ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress ポストリビジョンを無効/制限する

Last Updated:2021年3月9日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

文を作成してから保存すると、リビジョンが作成されます。 文を修正しながら気に入らないか、または問題が発生した場合、以前のバージョンに戻すとするときに便利に使える機能です。 この記事では、 WordPress ポストリビジョン数を制限したり、無効にする方法について説明します。

WordPress ポストリビジョン数を制限する

あまりにも多くのリビジョンがたまるDBサイズが大きくなって、サイトのパフォーマンス(Performance)にマイナスの影響を与えます。 このため、私は WP-最適化というプラグインを使用して、定期的に削除してきました( "データベースの最適化に WordPress サイトのパフォーマンスを向上させる"参照)。

しかし、これも面倒なので、今のリビジョン数を制限させて、一定数以上のたまらないようにしました。

WordPress リビジョン

リビジョン数を制限するには、次のような行をwp-config.phpファイルに追加します。

define('WP_POST_REVISIONS', 3);

数字を適切に変更するようにします。

WordPress ポストリビジョンを無効にする

リビジョン自体を無効にする方法もあります。 リビジョンを無効にするには、次の行をwp-config.phpに追加します。

define('WP_POST_REVISIONS', false);

自動保存の間隔を変更する

そして WordPressは自動保存(auto-save)機能があり、文を編集するときに、定期的に記事を自動的に保存します。 基本的には、60秒ごとに下書きを保存します。

自動保存の間隔を調整するには、次のようなコードをwp-config.phpファイルに追加するようにします。

define('AUTOSAVE_INTERVAL', 300 ); // in seconds; 단위: 초

もし無効にする、非常に大きな値を入れると、事実上無効になります。

define('AUTOSAVE_INTERVAL', 999999);

おわりに

上記の内容の一部は、このブログで部分的に言及されていて、今回の機会にまとめてみました。 あまりにも多くのリビジョンがたまるDBサイズが大きくなって、サイトのパフォーマンスにも悪影響を与える可能性がありますので、適切な数のリビジョンを維持することが望ましいと思われる。

参照



2のコメント

コメント

    • はい、無効にすることも一つの方法です。
      私は、以前のバージョンに戻す必要がある場合に備えて、4個まで作成するように設定しています。 ところがいざ以前のバージョンに戻すことはほとんどないですね(笑)

      応答