Google Chromeは、7月からすべてのHTTPサイトに対して「安全でない」の警告表示

16

Google Chromeブラウザ、HTTPサイトに安全でない警告を表示

世界最大のWebブラウザChromeを運営するGoogleが ブログを介してクロム68がリリースされるの7月からSSLセキュリティサーバーが適用されたHTTPS Webページは、「安全」で表示していないHTTPサイトには「安全でない」の警告表示を適用すると、過去2月7日に発表しました。 しかし、国内ではまだHTTPが適用され、Webサイトの割合が高く、ハッキングの危険に脆弱であるとの指摘が出ているそうですね。

現在のクロムでは、SSL証明書が適用されていない、HTTP Webサイトには、中立的なi(情報)記号を表示しているが7月から「安全でない」という警告が表示されるとしたら、事前に準備するのがよいようです。

HTTPページに「安全でない」の警告表示
クロムは現在のHTTPページにi(information:情報)記号が表示されます7月から「安全でない」の警告が表示される予定である。

グーグルによると、Androidとウィンドウの両方でクロムトラフィックの68%以上がHTTPSを介してロードされるとします。 そして100大サイトの81サイトがHTTPSが適用されているそうですね。

Cafe24を使用している場合、 Cafe24を介してセキュリティサーバSSL証明書を購入することができます。 以下は Cafe24で提供されるセキュリティサーバーのSSL証明書の種類と価格表です。

Cafe24 セキュリティサーバSSL証明書

このブログがホストされている Bluehost(Bluehost)와 SiteGround(SiteGround)などの海外ホスティングでは、無料でSSL証明書を提供しています。 特に SiteGround無料ワイルドカード証明書を提供しています。

Cafe24ワイルドカードSSL証明書の価格が年間462,000ウォンです。 サブドメインまでのSSL証明書を適用する必要がある場合は、 SiteGroundを利用すれば、コストを大幅に削減することができます。

WordPressでは、次のような順序でSSL証明書を適用することができます。

  1. SSL証明書の発給を受けてインストールします。
  2. そのドメインのすべてのhttpアドレスをhttpsに一括変更します。
  3. 本当にシンプルなSSL プラグインをインストールして、すべてのhttpトラフィックをhttpsトラフィックにリダイレクトされます。 (あるいは、簡単なコードを使用してリダイレクト可能)

クロムHTTPSを促進するためにSSL証明書を適用するサイトのアドバンテージを与える政策をとってきました。 したがって、SSLを適用すると、SEOにも有利です。 しかし、今では多くのサイトがHTTPSにロードされるため、大きな利益を見ることはできず、逆にSSL証明書を適用していないと7月からクロムに「安全でない」の警告が表示されるため、HTTPにロードされているサイトが不利益を受けることです。

参考までに、毎日経済新聞に `HTTP` Googleのクロムで退出手順... 7月から「安全ではない」の警告というタイトルで、この問題を扱っています。 しかし、毎日経済サイトにもSSL証明書がインストールされていないですね。

16のコメント

  1. 私も最初は Cafe24を使用したが、SSL認証をバトウリョダみるコストが高いんですよ。 Bluehostに移した後に無料でSSL証明書を利用することができて良いようです!

    • 昨年基準でSSL証明書がインストールされ、サイトが全体的に60%が超えた統計があります。 今SSL証明書を適用しないと、差別を受けるポリシーに変わるようです。

      ホスティング業界の利益が非常に低いレベルであるため、簡単にお金を稼ぐことができるSSL証明書商売を放棄することはないようです。 Bluehost, SiteGround( https://www.thewordcracker.com/go/siteground )などの海外メーカーは競争が激しくて、無料Let's Encryptが広がり、多くのメーカーから無料のSSL証明書を提供しています。

      • はい共感します。 そう見ると、海外ホスティングに移したのがむしろ良かった選択ですね!

