WordPress メディアゴミ箱機能を有効にする

Last Updated:2023年11月02日| | コメントを残す

WordPressから画像などメディアファイルを削除する場合は注意が必要です。 デフォルトでは、メディアライブラリで画像をクリックすると「永久削除」オプションのみが提供されるため、ファイルを誤って削除すると回復できません。 メディアごみ箱機能を有効にすると、写真などのメディアファイルを「ごみ箱に移動」できます。

WordPress メディアゴミ箱機能を有効にする

WordPress サイトの管理者がページ、文(ポスト)、コメント、カスタムポストタイプ文を削除すると、ごみ箱に移動されます。 ごみ箱に移動した文などを完全に削除したり、復元することができます。

しかし、メディアファイルの場合は、ごみ箱に移動する機能が提供されず、すぐに完全に削除されます。 このため、ややもすると間違ったメディアファイルを削除する場合は、回復が不可能になります。

これらのリスクを回避するために、メディアのごみ箱機能を有効にすることができます。

加入型 WordPressからメディアを削除

WordPressドットコム(WordPress。com)に加入して使用する加入型 WordPressの場合、制約が多い方です。 ビジネス異常プランではsftpとphpMyAdminに接続できるため、ウェブホスティングに加入して使用するインストール型と似ていますが、プラス以下の商品ではsftpに接続できません。

メディアファイルを削除すると、「このアイテムを削除しますか?削除したメディアは、すべての記事、ページ、ウィジェットなど、ウェブサイトのどこにも表示されません。この操作は元に戻せません」という警告が表示されます。

WordPress メディアごみ箱機能を有効にする2

ビジネス異常プランをご利用の場合は、下記の「設置型 WordPressから WordPress 「メディアごみ箱機能を復活させる方法」で説明する方法でごみ箱を復活できるかどうかを確認してください。

置型 WordPressから WordPress メディアのごみ箱機能復活させる方法

メディアゴミ箱機能を復活させる方法は非常に簡単です。 FTPを介してWebサーバに接続して WordPress インストールフォルダにある WP-config.phpを ファイルを開き、次の行を /* That's all, stop editing! Happy publishing. */ ラインのすぐ上に追加します。

define( 'MEDIA_TRASH', true );

保存してから、通知パネルのメディアライブラリに移動して削除する画像をクリックすると、添付の詳細'ウィンドウにそのメディアファイルに関する詳細情報が表示されます。 右下に '永久削除「代わりに」휴지통으ة이동'リンクが表示されます。

WordPress メディアゴミ箱機能を有効にする

ごみ箱に移動をクリックすると、そのメディアファイルが完全に削除されず、一度ゴミ箱に移動します。

より簡単な方法メディアライブラリの表示モードは、 リストを見る(リスト表示)に切り替えると、画像ファイルの上にマウスを置くと、ゴミ箱'オプションが表示されます。

WordPress メディアゴミ箱機能を有効にする - リストを見る
メディアライブラリ「リストを見る」

リストを見るは、複数の画像を選択して、一括してゴミ箱に送ることができます。

削除したメディアファイルを復元するには、メディアライブラリから 'すべてのメディア項目「ドロップダウンメニューをクリックして一番下の」ゴミ箱'項目をクリックします。

WordPress メディアゴミ箱機能の回復 - ゴミ箱ボタン

その後、削除されてごみ箱に移動したメディアファイルが表示されます。 ここで誤って削除した写真や画像ファイルを復元することができます。

ごみ箱から回復したい画像をクリックすると、添付の詳細'ウィンドウが表示されます。 ポップアップウィンドウの右下に 'ごみ箱から回復'をクリックしてメディアファイルを復元できます。

WordPress メディアファイルをごみ箱から回復

メディアファイルを完全に削除

ごみ箱機能を有効にすると、削除した画像ファイルはすぐに削除されずにごみ箱に移動されます。

永久に削除するには、メディア»ライブラリに移動してドロップダウンからごみ箱を選択すると、ごみ箱にあるメディアファイルが表示されます。 ごみ箱のすべての画像を選択して永久に削除できます。

メディアファイルを完全に削除

下で紹介する Media Trash Buttonプラグインを使用すると、より便利に、ごみ箱のアイテムを管理することができ、完全に削除が可能です。 また、多くのメディアファイルを一括して復元または完全に削除することもできます。

ごみ箱内の画像を削除するには、WP-OptimizeやWP-Sweepなど WordPress 最適化プラグインを使用してごみ箱のアイテムを削除することができます。 私 WP-Sweepプラグインを使用しているが、WP-Sweepで削除されたメディアファイルが Deleted Posts 項目に含まれます。 投稿を削除 右の Sweep(クリーニング) ボタンをクリックして削除された文、ページ、カスタムポストタイプ(ユーザー定義文のタイプ)とメディアファイルを完全に削除することができます。

WordPress 最適化プラグインにゴミ箱整理する
WP-Sweepにゴミ箱の項目を削除する

スイープ ボタンをクリックすると、すべての削除されたポスト、ページ、メディアファイルなどが完全に削除されて回復が不可能になります。 そして WordPress 最適化プラグインでは、DBの最適化を実行した後 非常にまれですが、 サイトにアクセスできなかったり、「データベース接続の構築中にエラーです」などのエラーが発生することもあります。 したがって、 WordPress 最適化プラグインでの最適化を実行する前に、DBをバックアップすることが安全します。

Media Trash Buttonプラグインを使用して、メディアのごみ箱ボタンを追加する

より容易に削除されたメディアファイルを管理したい場合 Media Trash Buttonプラグインを使用することができます。

伝言板>プラグイン>新規追加で「Media Trash Button」を検索してこのプラグインをインストールできます。

このプラグインをインストールして有効にした後にメディアライブラリページにアクセスしても、プラグインページの説明とは異なり、ゴミ箱を表示(View Trash)'ボタンが表示されないことがあります。 私は Avada, Enfold, Newspaper などいくつかのテーマがインストールされて WordPress サイトにこのプラグインをインストールして有効にしてもゴミ箱を表示'ボタンが表示されないため、最新 WordPress バージョンでは動作していないと考えましたが、 「リストビュー」(リストビュー)でのみこのプラグインが機能するですね。

このプラグインを使用して メディアゴミ箱 ボタンを復活するように FTPに接続して WP-config.phpを ファイルに次の行を追加する必要があります。

define( 'MEDIA_TRASH', true );

メディアライブラリの表示モードリスト'に設定すると ゴミ箱を表示 ボタンが表示されます。 (リストを見る그리드보기 モードは下の図で「すべてのメディア項目」の横にあるアイコンをクリックして切り替えることができます。)

Media Trash Buttonプラグインを使用して、メディアのごみ箱ボタンを追加

ゴミ箱を表示 ボタンをクリックすると、削除されたメディアファイルのリストが表示され、個々のメディアファイルを復元または永久削除する(「永久に消去「)できます。

WordPress メディアファイル永久に消去

また、複数のファイルを選択して、一括して復元または完全に削除も可能です。 すべてのメディア項目 ボタンをクリックすると、メディアライブラリの最初の画面に戻ります。

メディアファイルを削除する場合の効果

場合によっては、Webサーバーのスペースが不足しているため、画像ファイルを削除しても画像が記事やページに表示されるかどうかを尋ねる人がいます。

メディアライブラリまたはFTPからメディアファイルを削除すると、そのメディアファイルが挿入されたページや記事には画像が壊れて表示されません。

ディスク容量が足りない場合は、不要なファイル(バックアップファイルなど)を削除するか、Webホスティング商品をアップグレードしてください。 Cafe24 など国内ホスティングは価格に比べてディスクスペースが小さい方です。 画像ファイルが多い場合 海外ホスティングを考慮することができます。

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
DiviレイアウトAI発売記念割引!
AIで画像、テキスト、コーディング、フルページレイアウトを生成可能
ベストセラー WordPress テーマDivi
0
仕事
0
시간
0
0
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy