WordPress WooCommerce コスト計算プラグインプラグイン - Measurement Price Calculator

FacebookさえずりredditPinterestのLinkedInのmail

たとえば、顧客が横の長さと縦の長さを入力すると、面積を計算し、それに応じて単価を算定する必要があります。 ワードプレスで、このような作業を容易にしてくれる、コスト計算のプラグインが 測定価格計算という場合コマースアドオンプラグインです。

参考までに、同様の機能の場合コマース価格計算プラグインで WooCommerce Measurement Price Calculator Pluginというコードケションプラグインもあります。

ワードプレスウコマースコスト計算プラグイン - Measurement Price Calculator

たとえば、デモページを見ると、顧客が床の 横x縦 長さを入力すると、必要なタイルの数を計算してボックス単位で計算してくれます。

Measurement Price Calculator  - ワードプレス呉コマースコスト計算プラグイン

上記のデモでは、 横x縦サイズが13インチx13インチ(約33cm x 33cm)のタイルが総18個も箱の価格が29.36ドルです。 顧客が横の長さと縦の長さをフィートで入力すると、必要な総タイル数を概算してボックスの数と価格を提示します。

テストで縦横の長さを 20フィートと30フィートを入れてみました。 インチ、フィートで出てくるから非常に複雑に見えますね(ただし、フィートをインチに変換して計算してみると、簡単に理解されて)。 一度計算試みますか?

  • 床の総幅: 横20フィート(約6.09m; 240インチ)、縦30フィート(360インチ)を乗算し、必要な総幅が86,400平方インチが出てきます。
  • 必要な総タイル数:86,400平方インチを個別のタイルの幅である169平方インチ(13x13)で割ると、511.24 ...つ出てきます。 つまり、20フィートx30フィートの部屋に必要な総タイル数は512つになります。
  • 注文しなければならボックス数: 512つを18個(1ボックス)で割ると28.444 ...となります。 したがって、必要な合計ボックス数は29個人ことがわかります。

少し複雑な演算を切った。 上記の図のように正確に29個のボックスとして認識して計算した結果を提示します。 これを直接プログラムを開発して計算しなければならなら少し複雑な開発になると思われる。 他にもデモページを見ると、さまざまな適用が可能です。 これらの機能のおかげなのか、このプラグインは、価格が少し高いです。

  • 単一サイト:129ドル
  • 最大5サイト:199ドル
  • 最大25サイト:299ドル

価格が上記のようにサイトの数が多いほど、多くの割引になります。 そしてアップデートとサポートは、1年間可能とね。 1-2サイトに適用するには費用負担が大きいがエージェンシーで5サイトまたは25サイト用に購入して使用すると、経済的であると思われる。 (このような部分は、ライセンスに関連されるので、購入する前に、正確なライセンス使用についてのお問い合わせすることが良いでしょう。)

以上のように、複雑な価格の計算を容易にしてくれるWooCommerce用のプラグインであるMeasurement Price Calculatorについて説明しました。 このプラグインを使用すると、複雑な開発作業をなくし、開発コストを大幅に少なくすることができ、カスタマイズ作業も簡略化することができるようになります。 詳細については、 プラグインサイトを参照してください。

注:



コメントを残す