  2. Cafe24に数年間縛られており、移動は容易ではない。
    証明書が無料でされたり、少なくとも価格のすることだと思う待っています。
    私の場合は、最も手頃な価格のpositive light程度ならなろうか?

    • Cafe24で購入した場合、最も手頃な価格のものを選択すると、なりそうです。

      証明書の販売簡単な稼ぎになるので、無料にはならないようです。 競合他社から無料で切り替えたり、価格を大幅に引き下げた場合、価格が引き下げられることが、Webホスティング自体が収益があまり私はビジネスであることを知っています。 したがって、競合他社もあえて価格を大幅に引き下げはしないものと思われます。 私の個人的考えです。

      • そのもですね。
        事実そのようなブログでのセキュリティ認証と意味のないもので... Google検索不利益はもちろん、安全でないという表示をしたいなんて泣く泣くそういえばしなければでしょう。

      • 寀ーようなブログにもSSLセキュリティサーバー証明書が適用されていないため、「安全でない」という警告が表示されます。
        https://uploads.disquscdn.com/images/decfa9bc56f476f14d92b57ff377790a4b999318356c684c74d6ea60593d4615.jpg

        Naver ブログでもSSL証明書が適用されません。

        したがって、7月以降もしばらくは「安全でない」と表示されるブログが多いと予想されます。

        しばらく推移を見ながら、韓国でもSSL証明書をインストールするサイトが増加すると、それを購入したり、無料のSSL証明書を提供する企業に移転することを考慮しヘボショもなりそうです。

        (もちろん、最初にSSL証明書をインストールすると、もう少し有利になるだろうが、投資する価値があるのか​​比較検討みでしょう。)

      • はい。 これからたくさんになると、個人のブログのために、より手頃な価格のものが出てこないだろうか...それではいい...そう願っています。 笑

  3. 私はアマゾンEC2 VPC 1年無料のアカウントを使用しているが、

    Let's Encryptを勉強して、直接、無料でSSLをインストールして
    httpからhttpsにリダイレクトまで終えね〜

    しておいてみると胸がいっぱいです~~~

    • 私もVutlrとDigital OceanサイトにLet's Encryptインストール作業をしたことがあります。 最近したのは、自動リニューアルに問題が発生して苦労を食べたが、仮想サーバーホスティング(VPS)を利用する場合は、直接の試みで成功すると、達成感を感じることができ、良いようです。

  4. 私もすぐに私の個人のホームページのいずれかがホスト期間が満了なろうする子供ウィン五に移そうんです(笑)そこphp7.2ラングLet's Encrypt証明書のサポートしてくれたんですよ

    • こんにちは? ブログを訪問していただきありがとうございます。

      個人的にもiwinvについて少し調べてみたことがあります。
      https://xetown.com/tiptalk/826292

      安価なVPSを利用しようとする場合には、考慮してみることができるようになります。 ただし、サーバーを直接セットして運営しなければならない負担はあるけどね。

      VPSを考慮すれば、Vultrも大丈夫そうです。 このブログを頻繁に訪れるHappist様のサイト( https://happist.com/ )は、現在のVultrで運営されていますが、速度も速いようで、コストも安価で代替することができると思われます。

      私はサーバー管理すること星の趣味がなく、現在利用している Bluehost VPSは私には適切なようです。 個人的にはSitegroundを好むが、 SiteGroundの場合、共有ホスティングは、コストが余裕なレベルだが、クラウドホスティングは、そのクラスの Bluehost( https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/introducing-bluehost/ )より2〜3倍高価です。 もちろん、コストが高いほど速度もいいし、使いやすい側面もあります。

    • SiteGroundでホストされているサイトも管理しているが、 SiteGround( https://www.thewordcracker.com/go/siteground )が安定して、ワイルドカードSSL証明書やPHP 7.2バージョンなどの機能を他のホスティング会社よりも早く導入していいようです。

  5. おそらく韓国でSSLを構築したサイトの割合が著しく低いようです。
    これにより、被害を少し必要がありあたふたしていないかと思います。!

    • Let's Encryptから無料でSSL証明書を発行し、Webホスティング企業が有料証明書を販売して簡単にお金をボルドン慣行が大きく変わった。 海外では、 Bluehost( https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/introducing-bluehost/ )、Sitegroundなどの企業が無料でSSL証明書を提供しており、普及率がさらに拡大されたようです。

      韓国ではまだ有料で販売しているところが多く、普及率が遅い感がありますね。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください