WordPress サイト移転する - Duplicatorプラグインの使用

WordPress ベースサイトを移行したり、ローカルで作業したサイトをWebホスティングベンダーサーバーに移動したい場合は、Duplicatorプラグインを使用して簡単に移動できます。 Duplicatorという言葉が意味するように、このプラグインはサイト全体を複製するので、簡単に以前の作業を完了できます。 移行前/後のサイトURLが異なる場合、このプラグインに移行するとサイトURLが自動的に一括変更されるため、サイトURLを変更する必要はありません。

マルチサイトをご利用の場合は、Duplicatorの無料版はご利用いただけません。 Duplicatorまたは他の移行プラグインを使用して移行する操作が失敗する場合は、以下の「Duplicatorバックアップ/復元に失敗した場合「部分を参考にしてみてください。

クラウドウェイズを使用する場合は、独自の移行プラグインが提供されます。 クラウドウェイズでアプリケーションを作成すると、一時URLが提供され、 WordPress 移行プラグインを使用して、現在のサイトをドメインを変更せずにCloudwaysに移行した後にドメインを接続できます。 これにより、サイトを中断することなくサイトにアクセスできます。

[この記事は2023年11月16日に最後に更新されました。 ]

Duplicatorプラグインを利用した WordPress サイト前の手順

一時ドメインまたはPCでサイトを作成した後、実際のサイトに移動したりWebホスティング会社を変更したりする場合は、プラグインを使用してサイトを簡単に移行できます。

次の手順に従ってDuplicatorプラグインを使用して WordPress サイトを移転することができます。

1. パッケージファイルの生成

戻る WordPress サイトDuplicatorをインストールして、レプリカ(パッケージ)を作成します。

2. パッケージファイルのダウンロード

パッケージファイル(2つ)をコンピュータにダウンロードします。

3. パッケージファイルのアップロード

ダウンロードしたパッケージファイルを新しいサーバにアップロードします(FTPを使用)。

4. 移行の実行

インターネットブラウザのアドレスウィンドウにhttp://新しいアドレス/installer.phpと入力してDuplicatorインストールファイルを実行します。 これにより、データとDBが新しいサーバーに複製されます。 このとき、新しいサイトのDB情報が必要です。

5. 固有アドレスリセット

複製が完了すると、新しいサイトの WordPressに接続して 設定>固有のアドレスで変更を保存]をクリックします(この作業は、.htaccessのURL writeルールを更新するためのものだね)。

6. パッケージファイルの削除

サイトにあげたパッケージファイルを削除します。

作業を進める前に、新しいサイトのDBとコンテンツを初期化することをお勧めします。 テストした結果、新しく移行されるサイトに WordPressがインストールされていても複製が可能です。 WordPress 関連ファイルだけが上書きされ、他のファイルは削除されずにそのまま残ります。 したがって、できるだけ早くサイトを初期化することをお勧めします。 新しいサーバーへ WordPressがインストールされている場合にwp-config.phpファイルを削除しないと、「wp-config.phpを削除するか、ファイル全体を削除する」というエラーメッセージが表示されます。

そしてもう一つ、Duplicatorを使用してパッケージを作成するときに、サーバーに ある程度の容量が必要 します。 スペースが不足している場合、不必要なファイルを削除したり、などの方法を介して空間を確保してください。

まず、全体のプロセスを次の動画を使用して確認してください。

実際の画像を使用して進行状況を見てみましょう。

WordPress サイト以前のプラグインDuplicatorインストールとパッケージの作成

Duplicatorインストール

まず、 複写機 プラグインをインストールします。 WordPress 管理者ページ(ダッシュボード)で プラグイン]> [新規追加をクリックし、「Duplicator」で検索してインストールします。

WordPress サイト以前のプラグインDuplicatorインストール

インストールして有効にすると、通知パネルに「Duplicator」という新しいメニューが作成されます。

新しいバックアップパッケージの作成

左側のメニューから Duplicator> Packagesをクリックして 新規作成 タブを選択します。

WordPress Duplicatorプラグイン - パッケージ新規作成

その後、以下のように表示されます。

WordPress Duplicatorプラグイン - パッケージの作成

特定のフォルダやファイルを除外した場合 Enable File Filtersをチェックし、ディレクトリやファイルの拡張子(File Extensions)またはファイルを該当するボックスに完全なパス名と一緒に入力してください。

Duplicatorでパッケージを作成するときに、パスワードを指定することができます。 セキュリティのために セキュリティEnable Password Protectionをチェックして、パスワードを指定してください。 この機能は、最近のセキュリティのために追加されたものです。

準備ができたら Nextをクリックします。 その後、エラーがないスキャンした後に結果を表示します。

WordPress Duplicatorサイト前

Webホスティング環境のデータ/DBサイズによっては、このSystem Scanプロセスを通過できない場合があります。 このプロセスが失敗した場合は、問題のある部分を修正するか、Webホスティングに連絡して問題を解決してからやり直してください。 問題を修正できない場合は、手動で移行を続行する必要があります。 しかし、ほとんどのホスティングサーバーで問題は発生しません。

Noticeに表示される項目は、チェックして無視できることを確認するようにします。 たとえば、テストで Size Checks 部分のNoticeをクリックしたら、次のようにご案内しています。

Duplicatorシステムスキャンの結果

一部の低価格のホスト(budget host)で大規模なサイトを圧縮する場合、タイムアウト(timeout)問題が発生することができると説明していますね。 タイムアウトの設定が低すぎる場合は、この設定を高めてくれるのが安全です。 一部の低価格ホスティングでは、PHP iniの設定を変更できない場合があります。 そのような場合、問題が発生する可能性があります。

※Webホスティングサーバーのディスク容量が不足していない場合、パッケージのビルドに失敗します。 理論上、現在のデータファイルの2倍に相当するディスクの空き容量が必要ですが、それよりも少し小さくても問題が発生しないことです。 しかし、空き容量があまりにもなければ、手動で以前してください。

検討を終えた後の一番下の "Yes. Continue with the build process!" (たとえば、ビルドプロセスに進みます) 横のチェックボックスをチェックして 完成に向けてあなたの背中を押してくれる、執筆のための持続可能で本物のモーメンタムを作り出す。をクリックします。 このチェックボックスがある場合はチェックしないと、 完成に向けてあなたの背中を押してくれる、執筆のための持続可能で本物のモーメンタムを作り出す。 ボタンが有効になりません。

Buildボタンを押すと、パッケージの構築(Building Package)が開始されます。 場合に応じて、次のような画面が表示され、ビルドが中断されることがあります。

Duplicatorパッケージビルド中止

上記のような画面が表示されたら、ビルドが中断されると、最初からパッケージの作成を開始してみると、きちんとビルドになることもあります。 それでも、ビルドが失敗した場合、上記の画面で提示する方法を検討し、適切なオプションを選択して進めてみてください。

参考に、エラーが発生していなくても、データやDBが大きすぎる場合、正常にバックアップファイルが作成されないことがあります。 (このような場合は、パッケージファイルを作成するたびにサイズが異なる場合があります。)このような問題が発生した場合、手動で移行する必要があります。

ビルドに成功すると、次のような画面が表示され、ファイルをダウンロードすることができます。

Duplicatorパッケージの作成完了
パッケージビルドが完了

Duplicatorプラグインを使用してサイトを移行した後は、このプラグインを削除することをお勧めします。 Duplicatorを更新せずに放置すると、セキュリティ上の問題が発生する可能性があります(」100万個以上のサイトに設置された WordPress Duplicatorプラグインで、セキュリティの脆弱性が修正されました"参照)。

パッケージファイルのダウンロードしてftpサーバにアップロードする

上記の パッケージビルドが完了 画面でinstallerファイルとArchiveファイルをコンピュータにダウンロードした後、ftpクライアントを使用して、新しいサイトのサーバーにこれらのファイルをアップロードします。 FTPの使い方は この記事を参考にしてみてください。

