[WordPress] JetpackのOpen Graph Tags機能を無効にする

Last Updated:2023年07月17日| | コメントを残す
ヘッダでOpenGraphタグの例
ヘッダでOpenGraphタグの例

JetPackのOpen Graph Tags機能を無効にする方法

JetPackのOpen Graph Tags機能が有効になっている状態で、SEOのプラグインのOpen Graph Tagsを有効にする場合、JetPackはジェトペクのオープングラフタグ機能が自動的に無効にされると明らかにしています(参照).

しかし、 Yoast SEOの記事を読んでみると Yoast SEOを有効にしてもJetPackのOpen Graph Tags機能が自動的に無効にされていないようです。 これにより、OpenGraphタグが重複してGoogle+やFacebookで問題になることができそうですね。

JetPackのOpenGraph機能はPublicizeモジュールに含まれている機能といいます。 (実際にJetPackモジュールの中でOpen Graph Tagsモジュールはないですね。)したがってPublicizeモジュールを無効にすると、問題が解決されることだが、次のようなコードを使用している WordPressのテーマ関数ファイル(のfunctions.php)に追加すると、問題が解決されます。

add_filter( 'jetpack_enable_opengraph'、 '__return_false'、99);

テーマ関数ファイルに上記のコードを追加する方法は、ユーザーコードは、どうすればよい?"文を参照してください。

crunchifyサイト記事によると、次のコードを使用してもなるね。

remove_action('wp_head','jetpack_og_tags');

JetPackは多くの便利な機能を提供しますが、重い感があります。 だから私はJetPackを使用しません。 一種の鷄肋のような存在のようです。 使用するとサイトに負担がかかり、使用しないと残念...特にJetPackの統計機能は有用で長く使用していたが、より強力なGoogleアナリティクスに乗り換えながらJetPackを削除しました(WordPressには、Googleアナリティクスを追加する方法は、 この記事を参照してください)。 ジェトペク使用するかどうかは、個人の好みに応じて決定すれば良いようです。

ジェトペク多くのモジュールをXNUMXつのプラグインで提供することで重い感じがありましたが、今JetPackは 6つのプラグインで提供されています。 必要な機能だけを有効にして使用すると、サイトの速度にはあまり影響しません。

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy