ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WPMLの言語ごとに異なる WordPress テーマを使用する

Last Updated:2018年2月17日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WPMLは WordPressで多言語サイトを運営する場合に多く使用されて多言語翻訳プラグインです。

通常WPMLを使用すると、言語ごとに同じテーマが使用されるが、必要に応じて言語別にテーマを特に指定したい場合があるがあります。

この場合、 WordPressで提供される switch_theme( $template, $stylesheet ) 関数を使用することができそうです。

たとえば、次のようなコードを のfunctions.php ファイルに追加するようにします。

if(ICL_LANGUAGE_CODE == 'en'){
switch_theme( 'english_theme', 'style.css' );
}
if(ICL_LANGUAGE_CODE == 'ko'){
switch_theme( 'korean_theme', 'style.css' );
}

switch_theme( $template, $stylesheet ) 関数の詳細 WordPress 文書を参考にしてみてください。

上記の方法は、WPMLで提示した方法であるが、実際に実装するには容易ではないようです。 他の方法で複数のサイトを利用することができます。

言語ごとに完全に独立し WordPress サイトを作成することも考えてみることができます。 このブログでは、 / en-us / フォルダに別の WordPressをインストールして 英語版に利用しています。

Bluehost, Siteground など海外のホスティングでは、DBを無制限に提供するため、サブドメイン、またはサブディレクトリの形で別の WordPressをインストールすることができます。 必要に応じてアドオンドメインの機能を利用して、別のドメインを接続することも可能です(たとえば、www.example.com、www.example.co.kr)。

個別に WordPressをインストールすると、言語数の管理が必要なので、少し面倒な場合がありますが、一方では、プラグインやマルチサイトを使用することにより、発生した問題の自由があります。

メモ:



コメントを残す

コメント