新しいサーバーにパッケージをインストールする

Webブラウザにだけあげた installer.php ファイルのパスを入力します(たとえば、 http://www.example.com/wp/installer.php)。 その後、Duplicator Installerが実行されます。

WordPress サイト前

パッケージをビルドする際にパスワードを指定した場合は、パスワードを入力する画面が表示されます。 パスワードを入力します 下にパスワードを入力し、 送信をクリックします。

Duplicator配布画面

Deployment画面が表示されます。 失敗が表示された場合は、その項目を確認して問題を修正する必要があります。 一番下の「I have read and accept all terms & notices (required to continue)」をチェックして Nextをクリックします。

WordPress サイト移転する

Install Databaseページが表示されます。 DB情報を入力して、一番下の Test Databaseをクリックして、データベースの情報が正しいかどうかテストする必要があります。

  1. Host:通常localhostです。 ガッビアーノの場合DB IPアドレスを入力する必要があります。
  2. Database:DB名
  3. User:DBユーザー
  4. Password:DBユーザーパスワード

上記の情報がわからない場合は、Webホスティング会社やサーバ管理者にお問い合わせください。 情報が正しくない場合DB接続に失敗したと表示され、次のステップに進むことができません。 DB情報を正確に入力して、データベースのテストに成功すると、 Nextをクリックします。

Duplicatorインストールの確認メッセージ

ファーストコメット などの海外ホスティングで複数のサイトをインストールした場合、複数のDBが作成されているはずです。 奇妙なサイトのDB情報を入力すると、そのDBが完全に削除されますのでご注意ください。

Install Confirmation ポップアップウィンドウが表示さ OKをクリックします。

WordPress サイト移転するDuplicator

Update Data ページが表示されたら、設定を確認します。 管理者アカウントを作成し、たい場合 オプションをクリックして、新しい管理者アカウントを追加することができます。

Nextをクリックすると、サイト前の処理が完了します。

Duplicatorサイト前の完了

サイトの前に成功すると、上記のような画面が表示されます。 管理者ログインをクリックしてログインすると、インストーラファイルが自動的に削除されます(「Auto delete installer files after login(recommended)」オプションがチェックされている必要があります)。

新しいサイトの WordPress 管理者としてログインし、設定>固有設定で「変更を保存」をタップすると完全に完了します(設定を変更する必要はありません)。 そして、パッケージファイルは、セキュリティのために削除してください。 管理者としてログインしてユーザーアカウントを新しいサイトに合わせて整理することで、以前のが完全に完了します。

テストのためにローカルで WordPressを作ったが、実際のサーバーに移動するとき、このプラグインを使用すると、非常に便利と思われる。

追加1

IEで「長く実行されるスクリプトのために...「エラーが発生した場合、 次の記事を参考にしてDuplicatorで一時的に問題を解決することができます。♠

追加2

DBが大きすぎる場合には、手動で直接移転を進めヘジュオヤます。 場合によっては、SSHシェルからDBをimportしてなければすることができます。 SSHをサポートしていない場合は、DB細かく割ってインポートする方法を検討してみることができます。♠

追加3

Cafe24でDuplicatorを使用した以前のプロセスで白い画面が表示されたり、エラーが発生した場合は、「アンチウェブセル」の設定を解除してからお試しください。


Duplicatorバックアップ/復元に失敗した場合

プラグインを使用した、以前のが失敗した場合は、手動でサイトを移転します。 手動で移行する方法は:

  1. データのコピー: WP-コンテンツ フォルダ内のすべてのファイルを新しいサイトにコピーします。
  2. DB前:phpMyAdminやSSHなどを介してDBをImportします。
  3. 古いURLアドレスを新しいURLアドレスに一括変更します(DB作業)。

次のビデオを参照してください。

手動で移行するのが難しい場合や、Amazon AWS/Lite Saleなどに移行する場合は、UpdraftPlusバックアッププラグインを使用して移行することも可能です。 このプラグインを使用すると、DB/データが大きい場合でも比較的確実に移行が可能です。 UpdraftPlusを使用して、次のプロセスに移行できます。(AサイトからBサイトに移行するとき)

