WordPressでPHPのメモリ制限(PHP Memory Limit)を確認し、増やす

Last Updated:2024年01月09日| | 2のコメント

WordPressで設定されているメモリが低い場合Fatal error: Allowed memory size of..." などの問題が発生して エレメンページビルダーでページの編集時に切断エラーが発生する可能性があります。 この記事では、PHPのメモリサイズ制限を確認して、PHP memory_limitの値を増やす方法について説明します。

WordPressでPHPのメモリ制限(PHP Memory Limit)を確認する方法

いくつかの方法を使用して WordPressでPHPのメモリサイズ制限の設定を確認することができます。

サイトの健康ツールを使用してPHPメモリの制限を確認する

WordPress バージョン5以上を使用している場合 WordPress 伝言板>ツール>サイト健康 ページの「情報」タブをクリックして、「サーバー」セクションでPHP ini設定を確認できます。

WordPress PHPのメモリ制限確認

※「サイトの状態」は WordPressが更新され、「サイトの健康」に翻訳が変わりました。

詳細サーバー情報を確認する:phpinfo()関数を使用

詳細サーバーPHP環境の値を確認したい場合PHP情報を表示するphpinfo()関数を使用することができます。 FTP経由でWebサーバーに接続して、任意のファイル(例えば、 php-info.php)を作成し、次の行をファイルに追加します。

<?php phpinfo(); ?>

例えば、ルートディレクトリにこのファイルを作成した場合、ブラウザで http://your-site-address/php-info.phpを入力して、PHPのメモリ制限の設定を確認することができます。

PHP Memory Limit  -  WordPressでPHPのメモリ制限確認

その後、PHPのバージョンをはじめとする各種情報が表示されます。 上の図のように memory_limitのを確認してみると、PHPのメモリの設定を知ることができます。 最初の値は、Local valueで、XNUMX番目の値は、Master valueです。

サーバーの情報を確認した後は、セキュリティのために、このファイルは削除してください。

テーマ/プラグインの機能

別の方法として、テーマやプラグインでサーバー情報をチェックする機能がある場合に活用することができます。 たとえば、ベストセラーのテーマである Avadaの場合 Avada >状態 ページの WordPress 環境 セクションでPHP Memory Limit値が表示されます。

Avada テーマ -  PHPメモリサイズ制限を確認する

Avada テーマが必要とする要件を満たしていない項目は赤で表示されます。 このテーマを使用している場合は、このページでは是正が必要な項目があるかをチェックすることができます。

Newspaper テーマでも似たような機能を提供します。 Newspaper > System status ページの php.ini configuration セクションでphp.ini設定(PHPバージョン、post_max_size、max_execution_time、max_input_varsなど)を確認できます。 また、 WordPress および plugins セクションに WP Memory Limitが表示されます。

同様に Newspaper推奨する設定値よりも低い場合は、警告が表示されます。

64 MB/request - We recommend setting memory to at least 256MB. See: Increasing memory allocated to PHP. You can also check Our Guide.

WooCommerceプラグインがインストールされている場合 WooCommerce »システムの状態でも現在 WordPressでの PHPメモリ制限を確認することができます。

PHPのメモリ制限のサイズを変更する

たとえば、サーバーから256Mに制限されている場合は、ローカルでは256M以内で設定が可能です。 サーバーの設定が低すぎると、Webホスティングサービスプロバイダに連絡して、メモリのサイズ制限を増やすようにする必要があります。

cPanelでは、PHPのメモリ制限サイズを増やす

cPanel環境を提供するウェブホスティングを利用する場合cPanelのメモリサイズを増やすことができるオプションを提供しています。 たとえば、海外のホスティングの一つである Bluehostでは、cPanelのメモリサイズを上方修正することができます。

PHP memory limit値を調整した後、 ツール » サイトの健康でPHPのメモリ制限が増加したことを確認してください。 (反映されるまでに少し時間がかかる場合があります。)

時間が経っても値が増加しない場合は、以下の「wp-config.phpファイルセクションを参照してwp-config.phpファイルにコードを追加すると、値が増えます。

これを行うには、FTP / SFTPに接続できる必要があります。

php.iniファイル

php.iniファイルにアクセスが可能であればmemory_limitラインを見つけてサイズを調整することができます。

memory_limit = 256M

仮に上記のようなラインがある場合はサイズを512Mなどに増やして、問題が、問題が解決するかチェックしてみてください。 もしmemory_limitラインがない場合は、上記のような形式でラインを追加することができます。 行を追加して WordPress 管理者ページ » ツール » サイトの健康でPHPのメモリサイズ制限が増加したことを確認してください。 値が反映されるのに少し時間がかかる場合があります。

.htaccessファイル

一部のWebホスティングでは、.htaccessファイルに次の行を追加してPHPのメモリ制限のサイズを増やすことができます。

php_value memory_limit 512M

Cafe24を利用する場合、.htaccessファイルに上記の行を追加すると、PHPのメモリサイズが増加しています。 もし増加しなければ、次のwp-config.phpファイルのセクションを参照してwp-config.phpファイルにもメモリのサイズを増やすラインを追加してください。

ウェブホスティングに応じて、この行を追加する場合、サイトエラーが発生する可能性があります。 そのような場合、.htaccessファイルに追加した行を削除してください。 (テキストエディタで Ctrlキー + Z キーを押して、最新の作業を元に戻すことができます。)

.htaccessファイルを修正するには、FTPに接続できる場合があります。 次の記事を参照してください。

wp-config.phpファイル

WordPressでPHPのメモリサイズ制限を増やすために WP-config.phpを ファイルに次の行を追加することができます。

define('WP_MEMORY_LIMIT', '512M');

※注意:256MB、128MB形式ではなく256M、128Mのような形式が必要です。 256Mで問題が解決しない場合512Mなどの値を高めてみてください。

wp-config.phpファイルを修正するには、FTP接続が可能必要があります。

ここで設定するメモリサイズは、サーバー自体のメモリの制限サイズ内でのみ可能です。 詳細については、 ここを参照してください。

ホスティングに基づいてPHPのメモリを増やす方法が異なる場合があります。 上記の方法でうまくいかない場合は、ホストプロバイダにお問い合わせする案内を受けることができます。 一部の低価格ホスティングや無料ホスティングでは、PHP ini設定値を調整していないことがあります。

メモ:


2のコメント

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy