ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress ログイン後404エラー(Page not found)が発生した場合

Last Updated:2021年10月21日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress サイトにログインした後に404エラーが発生したり、 WordPress 管理者ページにログインすることができない場合の対処方法について説明します。 さまざまな原因が考えられますので、一つずつチェックして問題の解決を試してみてください。

ログインに成功した後、404エラー(404 error)が発生した場合

ログイン後にリダイレクトされるURLの設定

ログイン後404エラーが発生しますが、他のリンクをクリックすると、正常にログインしている場合、ログイン後にリダイレクトされるURLを設定すると、エラーが解決されることがあります。

例えば、 WordPress Codexページに記載されている次の関数を WordPress テーマの関数ファイル(functions.php)に追加するようにします。

function my_login_redirect( $redirect_to, $request, $user ) {
//is there a user to check?
global $user;
if ( isset( $user->roles ) && is_array( $user->roles ) ) {
//check for admins
if ( in_array( 'administrator', $user->roles ) ) {
// redirect them to the default place
return $redirect_to;
} else {
return home_url();
}
} else {
return $redirect_to;
}
}

add_filter( 'login_redirect', 'my_login_redirect', 10, 3 );

この関数は、管理者(admin)は、ダ​​ッシュボードに移動させて、他のユーザーはホームページに移動します。 ログイン後にユーザーがログインメニューをクリック位置に戻り来るする WordPress ログアウト後、特定のページに移動する 記事の一番下に紹介された関数を用いてみます。

プラグインのクラッシュ

もし、上記の方法で問題が解決しない場合、プラグインのクラッシュの可能性が高くなります。 すべてのプラグインを無効にした後、ログインしてみます。 もしログイン後、404エラー(404 error、page not found)が発生しない場合、プラグインのクラッシュが原因で発生する問題です。 この場合、プラグインを一つずつ有効させながら問題を引き起こすプラグインを検索して削除するか、機能が同じ他のプラグインに置き換えるようにします。

WordPress 管理(WordPress Admin)ページにログインできない場合は(404 error)

サブディレクトリに WordPressをインストールした場合

サブフォルダに WordPressをインストールした後、 www.example.com/wp-adminを入力したときの404ページフォールト(404 error)が発生した場合 www.example.com/wp/wp-adminのようにサブフォルダ名を追加して与えるようにします(WP-考えられる理由 パスも同様です)。

phpMyAdminでURLを更新

サイトのアドレスを変更した場合、phpMyAdminにアクセスしてsiteurlを更新してくれるようです。 詳細については、 WordPress アドレスの変更にサイトにアクセスしていない問題の解決 文で DBでサイトのアドレスを変更する のセクションを参照してください。

フォルダのプロパティ(ファイル権限)を変更する

  1. FTP経由で / WP-管理 フォルダに移動します。 FTPの使い方は WordPressでのCSSを追加する 文で 5。 FTPを使用して、CSSファイルの編集 部分を参照してください。
  2. wp-adminフォルダをマウスで選択し、「ファイルのアクセス権」(Permission)を選択します。
  3. ファイルアクセス権を755に変更します。 (サブフォルダにも適用 オプションがある場合チェックします。)下の図は、FTPクライアントでファイルBugzillaの(FileZilla)を使用したときの画面です。
    file permissions

  4. "확인"をクリックします。
  5. 同じプロセスを / wp-content/ wp-includesにも実行します。
  6. これで、Webブラウザを開き、 WordPress 管理者ページにログインしようとします。 Ctrlキー+ F5を押して、キャッシュを削除するようにします。

管理者パスワードを紛失した場合

WordPress 管理者パスワードを紛失したり、知ることができない WordPress 管理者ページ(ダッシュボード)にログインしていない場合 WordPress パスワード紛失時手軽にリセットする 記事で紹介された方法を使用して、管理者パスワードを簡単に初期化することができます。

たまにウェブエージェンシーで、管理者アカウントを付与したり、管理者アカウントを与えても権限を制限して、管理者機能を適切に使用していない場合があります。 この場合、管理者として接続しても、テーマを変更したり、プラグインをインストール/更新することができない状況が発生する可能性があります。 このような問題のために困難を経験する場合 サービスお問い合わせ ページで、サービスを依頼してください(所要時間に応じて料金が請求されることがあります)。

メモ: WordPress404エラー(ページが見つかりません)が発生した場合

404エラー(404 error)が発生する原因はさまざまです。 正確な原因を把握して対処することが重要です。

  • サイトのアドレスを変更した後 WordPress 設定(Settings)>一般的なから WordPress URLとサイトのURLを誤って変更する場合によく発生します。 この場合、 この記事を参照してください。
  • 設定>固有のアドレスから 一意のアドレスの設定が「基本」の場合、他の設定に変更します。 経験上、「一意のアドレス」の設定が「基本」の場合、さまざまな問題が発生する可能性があります。 (.htaccessファイルが自動的に保存されていない場合、固有のアドレスを変更した後(保存ボタンを押した後)の下に表示されているコードをコピーして.htaccessファイルに貼り付けてみてください。)
  • 設定>固有のアドレス[設定の変更]をクリックし、.htaccessファイルを更新すると、404エラーの問題が解決される場合があります。
  • キャッシュプラグインがインストールされている場合、キャッシュを削除してください。
  • 一部のWebホスティングサービスでハングルスラグを正しくサポートしていない可能性があります。 この場合、URLのハングル部分を英語に変えてみると、問題が解決することができます。 例えば、国内のいくつかのウェブホスティングでもこのような現象が現れるのを見たことがあり、海外のホスティング会社iPageのurlにハングルが含まれる場合、「Bad Request」エラーが発生します(参照)。この場合は、URLでハングルの部分が表示されないように修正することが容易ではない場合 一意のアドレスの設定を変更して、ポストのタイトルが表示されないように(参照) することができます。 (先には、この記事に記載されている コードを使用して、問題が解決するか確認してください。)

最後に、

以上で WordPressで、管理者ページにログインしたときに404エラーが発生した場合の確認事項について説明しました。

上記の措置にも問題が解決しない場合 ここでサービス(有料)をご依頼することができます。

メモ:



コメントを残す

コメント