WordPress テーマ、プラグインのテキストを簡単に変更、翻訳する方法

Last Updated:2024年04月29日| | 2のコメント

WordPressでは、Loco Translateプラグインを使用して簡単にテーマとプラグインの文字列をハングルできます。このプラグインを使用して WordPress 通知パネルで文字列を韓国語に翻訳できますが、翻訳するフレーズがどこにあるかを見つけるのが難しい場合があり、今後のテーマやプラグインが更新されると翻訳が初期化になります。

Say What?という WordPress プラグインを使用すると、テーマやプラグインの翻訳可能な文字列を簡単に韓国語に翻訳したり、他の表現に変更したりできます。 テーマとプラグインが更新されても維持し続けたい場合に特に便利します。また、翻訳するフレーズがどこにあるのかを見つけるのが難しい場合にも活用できます。

WordPress テーマ、プラグインのテキストを簡単に変更、翻訳する方法

Say What?プラグインを使用して WordPress テーマ、プラグインのテキストを簡単に変更、翻訳する

Say What?プラグイン

何だって?は使いやすいプラグインで、コードを編集せずにプラグイン、テーマ、 WordPress コアで翻訳可能な文字列を簡単に変更できる無料プラグインです。変更したい文字列を入力し、置換フレーズを入力すると、プラグインは自動的に処理して文字列を変更します。

このプラグインの有料版であるSay What Proもあります。無料版の場合、文字列を見つけるのは少し不便かもしれません。有料版を使用すると、さまざまな機能を使用して文字列をより簡単に変更できます。

  • 文字列の検索とオートコンプリート - コードをチェックすることなく文字列を見つけることができます。サーバーサイドとJavaScriptでレンダリングされた文字列でも使用できます。
  • text-domain 特定のフィルタを使用してパフォーマンスを向上
  • ワイルドカード文字列の置き換え
  • 多言語サポート - 多言語サイトで言語ごとに異なる言語を設定する
  • インポート/エクスポート機能 - ユーザーインターフェイス(UI)を介して簡単に置換文字列をエクスポート/インポートする

一部のテーマとプラグインのText domain

このプラグインを使用して単語やフレーズを変更するには、その単語/フレーズを翻訳可能にし、テキストドメインを知る必要があります。

テキストドメインはテーマとプラグインによって異なります。以下は、いくつかのテーマとプラグインのテキストドメインです。

テーマ/プラグイン名テキストドメイン
AvadaAvada
fusion-builder
GeneratePress テーマgeneratepress
DiviテーマDivi
et_builder
Astra テーマastra
エレメントビルダーelementor
elementor-per
Rank Math SEOプラグインランク数学

参考までに Newspaper テーマの場合 Theme Panel内で翻訳できる設定ページが提供されます。 Newspaper » Theme panel » TRANSLATIONS ページから一部のテキストを韓国語などに翻訳できます。

Newspaper テーマの翻訳

Say What?プラグインを使用して文字列を変更する

プラグイン » 新しいプラグインを追加から Say What?プラグインを検索してインストールできます。

WordPress Say What?プラグイン

Say what?プラグインは簡単な機能を持つプラグインですが、4万個を超える WordPress サイトにインストールされて使用されています。

プラグインをインストールして有効にした場合、 ツール » Text changeで変更する文字列を追加できます。

Add New(新規追加) ボタンをクリックして変更するテキストを入力できます。

テキスト変更を追加

Original string, Text domain, Replacement stringを適切に入力してください。

新しいテキスト変更の設定

原本に変更代謝文字列(原文)、 置換文字列に置換文字列を入力します。 テキストドメインにはテーマやプラグインに合わせて記入します。

Text contextの場合、同じ文字列に対してその状況に合ったテキストを入力します。

WordPress プラグインを作成するとき、プログラマはしばしば同じ文字列を異なる状況で使用するようにしたいと思うかもしれません。例えば、 ポンドという言葉は重量の単位でもイギリス通貨(ポンド化)でもあります。この場合、開発者は Text contextと入力できるそうです。

_x('Pounds', 'Unit of weight', 'plugin-domain');
_x('Pounds', 'The British currency', 'plugin-domain');

このような状況で 重量の単位 또는 The British currencyText contextに入力できます。

一般的な状況では Text contextを空にしておくだけです。

変更する単語/フレーズを入力した後 Add ボタンを押すと登録されます。今後の修正が可能です。修正時に アップデイト ボタンを押すと更新されます。

必要な文字列を登録します。

テキスト変更登録

Avadaを使用するサイトで上記のように登録すると Avada ダッシュボードのメニュー項目の一部が韓国語に変わります。

Avada テーマメニューの翻訳

テーマやプラグインで翻訳が有効になっていない文字列は、この方法では変更できません。 Text-domainは、対応する文字列が追加されたテーマ/プラグインであるファイルのソースコードを介して確認できます。例が以下のようになっている場合、Text domainは 'Avada'です。

		'label'    => esc_html__( 'Maintenance Mode', 'Avada' ),

その文字列がどこにあるかを確認したい場合は、次の記事を参照してください。

String locatorプラグインを使用すると、 WordPress 管理者ページ内で簡単に文字列を検索できますが、検索するファイルが多い場合は、大量のメモリが必要になることがあります。メモリ不足の場合は、「メモリ不足」画面が表示されることがあります。以下は、Operaブラウザでメモリ不足時に表示される画面です。 Chromeブラウザでは少し異なる画面が表示されることがあります。

メモリ不足

メモリ不足が発生した場合は、サイト全体を検索するのではなく、特定のテーマやプラグインを検索するように指定してください。それでもエラーが発生した場合は、Memory Limit(メモリ制限)のサイズを大きくするか、別の方法で文字列を検索することを検討してください。

最後に、

通常はLoco Translateプラグインを使用して簡単に文字列を翻訳できますが、前述のようにテーマ/プラグインが更新されても翻訳が維持されるようにしたい場合、またはLoco Translateで文字列を見つけることができない場合は、この記事で紹介するプラグインを使用できます。あります。

WordPress サイトを多言語に変更したい場合は、WPMLなどのプラグインを利用できます。

参照


2のコメント

コメント

  1. 翻訳可能な単語やフレーズだけがこの方法で変更できますか?翻訳可能なフレーズでない場合は、変更する方法はありませんか?

    応答
    • JavaScriptを使用して変更を試すことができます。

      예:

      // Select the element by its class
      var commentTitle = document.querySelector('.comment-reply-title');

      // Check if the element exists to avoid errors
      if (commentTitle) {
      commentTitle.textContent = 'Your New Text Here';
      }

      応答