ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

FTP接続のみ可能な状態でDBバックアップ取得

Last Updated:2017年9月19日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

はじめ

WordPress サイト制作を専門業者に任せた場合、メーカーからの管理者のログイン情報を渡し受けサイトを正しく動作することができます。 しかし、場合によってはメーカーからの1)管理者のログイン情報を渡しておかないライター(Author)の権限のみを渡したり、2)管理者のログイン情報を提供していますが、管理者の権限が制限されており、実質的に、管理者としての機能を正常にしていない場合があります。 3)さらに、管理者はもちろん、ライターや編集者(Editor)などの権限も全く提供しない場合もあります。 この場合、サイトへのアクセス許可が制限されているか、全くない状態になって更新さ一つ簡単にできなくなることがあります。 (まれに、アップデートが必要になるたび業者から手数料を要求しています。)

Webホスティングを顧客が直接登録した場合、管理者のログイン情報をDBを介してある程度容易に復旧が可能です(参照)。 しかし、管理者権限が制限されている場合には、管理者のログイン情報を知っている私のも、管理者自身の権限が制限されているので、管理者としての役割が制限されることがあります。 このような場合 サービスお問い合わせ(有料)ページを介してお問い合わせください。

FTP情報のみ提供されている場合

問題は、FTP情報のみ提供される場合には、どうでしょうかもし、Webホスティングを依頼が登録した場合は、Webホスティング会社のサイトにログインしてDBを介して、管理者の情報をリセットすることができます。 (このような情報を知らない場合は、Webホスティング会社に連絡して、そのアカウントの所有者であることを証明します。)が、Webホスティングをエージェンシーで登録して管理している場合はDBに接続することができなくなります。 この場合には、サイトを実質的に所有しているといっても、Webホスティングのための権限は、エージェンシーにようになってホスティング会社に連絡しても無駄になります。

このような事態を未来防止するには、Webホスティング程度は直接加入するのが良いようです。 この分野についてよく知らないので、すべてを企業に任せると、やや悔しいことになるかもしれません。 さらに「すべての権限または十分な権限を移転する」という契約を結んでも「すべての権限」あるいは「十分な権限」の範囲がどうなるかが曖昧になり、企業がFTP情報を引き渡したため、すべての権限を引き渡していないかと主張できます。

その後、依頼人として二つのいずれかを選択する必要があります。 1)継続現在エージェンシーとの関係を維持しながら、アップデートが必要になるたびエージェンシーに依頼する場合、あるいは2)DBとデータをバックアップして、新しいWebホスティングに移転する方式です。

メモ: ここでまた、注意すべき点は、ドメインの所有権を挙げることができます。 ドメイン登録までメーカーに一任した場合は、ドメインの所有権がなくなってメーカーに完全に(?)に依存される結果になることがありますので、ドメインも直接登録する必要が安全になります。 そしてサイトで使用されているテーマも直接購入することが、今後のに便利です。 例えば有料テーマを使用している場合はメーカーから購入してインストールすると、後でアップデートが必要になるたびに、会社に連絡して、更新を要求する必要があります。 (または費用はいくらませんが、テーマを直接購入する必要があります。)

FTP経由でDBバックアップ

もしDBとデータをバックアップして、新しいWebホスティングに移転する方法を選択した場合は、次のような方法でサイトを移転することができます。

  1. データとDBのバックアップ
  2. 新しいウェブホスティング登録(ドメインも前)
  3. バックアップしたデータとDBを使用して、新しいWebホスティングサイトに復元する

データは / WP-コンテンツ/ フォルダを丸ごとコピーして、バックアップしておけばされます。 問題は、phpMyAdminに接続せずにデータベースをバックアップするかです。 インターネットを検索してみると、これに関連し、PHPスクリプトが検索されます。 そんなスクリプトを使用してもなりそうです。 私はインターネット上で検索したいくつかのスクリプトをテストしてみると思うように動作していない。

だから、PHPスクリプトの製品を購入することになりそうでコードキャニオンを検索してみると、いくつかの方法が見つかりました。 その中で最もよさそう Ultimate PHP Site BackupというPHPスクリプトを購入して試してみました。

Ultimate PHP Site Backupこのスクリプトをダウンロードして解凍すると Readme.rtf ファイルの詳細なインストール手順と使用方法が記載されているので、簡単にインストールして使用することができます。

要求仕様:

  • MySQLとPHP5.3以下(またはそれ以上)
  • PHP ZipArchive()機能。 事実、すべてのサーバーにこの機能があります。

PHP 5.0以降で動作すると明記されています(PHP 7の言及はありません)。

Ultimate PHP Site Backupを使用してDBをバックアップした場合、バックアップしたデータファイルと一緒に、一般的な前処理を介して復元することができます。 手動で復元することに関連して問題がある場合 このページを介してサービス依頼(有料)をすることができます。 (簡単な場合安価に可能です。)

最後に、

以上では、FTP接続のみ可能な状況でDBをバックアップ受け取る方法を説明しました。 他にも様々な方法があります。 プログラマなら、直接PHPコードを作成したり、インターネット上の検索されたPHPスクリプトを試してみても、されています。

このような厄介な状況に会わないことが最先のことです。 そのため、サイト制作を任せたときの手間をロプドラドウェブホスティングとドメインは、直接登録し、可能な場合、テーマも直接購入していた場合、どの程度役立つでしょう。

2017年9月追加

別のプログラムを使わずに、簡単なコードだけでもFTP経由でDBバックアップが可能です。 「PHPを介して自動的にDBバックアップする」を参照してみてください。

Cafe24の場合はSSHに接続が可能です。 SSHでは、簡単にDBをバックアップできます。 「Cafe24のPHP 7環境でファイルアップロードサイズを変更し、DBのインポート」を参照してみてください。



コメントを残す

コメント