WordPress ポストに最終変更日を表示する方法

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

一般的に、ワードプレスのサイトの個別のポストに書か発行日が表示されます。 発行日ではなく、最終的修正の日付に変更すると、訪問者が見るの最新情報が盛り込まれた、より価値のある文章を認識することができ、Googleなどの検索エンジンでも更新日が表示されるので SEOに有利であることができます。

ちなみに、URLに書か発行年と日付が表示されるのは、SEOに常に不利ます。 ユーザーがURLに表示された年を見て文のリンクをクリックしない可能性もあります。 SEOに有利な固有のアドレス体系は SEOに有利なワードプレスのURL構造を参照してみてください。

記事発行日vs. 変更日を表示

ワードプレスでは、個別の記事に書かれ発行日と修正日(更新日)を表示することができます。 通常は、文が公開された日付が表示されます必要に応じて修正日付のみを表示したり、その両方を表示することができます。

文発行日を表示する場合、Googleなどの検索エンジンにさらされると、数年前に発行されたグローバル表示され、新しい情報を探し、ユーザーがクリックをしていない可能性もあります。

更新日を表示すると、文が長くされても情報を更新すると、最近変更された日付が、Googleに反映されて露出されるので、SEO(検索エンジン最適化)に役立つことができます。

ワードプレスのポストに発行日の代わりに修正日付表示 - 最後に更新された日付がGoogleの検索エンジンにさらされる。
数年前に発行された記事であっても変更日を表示すると、最後に更新された日付が、Googleにさらされる。

場合によっては、発行日と変更日の両方を公開することができますが、この場合、通常発行日は、検索エンジンに反映されることがあります。 発行日を表示する場合は、更新がいつ行われたかを表示してくれることも考慮してみることができます。 例:

[この記事は2020年3月7日に最終更新されました。 ]

ワードプレスのポストに最終変更日を表示する方法

ほとんどのワードプレスのテーマでポストに発行日(Post Date)の代わりに、更新日(Modified Date)を表示するためのオプションを提供していません。 個別記事に最終更新日を表示したい場合は、以下の方法を利用することができます。

一般的な方法

一般的に、次のようなコードをテーマファイル内の適切な場所に挿入するか、発行日の部分を置き換えることができます。

// 워드프레스 포스트에 글 변경 날짜 표시
$u_time = get_the_time('U'); 
$u_modified_time = get_the_modified_time('U'); 
if ($u_modified_time >= $u_time + 86400) { 
echo "<p>Last modified on "; 
the_modified_time('F jS, Y'); 
echo " at "; 
the_modified_time(); 
echo "</p> "; } 

または、次のようなコードをテーマの関数ファイルに追加することも考慮してみることができます。

// 글 콘텐츠 상단에 글 변경 날짜 추가
function wpb_last_updated_date( $content ) {
$u_time = get_the_time('U'); 
$u_modified_time = get_the_modified_time('U'); 
if ($u_modified_time >= $u_time + 86400) { 
$updated_date = get_the_modified_time('F jS, Y');
$updated_time = get_the_modified_time('h:i a'); 
$custom_content .= '<p class="last-updated">Last updated on '. $updated_date . ' at '. $updated_time .'</p>';  
} 
 
    $custom_content .= $content;
    return $custom_content;
}
add_filter( 'the_content', 'wpb_last_updated_date' );

上記のコードを使用する場合、必ず チャイルドテーマ(子テーマやサブテーマとも呼ばれる)を作成し、適切なテーマファイル内に追加したり、チャイルドテーマフォルダ内の関数ファイル(functions.php)に追加してください。 そうでなければテーマが更新されると変更が失われます。

テーマでフックを提供する場合:GeneratePressテーマでポストに最終更新日を表示する方法

このブログには、現在 GeneratePressテーマが適用されています。 GeneratePressテーマでも文の変更日付を表示するオプションが提供されていませんが、このテーマでは、様々なフック(アクション/フィルタ)が提供されるため、フックを利用して、簡単にポストの日付を書き込みが最終的に変更された日付に変更することができます。

GeneratePressで「更新日」を表示したい場合は、子テーマを作成し、子テーマの関数ファイルに次のようなコードを追加するようにします。

// Display 'Last Modified Date' in GeneratePress
// GeneratePress 테마에서 업데이트 날짜 표시하기
add_filter( 'generate_post_date_output', function( $output, $time_string ) {
    $time_string = '<time class="entry-date published" datetime="%1$s" itemprop="datePublished">%2$s</time>';

    if ( (get_the_time( 'U' ) !== get_the_modified_time( 'U' ) ) && is_singular( 'post' ) ) {
        $time_string = 'Last Updated: <time class="entry-date updated-date" datetime="%3$s" itemprop="dateModified">%4$s</time>';
    }

    $time_string = sprintf( $time_string,
        esc_attr( get_the_date( 'c' ) ),
        esc_html( get_the_date() ),
        esc_attr( get_the_modified_date( 'c' ) ),
        esc_html( get_the_modified_date() )
    );

    return sprintf( '<span class="posted-on">%s</span> ',
        $time_string
    );
}, 10, 2 );

テーマファイルを保存した後のポストを更新してみると、図のように最終更新日が表示されます。 (更新日が表示されない場合は、キャッシュプラグインのキャッシュを削除して、ブラウザのキャッシュも削除してください。)

GeneratePress Last Update Date Shown compressor  - ワードプレスのポストに最終変更日を表示する方法

もしポストの日付が表示されない場合は ワードプレスの管理ページ>テーマのデザイン>カスタマイズ> Layout> Blogに移動した後、 シングル タブをクリックして、 Display post date オプションのチェックボックスを選択すると、GeneratePressテーマのブログ記事にポストの日付が表示されます。

GeneratePressテーマ - ポストの日付表​​示オプション

Blog オプションページで、ブログ記事に表示するポストメタデータを設定することができます。

注:



6のコメント

  1. 最初から公開された日付を取り除くには、何を変更する必要がいいですか?
    写真をあげたが、写真を追加や出版社のIDが出てくる
    両方出ないよ。
    ただすっきり写真だけ出るようにしようとしています。

    応答
    • 次の記事を参考にして、ポストの作成者名(ユーザ名)と発行日を表示しないようにしてみてください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-hide-author-information-in-wordpress/

      使用中のテーマとサイトのアドレスを教えていただければCSSコードで非表示にできるように、関連するコードをお知らせします。

      応答
  2. Newspaperの場合Cloud TempletesでSingleページを構成してすることができものののにかなり面倒です。 希望Singleページもなく直して使い勝手も曖昧で Newspaper テーマの場合は、そのコードが一部墨ヒギンたというがよくダメですね。

    テーマでフックをサポートするれましたが、それは何を言っている理解が持つですね。

    応答
    • Newspaper テーマの基本的なテンプレートのいずれかを使用していらっしゃるんです?

      少し調べてみるとDEFAULT SITE POST TEMPLATEを使用した場合Style 2ではないかと考えますね。

      Newspaperの場合、一般的な方法でチャイルドテーマが動作していません。

      スタイル2を使用するという前提の下で説明しましょう。

      / wp-content / plugins / td-standard-pack /Newspaper/ parts / singleフォルダにあるスタイルファイル(スタイル2の場合loop-single-2.phpファイルとsingle_template_2.phpファイル)をチャイルドテーマフォルダ内の/ wp-content / themes /Newspaper-child / parts / singleフォルダにコピーします。

      更新日で表示したい場合は、日付の部分を https://www.thewordcracker.com/en-us/how-to-show-the-last-updated-date-for-posts-in-newspaper/ 文で「Replace it with the following: "のすぐ下に記載されコードに置き換えてください。

      スクリーンショットを参照してください。

      https://www.screencast.com/t/508D3NJX6

      他のスタイルを利用する場合にも、同様の方法でできます。

      ただしDefaultスタイルを利用する場合には、single.phpファイルを変更する必要がするんですが。 この場合、正常に動作しないことです。 なぜならsingle.phpファイルでパスが一つ間違っているからです。 パスを適切に変更すると、問題が解決されます。

      時間の日時 Newspaperでチャイルドテーマを活用する方法について書いて一つ作成しようと考えているが、...なかなか機会がないね。
      次の週に一度まとめてみなければなりません。

      応答
      • style2フィットします。 チャイルドテーマにコピーた後みました。 やはりテーマ構造についてパサク鋭いです。 その方法を考えてみたが、構造に対してよく分からなくてずいたありがとうございます。

        言われた通りに変更したらよくなりますね。 本当にありがとうございます。 構造を理解したら、他のものも、このような方法でするとなるようです。

        https://img1.daumcdn.net/thumb/R1280x0/?scode=mtistory2&fname=http%3A%2F%2Fcfile8.uf.tistory.com%2Fimage%2F998FE2395E64B49903B20E

      • 私 Newspaperを使用当時のメジャーアップデートが二度ありました。

        最初のメジャーアップデート時にテーマのデフォルトのテンプレート機能がtagDiv Composerに移動しました。 そうするうちに、最近メジャーアップデートでは、テーマのデフォルトのテンプレート機能がtagDiv Standard Packに移動しました。

        したがって、デフォルトのテンプレート(スタイル)を使用している場合はtagDiv Standard Pack内のファイルを利用する必要があります。

        私もこの部分をよく分からなくて Newspaperと数回メールをやりとり受けやっと理解できました。
        NewspaperはtagDiv Cloud Libraryでカスタマイズする方法で変わり、標準 WordPress 方式とは少し遠い方式を採用しています。

        おそらくこれ以上変変わらないようです。

        上記スタイルファイルから不要な要素(例えばAuthor name、Viewsなど)は削除できます。