ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

クマスクへの列車 - 理想と現実の間の葛藤

Last Updated:2020年11月15日| 1のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
クマスクへの列車
MBCベスト劇場「クマスクへの列車」中

2004年には、だから今から12年前にMBCベスト劇場に「クマスクへの列車」というドラマが放映されたことがあります。 オム・テウンとチェ・ジョンアンが主役を演じたこのドラマは、フリッツフリッツオトマン(Fritz Ohrtmann)の小説「くまスクロールの旅」をもとに製作されたものです。

事実 'クマスクへの列車」はそれほど面白いドラマがありません。 このドラマを、他の方にお勧めした...あまり良い評価を聞いをしました。

しないで、このドラマは多くのことを考えさせ何かがあります。 以前に何度もこのドラマを見たことがあるが今見つけることができないですね。

プロットは比較的単純간단します。 男性と女性が結婚をすぐクマスクと呼ばれる場所に行く列車に乗って行きます。 女性はクマスクに行きたいしませんが男に沿ってしぶしぶます。 そうするうちに簡易駅でしばらく電車が停車することになるが、そこで休んで停止する列車を逃してしまいます。 そうするうちに、いくつかの事件が発生して、最終的に男性は女性の願いどおりに無人駅がある村に定着します。 ちょうど学校の先生が死ぬ風に男がその場を引き受けることになります。 二人の間に二人の息子が生まれ男は安定的に村に定着まだクマスクへの夢を捨てきれずクマスク行の列車に乗るためのピョガプを集めています。

私興味深いことに見たシーンがありますが、ほとんど終わるシーンでオム・テウンは、前の校長先生(校長かは正確に覚えていない)のジムで古いチケットを発見します。 すぐにクマスク行列車のチケットでした。 その先生もクマスクロール行っている途中無人駅で電車を逃し定住した人物であることを推測することができます。 おそらくその先生もクマスクロールうとする未練を捨てきれずチケットを大事にしていたのか分かりません。 しかし、未練だけあった行動で実行しないないのです。

ざっと上記のようなプロットですが、男はクマスクへの望んでいるが女性は、現実に安住しようとし、最終的男が熊スクロールのようにする役割をします。 おそらく「クマスクに行けば幸せに生きるか」という質問をすることもできるようです(ドラマで女性が絶えず提起する質問でもあります)。 事実クマディスクが任意の物理的な場所といえば人住む所は多似ているため、より幸せだろうという保証はないでしょう。

ここではクマスクは男の最終目的地として彼の理想郷とすることができます。 そして女性はもちろん、女性、それ自体で見ることもあるだろうが男が理想郷に行くことを妨害するすべてのことを象徴していないかと思われます。 例えば、経済的な困難にも対応することができるでしょう。 以上を求めるが、経済的な困難や家族、あるいはその他の要素が、その道を妨害することができます。

このドラマは、まるでホメロスの「オデュッセイア」の話を連想させるには同じです。 エキゾチックな内容を私たちの国の景色でよく表わした秀作です。 ドラマの背景になった」モントハイム駅」は、中央線の変曲駅で撮影しました。

 



1のコメント

コメント