  1. AサイトからUpdraftPlusにデータとDBをバックアップします。
  2. Bサイトへ WordPressをインストールし、UpdraftPlusプラグインをインストールします。
  3. BサイトのUpdraftPlusページからバックアップしたデータとDBをアップロードします。
  4. バックアップコピーでサイトを復元(以前)します。

UpdrftPlusは無料版ですが、次の場合はUpdraftPlusプレミアムバージョンを使用する必要があります。

  1. サイトの住所が変わった場合
  2. DB table prefixが異なる場合
  3. マルチサイトの場合
  4. wp_で始まらないDBテーブルがある場合(例えば、マンボード)

UpdraftPlusプレミアムバージョンの詳細は、「UpdraftPlus WordPress バックアッププラグイン無料版対。 プレミアムバージョン「を参考にしてください。

いくつかの方法にもかかわらず、サイトの前に失敗した場合 このページでサービス(有料)を求めることができます。

メモ:

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

113のコメント

  1. こんにちは。 以下に質問した質問者です。 私は現在他の人です Bluehostから2つ WordPressを運営していましたが、最近 Bluehost アカウントを作成して他人が運営していた WordPress2つを移動したいと思います。 (結論として、既存/新しいホストの両方 Bluehost)現在のファイルジラを通じて既存のファイルを丸ごとダウンロードして、新しいホストに樽で貼り付けました。 ところで作成した文章を見ると、DB以前の作業についての内容がありますが、この部分をまったく知りません。 この部分について説明していただけますか?

    1. 手動で移行したいですか?

      基本的には
      1.データと
      2. ディビをバックアップして移行できます。

      サイトのアドレスが変更された場合は、以前にディビのURL全体を変更する必要があります。

  2. こんにちは質問があります。 私は現在2つのプラグインを受け取るまで完了し、ファイルジラを介して新しいホストにアップロードしようとしています。 問題は明らかです BluehostのFTPアカウントも作成し、そこにあるユーザー名ホスト名パスワード、ポートをファイルジラに書き込んで接続ボタンを押しても引き続き接続失敗が出ます。 そこで問題解決方法中にShred IP Addressアドレスをホストアドレスの代わりに入れようとしましたが、ファイルジラに接続され、プラグインで受け取った2つのファイルをアップロードしました。 その後、phpファイルの実行のためにドメインアドレス/installer.phpを実行したところ、サイト接続自体はできません。 このような場合はどうすればよいですか?

    1. こんにちは、shinさん。 Bluehostでは、一時アドレス(mybluehost.meのサブドメイン)を提供しますが、韓国では何らかの理由で接続がブロックされるようです。

      現在の状態でサイトを中断することなく移行するには、手動で移行する必要があります。

      あえてDuplicatorまたは他のプラグインを使用して移行するには Bluehostに移動した後に可能です。 これにより、ネームサーバーの変更により1〜2日程度の中断が発生します。

      ちなみに最近、よく使われている同様のレベルのホスティングサービス FastCometの場合、一時アドレスが提供されるため、一時アドレスからサイト移転をした後にドメインを移動すれば中断することなくサイト接続が可能です。 FastCometは東京リージョンを提供しているので、スピードの面で Bluehostより大丈夫でしょう。

  3. こんにちは、このプラグインでホスティングを転送しながら移動しました。
    php 7.4.28> 8.1.2に移行しましたが、もし問題はありませんか?

    1. こんにちは、ワープ様。 PHP 7.4環境からPHP 8.1環境に移行すると、問題が発生する可能性があります。 このブログは現在PHP 8.1が適用されていますが、問題は発生しません。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EB%B8%94%EB%A3%A8%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8A%B8-php-8-1-%EC%A0%81%EC%9A%A9%ED%95%98%EA%B8%B0/

      人気のテーマやプラグインでは問題が発生しない可能性が高いです。 しかし、アップデートがうまくいかないプラグインやテーマを使用している場合、問題になることがあります。

      移転後に問題になったら…

      1. 問題となるテーマやプラグインを削除し、代替テーマやプラグインと交換するか、
      2. PHPバージョンを8.0に下げて問題が発生しないことを確認してください。 それでも問題が発生した場合は、PHP 7.4に設定する必要があります。

  4. こんにちは。 duplicatorプラグインを使用してサーバーの移行を試みます。
    ステップ4で管理者ログインをタップし、ログインすると
    「申し訳ありません。このページにアクセスすることはできません。」
    フレーズが浮かんでいる理由は何ですか?

  5. 試行錯誤がありましたが Bluehostから Cafe24に移転(Bluehostが国内PGに加入が拒否されたことに成功しました。 先生のすばらしい情報があったので可能でした。 とても感謝して幸せなお正月をお祈りします。

    1. この文が役に立ったとは私も嬉しいですね。 今年が何日も残っていませんでした。明けましておめでとうございます。

  6. Cafe24ホスティングでは、同じ Cafe24 マネージド WordPressへの移行しようとしています。
    第ウェブハードの容量を見て、500メガで367メガを使用中だと133メガが残っています。 この程度残っていてもDuplicatorで複製して転送することができますか?

    1. 500MB面の容量が小さいですね。 367Mを使用していて、残りの容量が133MであればDuplicatorなどのプラグインを使用した、以前に失敗しています。

      次のような順序で、以前のを進めて見ればいいようです。

      1. Cafe24 マネージド WordPressに登録します。
      2. Cafe24カスタマーサポート掲示板に「現在のアカウントから Cafe24 マネージド WordPress アカウントに移動しようとしていますが、現在のアカウントのすべてのファイルとDBをマネージドワープアカウントにそのままコピーできるかどうかを尋ねてください。

      もし Cafe24で、データファイルとデータベースをコピーしてくれれば、ドメイン接続を解除し、新しいアカウント(Cafe24 マネージド WordPress)に接続すると、以前に完了となります。

      Cafe24からファイルをコピーをできなく与えるとすればUpdraftPlusプラグインに移行することができます。

      1. wp-contentフォルダを丸ごとPCにダウンロードします。
      2. UpdraftPlusプラグインを使用してDBをバックアップしてPCにダウンロードします。
      3.新しいアカウント(マネージド WordPress アカウント)で WordPressをインストールします。
      4.新しいアカウントでFTPに接続してwp-contentフォルダを削除して、バックアップしたwp-contentフォルダをアップロードします。
      5.新しいアカウントの WordPressにログインしてUpdraftPlusをインストールし、バックアップしたDBファイルをアップロードします。
      6. UpdraftPlusでDBを復元します。

      上記の手順で行わください。

      UpdraftPusを利用したサイト前には、以下の記事を参照してみてください:

      https://avada.tistory.com/2318

      1. 前をよくしてください。 Cafe24に要求すると、新たに加入しているアカウントで、現在のアカウントのファイルとDBを複製してくれないかと思われます。 その後、何の困難もなく、以前は可能になります。

        個人ブログなら(このブログのように) Bluehostを利用して GeneratePressナ Astraのようなクイックテーマを使用すると、スピードがまともに出てきそうです。 スペースも事実上制限がないので、ディスクスペースへの圧力から抜け出すことができます。

        楽しい秋夕送ってください。

  7. ワード様、その間 Cafe24の WordPressで練習した後、ワードさん推薦された bluehostに乗り換えました。 そしてワード様のおかげで、 Cafe24から Bluehostに移動もうまくいった。 ところが複製後 Bluehost 管理にログインが突然ならないのです。 だからもしかしたら Cafe24で使用していたユーザ名と非番にログインをしたら、通常のログインがんですよ。 Cafe24のユーザ名と休みは練習用だったので捨てたくて、元の Bluehost ユーザ名と非番に戻りたい、どうすればいいですか?

    1. こんにちは? 私 Bluehost 内My Sitesでログインしていないし、サイトのアドレス/ wp-adminを使用して、通常のログインする方です。 Cafe24から Bluehostに移転したため BluehostのMy Sitesでログインできない場合 Bluehostライブチャットで一度お問い合わせしてみてください?

      https://avada.tistory.com/771

      ユーザ名と非番を変える方法は、比較的簡単です。 phpMyAdminにアクセスして変更ください。 あるいはDuplicatorに復元するときのIDと休みを新たに設定するオプションもあります。 おそらく復元過程でOptionsセクションで制御することができます。

      phpMyAdminを使用して変更する方法は次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-reset-password-in-wordpress/

      BluehostでphpMyAdminにアクセスする方法は、次の記事を参照してください。

      https://avada.tistory.com/1681

  8. こんにちは、既存の Cafe24 サイトからvultrに移転をしようとします。 Duplicatorでは、新しく移るサーバーがキレイ何のファイルもないのいいんです、vultrはone click wordpress 使用時、基本的に WordPressが敷かれた状態でセットされます(もちろん、他の商品を選択することができますが、今後のサービスを考えて wordpress 自動インストールの商品にしたらします)。

    この場合には、デフォルト設定のみされている WordPress サーバーにduplicatorにダウンロードしたファイルをインストールしてもいいですか?(上書きのようになるのか,,,)

    vultr デフォルトインストールされた状態でルートフォルダ内のすべてのファイルを ftp でランダム削除して進めてみると 500 エラーが浮かびます。

    そして本当に最悪の場合には、手動でする方法について書かれてもでしょうか?

    1. こんにちは、ピカチュウ様。

      Vultrに移行する場合はDuplicatorなどのプラグインを使用することがファイルownership関連のエラーが発生しないことです。 (例えば、アップロードがされていないか、またはプラグイン/テーマのインストールがだめ WordPress/テーマ/プラグインの更新がないことがあります。)

      まず、 Cafe24でDuplicatorでバックアップがされているから確認してください。 過去には、 Cafe24でプラグインを使用して、以前のが可能だったが、最近になって Cafe24に移行するときには、問題が発生することがあります。 しかし、 Cafe24でDuplicatorにバックアップするときには問題が表示されるかどうかは分かりません。

      手動で必要がある場合は、このブログを検索してみると、手動で移行する方法について書いて見つけることができようになります。 次の画像を一度参考ください。

      https://youtu.be/Njz2JzAJhic

      sftpを介してファイルをコピーした後は、次のようなコマンドを実行して、ファイルのownershipを設定してくれれば、問題が発生していないようです。

      sudo chown -R www-data:www-data wordpress/
      sudo usermod -a -G www-data www-data

  9. こんにちは朝から作業している言葉くださったとおりduplicatorにinstall.phpとzipファイルを作成しました。 ところが、ftpに2つの接続があり、どこにアップロードするか?sftp://dhc00@dhc00.mycafe24.comに接続するとdhc00ディレクトリの中にDataBackup、wwwフォルダがあります。
    dhc00@dhc00.mycafe24.COMに接続するとすぐにDataBackup、wwwフォルダがあります。
    どこinstall.phpとzipを上げなければならか?
    dhc00@dhc00.mycafe24.COM/ wwwにアップロード http://dhc00.mycafe24.com/www/installer.php
    してもエラーが出ます。

    1. こんにちは、キム・ムンギョン様。

      Cafe24でwwwフォルダの下には、ルートフォルダです。

      wwwフォルダの下に入れても問題になる場合
      1.ドメインが正しく接続されているか確認した後
      2.それでもエラーが発生した場合、手動で移行する必要があります。

      数年前 Cafe24でテストしたときDuplicatorがうまく機能したが、昨年からエラーが発生する場合があるようです。 Webホスティング会社の特定のPHPモジュールや機能をサポートしていないと、プラグインが正常に動作しない場合があります。 おそらくそのような問題であることもあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます