Googleのトップレベルドメイン.Zipドメインの有用性とリスク、安価に登録する

Last Updated:2024年04月15日| , | 2のコメント

Googleは2023年5月に新しいトップレベルドメインである.zipと.movドメインを発表しました。 Google の .zip ドメインのリリースは、IT およびセキュリティ業界で多くの懸念を引き起こしました。ファイル拡張子との混同の可能性のために特に問題になりました。

たとえば、.zipと.movは、それぞれ圧縮ファイルとビデオファイルのフォーマットを表す拡張子として広く使用されています。これらのドメインとファイル拡張子の間の類似性は、ユーザーとセキュリティソフトウェアを混乱させ、サイバー犯罪者がこれらの点を悪用してフィッシング攻撃をする可能性があるためです。

.Zip ドメインの有用性

  1. ドメイン選択の多様性: Googleの新しいTLD(トップレベルドメイン)は、ユーザーにより多くのドメイン選択肢を提供します。ドットコム(.com)やco.krなど、人気のあるドメイン名はほとんど先取りされ、目的のドメインを登録するのは簡単ではありません。認知度が低下しますが、.Zipなどのドメイン名を選択した場合は、目的のドメインを登録する可能性が高くなります。

    目的のブランドのドメイン名を登録できない場合は、.Zipのようなトップレベルドメインを検討してください。
  2. 速度と効率の象徴: Googleは、.zipドメインが速度と効率を象徴できると主張しています。

Googleが.zipドメインをリリースすると、このドメインが「速度と効率性の象徴」になることができると主張しました。これは、このドメイン名がユーザーにそのウェブサイトやサービスが迅速かつ効率的であるという印象を与えることができるという意味だと言います。

つまり、.zipファイル拡張子は通常、ファイルを圧縮して容量を減らし、転送速度を上げるために使用されます。したがって、.zipというドメインを使用することで、ウェブサイトやサービスプロバイダは、自分のサービスがまるで.zipファイルのように「圧縮」されており、迅速かつ効率的にデータ転送と処理を提供するというイメージをユーザーに伝えることができるという。

.Zip ドメインの危険性

  1. フィッシングと詐欺攻撃の懸念: .zipのようなドメインは圧縮ファイル拡張子の名前と混同される可能性があり、圧縮ファイルであるかのようにだまされて悪意のあるリンクをクリックするように誘導するフィッシングや詐欺攻撃に使用される恐れがあります。たとえば、サイバー犯罪者は通常のファイル名と同じ.zipドメインまたは.movドメインを購入して悪意のあるWebサイトに接続する可能性があります。
  2. セキュリティソフトウェアの混乱: ファイル拡張子とドメイン名の間の類似性は、セキュリティソフトウェアがマルウェアを正しく識別するのを困難にする可能性があります。

セキュリティニュース記事では、.zipドメインと.movドメインのセキュリティ上の懸念について、次のようにまとめています。

  1. .zipと.mov。 - Googleが新しく作成したトップレベルドメイン名
  2. ファイル拡張子と同じであることを利用したときに強力なフィッシング攻撃の可能性の懸念
  3. Googleは「いつもあった問題なのになぜ私たちだけにそうするのか」という立場

安く.Zipドメインを登録する

韓国にも知られている ネームチップ(Namecheap)私は偶然に.Zipドメインの存在を知りました。ネームチップでは、12.98ドルで.Zipドメインを登録できます。

Googleのトップレベルドメイン.Zipドメインの有用性とリスク、安価に登録する3

更新時には14.98ドルに少し上昇しますが、初めて登録時に長年登録すれば年間約13ドル程度で登録が可能です。

ガビアでは29,000ウォンで登録が可能です。

Googleのトップレベルドメイン.Zipドメインの有用性とリスク、安価に登録する4

ホスティングKRの場合、.Zipドメインを扱っていません。

ネームチップでは、ドメイン登録者情報を隠すDomain Privacy(ドメインプライバス)機能を無料で提供しています。

ドットコム(.com)、ドットネット(.net)などのドメインもネームチップで少し手頃な価格で登録できます。ドメインを更新すると、コストが少し上昇する可能性があります。費用を節約するには、他のドメイン登録機関に機関を移管することを検討してください。

ドメインを WordPress, GNUBOARD などのウェブサイトに接続する

ドメイン登録会社とWebホスティング会社が異なる場合は、ドメインのネームサーバーを変更してドメインをWebホスティングサーバーに接続できます。 クラウドウェイズの場合、通常はAレコードを追加してサーバーのIPアドレスを指定することで、ドメインをサーバーに接続できます。

ドメインのネームサーバーを変更すると、DNS情報の伝播に1〜2日かかることがあります。通常、72日ほどドメインのネームサーバーの変更が適用されますが、最大XNUMX時間までに時間がかかることがあります。

参照


2のコメント

コメント

  1. ドットコムなどでは、私が欲しい名前のドメインがすべて登録され、.zipドメインのようにあまり知られていないドメインを購入しなければならないが悩みになりますね。

    応答
    • セキュリティ専門家は、企業サイトで使用するドメインとして.zipドメインを使用しないことをお勧めするようです。ブログや重要ではないサイトには大丈夫かもしれません。

      応答
割引ニュース
DiviレイアウトAI発売記念割引!
AIで画像、テキスト、コーディング、フルページレイアウトを生成可能
ベストセラー WordPress テーマDivi
0
仕事
0
시간
0
0
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy