SEOの戦略で避けるべきであるキーワードリサーチミス7か

Last Updated:2023年07月16日| 9のコメント
SEOのキーワードリサーチ

SEOの戦略で一番最初に考慮することが、検索エンジンでの露出された場合キーワードの悩みである。 しかし、キーワードリサーチ(Keyword Research)は、簡単な作業ではありません。 WordPress SEOプラグインの開発者であるYoastは、「7 keyword research mistakes you should avoid」という記事を通じて、キーワードリサーチに関して避けるべき7つの間違いについて取り上げています。

SEOの戦略で避けるべきであるキーワードリサーチミス7か

Yoastブログ記事では、次のようなミスを犯さないように注意することを指摘しています。

  1. 正しいキーワードリサーチを実行していない
  2. 非現実的なキーワードをターゲットにする
  3. 関連性のないキーワードを使用
  4. 単数または複数を使用する必要があることを確認していない(韓国語には該当なし)
  5. トラフィックがないキーワードを狙っする
  6. 評価未実施
  7. 記事ごとに一つのキーワードのみに焦点を置く

たまに WordPressブログを作って文章をいくつか発行した後、Googleや Naverに検索が正しくないと訴えている方をします。

競争が激しいキーワードの場合、長期間着実に良い文を作成する必要が上位にさらされる可能性があるでしょう。 最初に起動するブログ記事が上位に露出されていることは容易でありません。

ブログを始めたばかりでない場合は、「代表キーワード(head keywords)」をターゲットにしないで「ロングテールキーワード(long tail keywords)」を攻略することをお勧めします。

たとえば、「グルメ」というキーワードで検索したいとします。 しかし、「グルメ」キーワードは競争が非常にひどいので、親ページで検索されるのは空に星を選ぶのと同じくらい難しいです。

最初は「レストラン」の代わりに「永登浦市場レストラン」や「江南ステーキレストラン」のように より具体的であまり一般的でないキーワード、つまり「ロングテールキーワード」で開始することが望ましい。 だからといって人々が全く検出されないキーワードを使用してはならないでしょう?

ロングテールキーワード戦略がうまくモクヒミョンますます短いキーワードと代表キーワードを攻略することができます。

たとえば、このブログの場合は、最初の起動時にWordPress'キーワードはGoogleのしばらく後ろページで検索されました。 まず、WordPress 住所の変更」、「WordPress 「マルチサイト」などのように、より具体的なキーワードで試してみました。 それから文がますます増えてきて自然に」WordPress'キーワードで比較的前のページに公開され始めました。

WordPressがSEOに強く、かつては WordPressで文を作成すると、Googleのよくさらされている方でした。 しかし、最近では、 WordPressが多く使用されて見たら WordPressを使用する利点が衰退した感があります。 今 WordPress ブログ同士の競争しなければならない状況に置かれています。

SEOとは、最終的に良い文を作成することと関連しています。 良い文を着実に作成してみると、検索エンジンにさらされる可能性が高くなるでしょう。 キーワードリサーチを通じて攻略するキーワードを選定し Yoast SEOやRank Math、All in One SEO PackのようなSEOのプラグインを活用すれば、より良い成果を得ることができると考えられます。

SEOの戦略で避けるべきであるキーワードリサーチミスの詳細については、Yoastブログ記事を参照してください。

グーグル上位表示のためのカテゴリーとタグの使用

カテゴリやタグを大きな悩みなしに作る場合がほとんどでしょう。 カテゴリとタグをうまく活用すると、Googleのトップページの表示に役立ちます。 詳しくは「グーグル上位表示を妨害する間違ったカテゴリとタグの使用「を参考にしてください。

メモ:


9のコメント

コメント

  1. ヨースト使用しています カテゴリ編集ウィンドウに行けばみんな赤いですがカテゴリSEOも合わせなければなりませんか? あまりにも言葉にならない条件を掛けたのに、どうせカテゴリー説明はブログウェブ上に見えないのにこれもすべて合わせなければなりませんか?

    応答
    • こんにちは、最主神。 テーマや設定によってカテゴリの説明を表示する場合があるようです。 このブログでは GeneratePressというテーマが使われていますが、私はカテゴリのタイトルは表示されないように隠しました。 もう少し見てみると、カテゴリの説明が実際にはロードされますが、ブラウザでは表示されないようになっていますね。 このような場合は、CSSを使用してカテゴリの説明を表示することができます。 カテゴリーの説明はユーザーには見えませんが、実際にはロードされる可能性があるため、カテゴリーの説明も指定すると良いようです。

      応答
  2. こんにちは。 文を読んで気になることができました! もしカテゴリが英語でpuppyなら、ハングルで犬のタグを付けることも同じで、Googleは扱いますか?

    応答
  3. サイト運営まったくの初期には、検索量がどのくらいされているキーワードをターゲットするのがよいでしょう? 初心者なので感がアンジャプつけます。

    応答
  4. こんにちは^^今のサイトを作って熱心に書くの練習しています。
    気になる点がありますが。
    上記の文に1つのキーワードを使う場合、間違っているとしました。
    だから考えてみると、「グルメ」の代わりに「永登浦市場グルメ」を使うように言われました。
    「永登浦市場グルメ」をタイトルキーワードで、このように検索される関連キーワードを一緒に書くのが正しいですか?
    そしてロングテールのキーワードに行くほど検索量が減るために関連のキーワードが検索量が少なくともその作成のですか?

    応答
    • こんにちは?

      タイトルにはキーワードが含まれるようにし(なるべく前半に…)、書くときにYoast SEOの機能を活用してYoast SEOに提示する事項をなるべく遵守してみるのも良いようです。

      ちなみにYoast SEOはハングルの調査を正しく認識できないことがありますので、その点を考慮してください。

      ロングテールキーワードは競争が少ないため、検索エンジンで上位に露出される可能性が高く、また漠然としたキーワードで入った訪問者に比べて訪問者品質の面でより良いようです。 例えば、永登浦市場周辺のグルメを探している人が「グルメ」キーワードで上位に占めているが、該当文が江南駅周辺のグルメ文だとすぐ離脱することになります。

      最初はいくつかのテストをしてみてください。

      応答
  5. WordPressも検索で戦争中のこと合うようです。
    私 Newspaperとthe7テーマを中心にしており、この二つのテーマを検索し多くのことガトドラグヨ.. ^^

    応答
    • WordPressがますます多くなっていますので、最近開始したブログの場合、Googleで以前よりも上位に露出されるに以前よりも多くの努力が必要なようです。

      数年前に開始した場合先取り効果のために少し文章を作成しても、Googleで比較的よくさらされるでしょう。

      応答