法でバックアップできます。

Cafe24の場合 phpMyAdminのをインストールしてDBをバックアップできます。 Cafe24 ホームページでディビバックアップも可能ですが、可能であれば両方をバックアップすると良いようです。 (時々 Cafe24のバックアップ機能でダウンロードした場合、インポート過程でエラーが発生する場合が発生することもあります。)

Cafe24ではphpMyAdminを提供していないので、直接インストールする必要があります。

ファーストコメット などのようにcPanelを提供している場合は、phpMyAdminにアクセスして[エクスポート]タブでディビ(DB)をエクスポート(エクスポート)できます。

クラウドウェイズを使用する場合は、独自のデータベース管理者にアクセスしてディビをエクスポートできます。

SSHを介してDBをバックアップしたい場合は、次のコマンドを実行してディビをバックアップできます。

mysqldump -p -u username database_name > dbname.sql

GNUBOARD データダウンロード

ディビと共にFTP/SFTPに接続して GNUBOARD 関連ファイルをダウンロードする必要があります。 FTP / SFTPの接続方法がわからない場合は、Webホスティング会社またはサーバー管理者に連絡して指示を受けてください。

ファイルが多すぎて容量が非常に大きい場合は、ファイルを圧縮してダウンロードすることで時間を節約できます。

移行したいサイトにファイルをアップロードする

SFTP / FTPに接続してサーバーにファイルをアップロードします。 同様に、ファイルが多すぎるか容量が大きいために時間がかかる場合は、圧縮してアップロードしてから圧縮ファイルを解放する方法を検討できます。

DBファイルのアップロード(インポート)

phpMyAdminなどを介してDiveファイルをアップロードして復元します。

デビファイルの容量が大きすぎてアップロードできない場合は、SSH経由でアップロードを試すことができます。 SSHに接続して、次のコマンドを使用してデビをインポートできます。

mysql -p -u username database_name < file.sql

DB情報の変更

今FTPに接続して /data/dbconfig.php ファイルを開き、データベース情報を変更するようにします。

G5_MYSQL_USERとGS_MYSQL_DB、そしてG5_MySQL_PASSWORDを適切に置き換えます。 デビ情報がわからない場合は、Webホスティング会社のホームページでディビ情報を変更するオプションがあります。

dataフォルダの許可(権限)の変更

/データ ディレクトリの権限を707に変更します。

フォルダファイルのプロパティを置き換える

エラー発生時の対応

たとえば、「pp_cli_64ファイルファイルの実行権限がありません」などのエラーが発生する可能性があります。 エラーが発生した場合は、Googleで解決しようとします。

最後に、

以上で GNUBOARD サイトを別のサーバーに移行する方法について説明しました。 前の前に前の前のサーバー環境と前の後のサーバー環境を同じように合わせることで、前後のエラーを減らすことができます。 PHPのバージョンが変わるとエラーが発生する可能性があります。

参考までに GNUBOARD サイトをカスタマイズする場合は、最新バージョンに GNUBOARDを更新するのは簡単ではないかもしれません。 WordPressの場合、標準的な慣行に従ってカスタムを実行すると、テーマとプラグインを最新バージョンに更新しても通常問題は発生しません。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。