ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress 記事の最後にユーザーのコンテンツを追加する

Last Updated:2021年3月26日| 7のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressで書かれた(Post)最後に、ユーザープロファイルやその他のコンテンツを一括して追加したい場合があります。 そのような場合、この記事で提示する関数を応用して活用することができます。 または、テーマのフックをダッシュ​​ボードから追加することができる機能を提供する場合よりも、簡単にお好みの部分にユーザーのコンテンツを追加することができます。

[この記事は、2015年度に作成されたが、最新の WordPress バージョンに合わせて文章を修正して再発行されました。 ]

WordPress 記事の最後にユーザーのコンテンツを追加する

WordPress各ポストの端にユーザープログラムや特定のHTMLコードまたはその他のコンテンツを表示したい場合は、次のようなコードを使用することができます。

// 글 끝부분에 ユーザー 문구 추가하기
add_filter ('the_content', 'insertSubscribeNewsLetter');
function insertSubscribeNewsLetter($content) {
if(is_single()) {
$content.= '<div style="border:1px dotted #000; text-align:center; padding:10px;">';
$content.= '<h4>이 글이 마음에 드세요?</h4>';
$content.= '<p><a href="https://www.thewordcracker.com/ko/feed">RSS 피드를 구독하세요!</a></p>';
$content.= '</div>';
}
return $content;
}
Add custom content at the end of posts in WordPress WordPress ポストの端にカスタムコンテンツを追加する

これにより、次のようにすべての記事の最後に、上記の関数で指定されたコンテンツが追加されて表示されます。
この方法を使用すると、別のプラグインを使用していなくても、 Facebook, Twitter などのソーシャルアイコンを文章の下部に追加することができます。

上記のコードは、子テーマを作成した後、子テーマの関数ファイルに追加してください。 Avada, Enfold などほとんどの有料テーマに子テーマのインストールファイルが付属しています。 そのような場合には、テーマに含まれているチャイルドテーマファイルを使用すると、され、ない場合は、簡単なプラグインをXNUMXつ取り付けて、子テーマを簡単に作成することができます。

本文文の前にコンテンツを追加したい場合には、次のような形式のコードを使用することができます。

// 글 앞부분에 코드 추가하기
function insert_customcontent( $content ) {
if ( is_single() ) {
$custom_content = 'Your Content Here';
$custom_content .= $content;
return $custom_content;
}
}
add_filter( 'the_content', 'insert_customcontent' );
// 참고: stackexchange

複数のadd_filterを追加する場合はpriorityを指定して、優先順位を指定することができます。 詳細については、次のStackexchange文書を参照してみてください。

GeneratePress テーマでポストの下部にカスタムコンテンツを追加する

このブログには、現在の GeneratePress テーマが適用されています。 GeneratePress プレミアムバージョンでは、ダッシュボードからフック(Hook)を使用して簡単に目的の場所にコンテンツを表示することができます。

たとえば、このサイト内の個々のポストのタイトル下の下部に表示される AdSense 広告とコンテンツは、すべての GeneratePressのElements機能を使用したものです。 詳細については、次の記事を参照してください。

GeneratePressは、速度が速いことが評価されており、無料版と有料版があります。 無料版でもフックを使用することができますが、テーマの関数ファイルにコードを直接追加する必要があります。

WordPress Neveテーマを使用している場合は、プラグインを追加インストールしてNeveテーマで提供されるフックを簡単に適用することができます。

参照



7のコメント

コメント

  1. Word様こんにちは、
    このブログ記事のコードの一部を(出典明らか)私のブログ記事に利用してもいいですか?

    応答
  2. function.phpをUTF-8でエンコードして、エラーナシ方は(署名なし)で保存すると、エラーがない覚ます参照してください私はEmEditorを使用しました。

    応答
    • 良い情報ありがとうございます。

      私もEmEditorを使用しています。
      functions.phpファイルを見てみると、UTF-8 without signatureになっていますね。

      応答
  3. function.phpをutf-8に変更し保存したら、エラーが発生する解決方法がないでしょう?

    応答
  4. 教えていただいたコードをうまく活用して
    先頭と末尾の両方を作成思うよ!

    良い情報お知らせいただきありがとうございます!

    応答