[WordPress]企業会員と個人会員の登録フォームを作成する - PART I

Corporate vs Individual Membership  - ワードプレスの企業会員向けと個人会員の登録フォームを作成し

上の図は、KOTRAの会員登録画面です。 上記のように会員登録をクリックすると、企業会員と個人会員の中から当該会員の種類を選択するようにして、企業会員と個人会員に対して別々の登録フォームを作成する場合が発生することがあります。 実際、このような質問がワードプレスコミュニティに上がってきたことがありました。 通常は、ワードプレスのコアファイルを変更したりして、別のメンバーの評価を追加して登録フォームを構成しようとするものです。 しかし、いずれの場合も、ワードプレスのコアファイルを修正することは非常に望ましくありません。 (後日ワードプレスが更新されるたびに苦労を与えてになります。)または 有料プラグインを使用すると、似たような機能をするプラグインを見つけることができるでしょう。

この記事では、単純な関数を使用して、別のメンバーの評価(Role)ごとに個別の登録フォームを作成し、入力された会員情報が個人Profileページにも登録されるようにする方法を説明する予定です。

本格的に開始する前に、新しいメンバーの評価(役割)を作って、会員登録ページへの企業会員と個人会員を分離するページを作成します。

この記事に続いてPart 2を計画したが、Part 2は何の理由なのか覚えていませんが、作成されていません。 直接コーディングでは、この機能を実装したい場合、基本的に "Separate registration and login for different roles"文を参照して応用してみてください。当時stackexchange文を参照して、この機能を実装したが、あまりにも長い間されてどのようにしていることを覚えて出ないですね。コーディングの知識が不足している場合、プラグインを使用する方法を利用してみてください("ワードプレス登録時にユーザーが会員の評価を選択できるようにする"参照)。

新しいメンバーの評価(役割)を作成する

新しい会員レベルに corporate(企業)とindividual(個人)を作成することです。 この作業は、手動でもなるだろうが簡単にUser Role Editorを使用するようにします。 詳細については、 ここをクリックして、この記事で紹介された方法に基づいて新しい役割を作成するようです。

New roles using User Role Editor

ここでは、企業(corporate)の役割と個人(individual)の役割を作成しました。 販売(seller)、買い​​手(buyer)など探し役割を作成するようです。

企業会員と個人会員登録ページに分離させる会員登録ページを作成する

次にすべきことは会員登録もしくは会員登録リンクをクリックしたとき、企業会員と個人会員の中から選択できるようにする画面を作成するようにします。 一番上の図のように作ってもされ、目的のレイアウトにするようにします。

Select Membership Type

ワードプレスの管理画面で、 ページ>新しいページを追加を選択して新しいページを作成します(例えば、registration)。 リンクは次のように設定するようにします。

  • エンタープライズ会員登録ページのURL:http://www.example.com/wp-login.php?action=register&role=corporate
  • パーソナル会員登録ページのURL:http://www.example.com/wp-login.php?action=register&role=individual

もちろん role = corporaterole = individual 部分は、状況に応じて適切に修正するようにします(例えば、role = seller、role = buyer)。

「登録する」のリンクを変更する

上記の新たなメンバーの役割と会員登録のページを作りました。 しかし、ワードプレスで "登録する「メニューをクリックすると、ワードプレスの基本登録フォームに移動します。したがって、 "登録する"あるいは"会員登録「メニューを押したときに上記で作成し会員登録ページ(例えば、 登録 ページ)に移動するようにする必要があります。 この場合は、単にメニューに 登録 ページを追加することも可能だろうが、その方法ではなく、 この記事に記載されている方法に基づいて "登録する」をクリックすると、新しいメンバー登録ページ(上記で作成し会員ランクを選択できるページ)へ移動させるようにします。

これで準備が完了しました。 今では "登録する"をクリックすると、会員ランク(企業または個人)を選択できる会員登録ページが表示されます。 次の記事では、企業会員の登録フォームや個人会員用登録フォームを構成し、ダッシュボードのユーザープロファイルにそのような情報が登録されるようにする方法について説明します。

注:


2のコメント

  1. PART 2を計画していた点滅していたね。

    参考までに人気のプラグインのいずれかであるUserPro( https://1.envato.market/4AWR3 )で 「Conditional Fields」(条件付きフィールド) 機能を追加したとします。 UserProの条件項目の機能を使用すると、上記で述べた内容を簡単に実装することができるようになります。 下文を参照してみてください。

    https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EB%A1%9C%EA%B7%B8%EC%9D%B8-%ED%94%84%EB%A1%9C%ED%95%84-%ED%94%8C%EB%9F%AC%EA%B7%B8%EC%9D%B8-userpro-%EC%A1%B0%EA%B1%B4%EB%B6%80-%ED%95%84%EB%93%9C/

    返信
    • 次の記事では、企業会員の登録フォームや個人会員用登録フォームを構成し、ダッシュボードのユーザープロファイルにそのような情報が登録されるようにする方法について説明します。>>このコンテンツの更新計画はまだ無いでしょうか?

      返信

コメントを残す