Vultr Free Pleskにインストール WordPress エラー - データのバックアップ

Last Updated:2024年04月15日| | コメントを残す

Vultrでホストされている WordPress サイトで「データベース接続中にエラー」が発生する問題についてお問い合わせいただきました。

Vultr Free Pleskにインストール WordPress エラー - データのバックアップ 6

WordPressに問題が発生してサーバーを再起動した後、上記のように「データベース接続中にエラー」が発生し、 WordPressにも接続できない状態になったそうです。

Vultr Free Pleskにインストール WordPress エラー - データとディビのバックアップ

そのサーバーを見てください。 SFTPとSSHには幸いに接続になりました。サーバーを新しく作成し、 WordPress インストールしてから移行するか、別のWebホスティングに移行するためにデータベースとDaviバックアップを受け取ることにしました。 (費用はかなりありますが、サーバー管理者を雇ってサーバーの問題を解決することも可能です。)

Cafe24でPHPバージョンをアップグレードする場合、またはサイトを別のWebホスティングに移行する場合 データとDBの両方をバックアップする必要があります。まれですが、たまにデータだけをバックアップして移転を試みると、堕落を見るのが残念です。

WordPress データファイルは WordPress インストールフォルダに移動して簡単にダウンロードできます。

しかし、DBをダウンロードしようとするとエラーが発生しました。

Vultr Free Pleskにインストール WordPress エラー - データのバックアップ 7

次のエラーメッセージが表示されました。

mysqldump: Got error: 2002: Can't connect to local MySQL server through socket '/var/run/mysqld/mysqld.sock' (2) when trying to connect

私はこのエラーをグーグルしていくつかの記事の解決策を試しました。

Vultr Free Pleskにインストール WordPress エラー - データのバックアップ 8

MySQLの起動または再起動コマンドを実行すると、次のエラーが発生しました。

Job for mysql.service failed because the control process exited with error code.
See "systemctl status mysql.service" and "journalctl -xeu mysql.service" for details.

sysemctl status mysql.serviceを実行してmysql serviceの状態を学んでみると、次の図のようにfailedとして表示されました。

Vultr Free Pleskにインストール WordPress エラー - データのバックアップ 9

journalctl -xeu mysql.serviceコマンドを実行すると、次のメッセージが表示されます。

Feb 25 01:50:05 example.com systemd[1]: Failed to start MySQL Community Ser>
░░ Subject: A start job for unit mysql.service has failed
░░ Defined-By: systemd
░░ Support: http://www.ubuntu.com/support
░░
░░ A start job for unit mysql.service has finished with a failure.
░░
░░ The job identifier is 2289067 and the job result is failed.

mysql.serviceの起動に失敗したという意味です。

MySQLのエラーログフォルダを確認しましたが、エラーログファイルがないため、どのエラーが発生するのかを判断できませんでした。

MySQLエラーログ

他にも、グーグルでいくつかの方法を試してみましたが、解決できませんでした。

問題の始点は、ディスク領域の不足によるものと推定された。

Linuxディスクスペース

ディスク容量を確認してみると、空き容量がありませんでした。不要なファイルを削除した後にMySQLの再起動などを試しても問題は解決しませんでした。次のコマンドを実行して少し空き容量を確保できます(参照).

sudo apt install trash-cli
trash-empty

sudo apt-get autoremove
sudo apt-get clean

そのVultrサーバーには無料のPleskパネルがインストールされていました。 Plesk自体で自動バックアップをしていないかと思ってチェックしてみると、DBバックアップ本を発見できました。

Pleskを使用している場合は、/var/lib/psa/dumps/domains/example.com/databasesからDBバックアップファイルをダウンロードできます。

Vultr Free Pleskにインストール WordPress エラー - データのバックアップ 10

幸いなことに、最近のDBバックアップがあり、ダウンロードできました。

Vultr Pleskパネルデータベースのバックアップ

tzst形式で圧縮されています。この圧縮ファイルは、次のコマンドで解凍できます。

zstd -d example.tzst -o output_file_name.sql

解凍に失敗した場合は、zstdパッケージをインストールした後に試してください。

sudo apt-get update
sudo apt-get -y install zstd

WordPressの場合、データファイルとDBファイルがあれば復元が可能です。

  1. 新しいサーバーを作成し、 WordPressをインストールしてから復元するか、
  2. 別のWebホスティングに移行

VultrAWSなどはサーバーを直接運営する必要があるため、サーバー関連の知識がない場合、Pleskなどの使いやすいウェブホスティングパネルを使用しても、サーバーの問題が発生した場合に多くのストレスを受けることがあり、場合によっては多額の費用を支払います。サーバーの専門家を雇うことで問題を解決する必要があるかもしれません。

このブログは長い間 Bluehostを使う クラウドウェイズに移行しました。クラウドウェイズはVultrよりも高価ですが、簡単なWebホスティング管理パネルとカスタマーサポート(ライブチャット)を提供するため、初心者でも簡単にVultr、DigitalOceanなどのサーバーを管理できます。

WordPress 関連する問題で問題が発生した場合 WordPress 移転などの作業が必要な場合 ここでサービス(有料)をご依頼することができます。

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
DiviレイアウトAI発売記念割引!
AIで画像、テキスト、コーディング、フルページレイアウトを生成可能
ベストセラー WordPress テーマDivi
0
仕事
0
시간
0
0
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy